JIJICO

庄司 英尚さん

社会保険労務士

「新型うつ病社員」への企業ができる対処法と予防策

2013年5月20日

「新型うつ病」とは

現在、多くの企業においては、うつ病を中心とするメンタルヘルス問題を課題としており、その対策について多くの悩みを抱えています。その中でも最近特に注目を集めているのが「新型うつ病」です。「新型うつ病」とは、うつ病と同様に不眠や気分の落ち込みの症状により仕事はできなくなってしまいますが、職場を離れると元気になって、自分の趣味や好きなことには活動的になるという、従来のうつ病とは大きく違っているタイプの心の病です。

「新型うつ病」は、若年層に多いわけですが、何でも会社や他人のせいにする傾向が強いのが特徴です。また休職中であっても悪気もなく海外旅行に行ってしまったりするので、どこの企業もマネジメントには大変苦労しているのが現状です。

企業側としては、まずは、人事労務関連の担当者だけでなく、管理職や上司にあたる人にも新型うつ病の特徴というものを正確に理解してもらい、従来のうつ病対策のマニュアル型の対応ではケアできない部分を社内外の研修などで補っていくことが望ましいです。

企業側の対処法としては、大きく分けると「職場でのコミュニケーション」、「主治医の意見の尊重」と「就業規則の整備」という3つのポイントがあります。

「新型うつ病社員」に対処するための3つのポイント

1、職場でのコミュニケーションに工夫をこらす

とにかく些細な言葉の一つ一つに過敏に反応するので、言葉を選んで本人のプライドを傷つけてしまうような発言をしないようにすべきです。本人の辛い気持ちなどを含めて話をよく聞いてあげることができれば、会社に対して攻撃的になって権利ばかり主張するような行動をおさえることができる場合もあります。また、何気ないやり取りの中でも感謝の気持ちを伝えたり、ちょっと落ち込んでいるときに気の利いた言葉をかけてあげるなどコミュニケーションにちょっとした工夫をこらすだけでも効果はあります。

2、無理に仕事をさせずに、主治医の意見を尊重する

新型うつ病については、単なる甘えではないかという現場の声もあり、無理に仕事をさせたりする傾向にあります。しかし、安全配慮義務の観点からも問題になる可能性があるので、まずは主治医の診断をもとに、その意見を尊重し、一般の病気と同じように就業規則の休職の規定に従って運用することとしてください。状況によっては企業側の産業医やカウンセラーにも協力してもらうようにします。

3、就業規則で予測されることを規定する

新型うつの傾向にある人の予測される行動について、服務規程などで厳しく制限をかけたり、わかりやすい言葉でルールブックを作成するなどして、周囲に迷惑をかけてはいけないということを強く認識させることも大切です。また休職中は、労働することを免除されているのは確かですが、だからといって海外旅行に行ったりするのを認めてしまってはいけません。休職中は、療養してもらうことが目的なので、たとえば就業規則の中で、「休職期間中は海外旅行に出かけてはならない」といった旨を規定するというのも対処策の一つです。

最後に企業側の予防策としては、採用時の見極めが鍵となってきます。企業が採用面接でいくら意識しても、新型うつ病の傾向があるかどうかを見極めることはかなり難しいですが、さざまざな適性検査やストレス耐性のチェックができるツールなどを上手に活用して、新型うつになりやすい人を採用しないことが一番の予防策です。もちろん企業側に労働関連のコンプライアンス違反があったり、職場の人間関係が希薄だったり、職場内に大きな派閥関係があったりするような職場においては、新型うつ病になる可能性を高めてしまいます。まずは自分たちの職場環境に問題がないかゼロベースで見直してみることも大事な予防策といえるでしょう。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

庄司 英尚さん
社会保険労務士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2019年10月11日 小川芳夫さん
ファシリテーター
台風や豪雨などの災害に備える働き方を考えてみませんか?
台風15号で、首都圏、特に千葉県では大きな被害が出ました。台風や地震など、大きな災害は毎年のように発生しています。台風や豪雨などの災害に備える働き方を考えてみませんか?考える際のヒントを提案させていただきます。
2019年9月26日 室岡宏さん
社会保険労務士
“命と心を守る”カスタマー・ハラスメント対応のポイント!
命と心を疲弊させるカスタマー・ハラスメント!従業員の命と心を守り誰もが働きやすい 職場環境を持続させるためには、理念作りから組織実践、メンタルヘルスケアまでをトータルした 総合対策が必要です!
2019年9月20日 小川芳夫さん
ファシリテーター
企業の生産性向上のためには従業員に焦点を当てるべき理由
従業員体験(Employee Experience)を向上させると生産性が向上するという研究があります。海外企業では、従業員に焦点を当て従業員体験を向上させるケースが増えています。ファシリテーターの観点から、実例を交えて具体的な対応を提案します。
2019年8月30日 小川芳夫さん
ファシリテーター
新入社員の離職防止に役立つファシリテーションとは何か?
新入社員の入社3年以内離職率は一貫して3割から4割程度で推移しています。企業にとっては喫緊の課題ですが、ファシリテーションをうまく活用することで、新入社員の離職防止に役立つかもしれません。

テーマ