JIJICO

安達 慎一さん

経営コンサルタント

LINEをビジネスに活用する集客術

2013年5月20日

開封率が60%を超えるLINEというメディア

LINE(ライン)は、2013年1月18日に登録ユーザー数が全世界で1億人を突破したソーシャルメディアです。日本でも4千万人を超えるユーザーが利用しています。しかも、1日1回以上使う「デイリーアクティブユーザー」が国内で50%を超えているとも言われています。

これだけ頻繁に使うインターネットサービスといえば、今まではメールぐらいしかありませんでした。しかも、LINEの方がメールよりも手軽という点から、メールに代わるコミュニケーションツールとして置き換わろうとしています。

ソーシャルメディアで比較されるFacebookやTwitterにもメッセージ機能はあるものの、直接やりとりすることはほとんどありません。LINEはメッセージが届くと通知表示され、開封率が60%を超え、さらに誘導ページの訪問率は25%を超えているという驚異的なデータさえあります。

そのような理由から、インターネット集客にLINEを使えば集客できるだろうという印象がありますが、実際に集客できるかといえば、そう簡単ではありません。

LINEのアカウントの種類

LINEのアカウントには「公式アカウント」と「LINE@」があります。

一般的にLINEの公式アカウントというのは、大企業向けのアカウントになります。有名な企業では、ローソン、ソフトバンク、ケンタッキーフライドチキンがランキング上位となっており、スタンプなどを使って多くの友だちを集めています。これらのアカウントの費用は2013年4月現在、1か月で800万円以上かかります。この利用料は、中小企業や店舗経営者には手が届かないほど高額でしょう。

一方「LINE@」というアカウントは、店舗や施設向けのLINEビジネスアカウントサービスです。「LINE@」を使えば、一般アカウントにはないPR機能を使って、クーポンやセール情報も発信できます。このサービスは、月額5250円から使えるプランなので、中小企業や店舗経営者向けといえるかもしれません。

LINEが持つ4つの利点

通常、インターネットを使った集客(マーケティング)では、Googleなどの検索エンジンで検索されユーザーが訪れます。これを「プル型マーケティング」と言って、いわば「待ち」のマーケティングです。その時に、たとえばセールスや特売情報がサイトに掲載されていたりすると、ユーザーが購入してくれるわけです。しかし、Google等の検索結果に上位表示させるのが非常に難しく、なおかつ狙ったキーワード検索してくれなければならないという欠点があります。

一方、LINEは「プッシュ型マーケティング」です。初期設定ならLINEにメッセージが届くと、スマートフォンに通知があります。冒頭に「デイリーアクティブユーザーが50%を超えている」と言いましたが、もし、仮に1000人の友だちがいれば、500人にメッセージを見てもらえる可能性があるということです。また、LINEは発信すれば、その時点で友だちにメッセージが届きますから、一瞬で500人にセールスや特売情報が届くということになります。ブログやホームページで告知してから500人に見てもらおうと思うと、何時間かかるでしょうか。それを考えると「明日セールスしたいな」と思った時にLINEでメッセージを送ることができれば、いかに有利かがわかるでしょう。

2つ目の利点は、PCやスマートフォンから簡単に配信できるということです。配信時間の予約設定もできるので、便利です。

3つ目は、データ解析ができる点。LINE@を使うと、日々のデータを閲覧することができます。友だちの追加数やブロック数、送信したメッセージの数が確認できます。データ解析結果を見ることによって、どのようなメッセージを送れば売上が伸びるか等の検証もできます。

4つ目は、複数の店舗を持っている場合、店舗ごとにアカウントを作ることもできるますし、1個のアカウントですべての店舗の管理ができたりもします。

?LINE@を使うための注意点

これだけ便利なLINE@のサービスですが、実際の集客はそう簡単にはいきません。なぜなら、自分で友だちを集める必要があるからです。公式アカウントは高いお金を払っているのでLINEの方で宣伝をしてくれますが、LINE@は格安プランなので、自分で友だちをコツコツ集める必要があります。したがって、一気にメッセージを送れるといっても、友だちをたくさん集めないと効果がありません。そのために、お店の名刺やDMに記載したり、ティッシュに印刷して配る、POPを机の上に置くなどして認知度を広めていく必要があります。

次に友だちが1万人までという制限があります。簡単に1万人を集められることは無いとは思いますが、同じ金額で際限なく集められるわけではありません。1万人以上になると別料金プラン(メッセージ配信の通数単価5円)となります。

そして、LINEをはじめソーシャルメディアに共通する注意点ですが、宣伝はブロックされることがよくあります。せっかく友だちになれても、ブロックされてしまってはメッセージを見てもらえません。いくら無料だからといって宣伝ばかり送ったり、頻繁に送ったりしてしまうと嫌がられる可能性が高くなります。前もって「通知OFF」を促したり、受信者が不快に思わない様に気を配る必要があります。

LINE@はどんな業種が使えるのか

最後にどんな業種が利用できるかというところですが、次のような業種に限られています。

1)ローカルアカウント・・・飲食・アパレル・美容・宿泊施設・などの実店舗を運営する事業主、法人等

2)メディアアカウント・・・新聞・テレビ・ラジオ・雑誌などのメディア

3)パブリックアカウント・・・地方自治体などの公共団体、高校以下の学校・教育団体

ユーザーは10代、20代が中心なので、若者が使うサービスには非常に有効です。例えば、居酒屋で旬の料理のクーポンを配信したり、アパレルで流行の服を紹介したり、工夫次第では、さまざまな業種で使えます。

このように、LINEはこれからのインターネット集客を左右するほどの存在まで大きくなっています。月額使用料を考えても使ってみる価値は十分にあるでしょう。

このコラムを書いた専門家に質問できます

安達 慎一さん
経営コンサルタント

「ビジネス」のその他の記事

2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。
2017年7月19日 五十嵐 かほるさん
イメージコンサルタント・ファッションプロデューサー
本格的な夏到来 加齢臭の10倍臭いと言われるミドル脂臭にご注意を!
「オトコ臭?」「ミドル脂臭?」体臭に気を配る男性へ!良い汗をかくことや食生活で「汗腺機能」を高めることに注力も!そして、一人で気にしていないで社内全員での臭い対策も提案してみては?
2017年7月18日 田中 正徳さん
次世代教育プランナー
子供向けのプログラミング教室活況!なぜ今子供にプログラミング?
プログラミングが2020年度から小学校で必修となるということで、すでに習いごと教室では活況を呈しています。論理性が養われるというのも人気の理由ですが、それだけでないプログラミングを学ぶことの恩恵について解説。
2017年7月18日 神野 沙樹さん
社会保険労務士
使い切れなかった有給休暇を会社に買い取ってもらうことは可能か?
働き始めると一度は意識したことがあるであろう「有給休暇」。有給休暇をすべて取得できる職場もあれば、全く取れない職場もあるという現実のなか、「有給休暇を使いきれなかったので、その分お金をください」ということは認められるのでしょうか。
2017年7月17日 岸本 貴史さん
人事労務コンサルタント、社会保険労務士
テレワーク・デイを7月24日に実施。働き方改革につながるか?
テレワーク・デイは、2020年の東京五輪を契機とした「働き方改革の実現へ向けた国民運動」です。企業はテレワークを活用することで、人材の確保や生産性の向上が期待できますが、実施に向けては事前に問題・課題の検討も必要です。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ