JIJICO

山中 伸枝さん

ファイナンシャルプランナー

アベノミクスによる「円安」効果における消費者が享受するメリット

2013年5月20日

アベノミクスが目指す「円安によるデフレからの脱却」で、どう変わる?

アベノミクスが目指す成功のシナリオは、円安を誘導することにより、長年続いたデフレから脱却することです。そして、適度な物価上昇を保ちながら、経済を成長させることを掲げています。円高から円安になること、デフレからインフレになることは、一方が上がれば一方が下がるシーソーのような関係ですから、「これまでのメリット」は「これからのデメリット」ということになります。今後の経済の動きに注目しつつ、消費者もこの変化に上手に対応したいものです。

まず円安になることにより、日本の輸出産業が元気になります。1ドル80円であれば、海外向きに1万ドルで売っていた商品は円になおすと80万円の売り上げでしたが、1ドル100円であれば、同じ1万ドルの商品でも日本円での売り上げが100万円となり、収益率が一気に20%もアップします。これが円安の効果です。

たとえば自動車産業や家電メーカーなど、外国の安い商品に押されていた日本のモノづくりも、円安により価格面での競争力が増しますので一気に元気になってきます。これらの産業は日本においては代表的な企業が多いため、円安による業績アップにより、株価が上がり、賃金が上がるなどのニュースが巷を巡り、「良い雰囲気」がでてきます。

一方で円安になると、外国からモノを買う場合に不利になります。輸入食品やガソリンなどの燃料費の値上がりは、すでに実感しているところだと思います。つまり円高も円安も、すべての人が得をすることにはならず、それぞれメリット・デメリットがあるわけです。

資産状況を「インフレ仕様」にシフトしましょう

では、このアベノミクス効果で消費者ができるだけメリットを受けるにはどうしたらよいのか? アベノミクスが目指すゴールはデフレからインフレへの切り替えですから、これまでデフレ仕様だった資産状況をインフレ仕様に切り替えることが必要です。これまでは、デフレに強い資産を持つことが得だったのですが、状況が180度変わろうとしている今、デフレに強い資産はインフレに弱い資産ですから、今後は価値の上がるモノをもつことがメリットにつながりやすくなります。

たとえば、これまでお金をすべて銀行預金に預けていた人は、デフレ仕様の家計です。デフレではモノの価値が下がるので現金をそのまま持っている人が得をしましたが、インフレ状況下では、株や不動産といったモノの方が金利の上昇より早いからです。もちろん、むやみやたらに資産の入れ替えをするのは感心しませんが、デフレ仕様の家計は、インフレになったらまったくメリットを受けられないということですから、インフレになってもメリットを享受できるよう、一部をインフレ仕様に切り替える準備をする必要があるでしょう。

専門家に相談してみよう!

山中 伸枝さん
ファイナンシャルプランナー

執筆記事一覧

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「経済」のその他の記事

2018年1月22日 山崎 雅夫さん
仲人
解決!アスクミー JIJICO
「親の代理婚活」を考える!増加の理由や落とし穴は?
結婚相手との出会いとは、どんな出会いの形でも良いのです。たとえ親が見つけた相手でも。結婚相手との出会いはすべてが奇跡なのです。
2018年1月21日 白木 麗弥さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
選択的夫婦別姓の行方はどうなる?「姓」とは結局何かという話
現在の制度では、結婚するとき、離婚するときにどちらの姓を名乗るべきか悩む場面がゼロではありません。海外では選択的夫婦別姓が主流になりつつあるなか、日本ではどうなってゆくのでしょうか。
2018年1月20日 加藤 豊さん
不動産コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
長期間住んでいる部屋、家賃の値引き交渉をしたいがどうすればよい?
同じ賃貸住宅に長く住む人にとって、今は家賃の減額交渉がしやすい環境にあります。交渉ノウハウや考え方を知って、快適な暮らしを手に入れましょう。
2018年1月19日 泉田 裕史さん
税理士
解決!アスクミー JIJICO
ふるさと納税、今後も争奪戦は続くのか?2018年の動向を考察!
すっかり定着した感がある「ふるさと納税」ですが、2017年4月に総務省から高額返礼品の自粛が要請されました。2018年はどうなるのでしょうか?

テーマ