JIJICO

森井 勇介さん

眼科医

レーシックは本当に危険?眼科医の見解とレーシックに代わる矯正方法

2013年5月20日

レーシックは安全なのか?

レーシックと聞いて、「本当に安全なのか?」「老眼が早まるのではないか?」といった印象を抱く人も多いようです。最近は「レーシック難民」(レーシックの手術後、眼、体に問題、症状が起こっているのに、適切な治療を受けられないでそのままにせざるを得ない人たちのこと。手術したクリニックでは解決できず、他の病院やクリニックを転々としている)との言葉もあり、2010年のレーシック手術集団感染事件と相まって、悪いイメージも少なからずあります。

眼科専門医として断言できるのは、レーシックを受けた人の大多数は満足されています。当然、手術ですので、予期せぬ合併症がおこる可能性はゼロではなく、また手術前後の医師と患者との意思疎通がスムーズに行われなかったことによりトラブルが発生する可能性もあります。しかし、眼科専門医が信頼しているクリニックでしっかりと検査をし、適応であると診断されたならば、まず安心して受けられる手術であると考えております。

では、なぜ現在のように、レーシックの危険性が問われるのでしょうか?レーシックは保険診療ではないため、日本の医療には馴染まない「価格競争」や「宣伝合戦」が生じ、結果、コストを下げるために滅菌業務を疎かにしていた眼科が不幸な大事件を引き起こしてしまいました。また、過剰宣伝の中で、手術に対する正しい情報を知り得なかった患者が、自分の期待と実際の結果の中で思い悩み、「レーシック難民」となってしまったとも言えるかも知れません。

レーシックは「価格」だけで選ぶと危険

よくネットやテレビなどで「視力の変化 右 手術前0.1→手術後1.5」などとうたわれていますが、保険診療の眼科専門医からすると、あくまでもこの視力は「裸眼視力」であり、手術をしなくても矯正すれば(メガネやコンタクトレンズを装用すれば)1.5の視力はあったわけです。ただ、レーシックは正常な角膜を削ることによって、角膜の形を変化させ、それによって近視などの屈折異常を矯正します。本来あったものを削ってしまうわけですから、近視を矯正した代わりに何かの機能を失ってしまう可能性がゼロではありません。ほとんどの場合は、その失った機能よりも得た機能の方がはるかに有意義だと感じますので、「手術して良かった!」という喜びの言葉になるわけですが、中にはその失った機能が自分にとって大切な機能だったと、術後に気づく人もいます。そのような人には、手術を受けた自分への後悔、施行したクリニックへの不満が生じるということでしょう。リスクもあるわけですので、手術に関する正しい理解が大切ですし、信頼できる医師、クリニックのもとでレーシックを受けることをお勧めします。

費用に関しては、そのクリニックの姿勢が最も表れるところです。たとえば昨今では、野菜を買うにしても「安ければ安いほど良い」とはなりません。多くの人が価格以外の安全面なども考慮し、どの野菜を買うか決めていると思います。各クリニックで値段設定はさまざまですが、手術の前後にしっかりとしたフォローをしてくれるか、執刀医が自分にあった人かどうかも重要な判断要素です。自分の体にメス(レーザー)をいれるわけですから、価格面だけでの選択はお勧めできません。

また、レーシックに代わる屈折矯正方法は他にもあります。レーシックの致命的な弱点は「不可逆的」であることです。つまり、エキシマレーザーで角膜を削ってしまうため(削られた角膜は蒸散といって気体になってしまいます)、一度手術を施行してしまったら、「やっぱり、自分には合わなかったし、元に戻してくれ」と言ってもできません。体験したうえで、どうしても合わない場合は元に戻すことができる屈折矯正方法が、今後は台頭する可能性があると考えております。

レーシックに代わる矯正方法

一つは、話題になっている「オルソケラトロジー」です。これは、寝ている間に特殊な形状のハードコンタクトレンズを装用し、角膜の形を夜の間に変形させることによって、日中は裸眼で、十分な視力が得られるというものです。ただ、角膜の上皮部分しか変形させることができないため、ある程度以上の近視の方は、満足な視力が得られません。もう一つは、「フェイキックIOL(IOLとは眼内レンズ、すなわち目の中にいれるレンズのこと)」といって、虹彩と水晶体の間にレンズを埋め込むことによって、屈折異常を矯正する方法です。フェイキックIOLは、レーシックの適応にならないような強度近視にも施行可能です。これらの方法は、「やっぱり元に戻したい」といった時に安心感があります。もちろん、それぞれ滅多にはないながらもリスクはあります。また価格面では、一般的には、オルソケラトロジーはレーシックより安価で、フェイキックIOLはレーシックより高価となります。

最後に、レーシックは歴史も積み重なり、器機の進歩も相まって、かつてに比べればはるかに安全性も高まっております。どの施術にせよ、信頼できる医師・クリニックで、しっかりと説明を受けて理解することが大切です。

\ この記事をシェアしよう! /
関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「医療」のその他の記事

2018年5月22日 田川 考作さん
眼科医
解決!アスクミー JIJICO
症状が自覚しにくい緑内障 検査方法や治療法を解説
40歳以上の日本人の20人に1人が緑内障と言われています。初期には自覚症状がほとんどない目の病気ですが、定期検診を受けて適切な治療を受ければ、失明する可能性は非常に小さくなります。
2018年5月7日 鹿島 直之さん
精神科医
解決!アスクミー JIJICO
マライア・キャリーが双極性障害(躁うつ病)を初告白 どんな症状だったのか
アメリカの人気歌手であるマライア・キャリーさんが2001年に双極性障害Ⅱ型を発病、診断を受けていたことをアメリカのピープル誌で明らかにしました。キャリーさんのインタビューを踏まえながら、双極性障害Ⅱ型の症状や原因、診断の方法やうつ病との相違点、治療について解説します。
2018年4月19日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
貴ノ岩がPTSDに。ストレス障害にはどう向き合っていけばよいのか
貴ノ岩がPTSD診断により休場。PTSDは「トラウマ」と表現されるものよりも医学的には深刻な症状があり、社会生活にも大きな影響を与えます。自分のペースでゆっくりと回復することが重要です。
2018年3月19日 田川 考作さん
眼科医
解決!アスクミー JIJICO
オルソケラトロジーで視力回復、効果・費用やリスクは?
視力の悪い近視の人が寝ている間だけコンタクトレンズを装用し、朝起きてレンズを外すと視力が上昇しており、日中は裸眼で過ごすことが可能になるオルソケラトロジー(オルソK)。近視矯正手術せずに裸眼視力が向上する方法(ただし手術のように視力向上が持続するわけではない)である。

テーマ