JIJICO

山口 里美さん

司法書士

消費税増税と住宅ローン減税で、マイホーム購入はいつがお得?

2013年5月20日

消費税増額と住宅ローン控除額の比較

日々、登記のご依頼をいただく中で、最近特に首都圏において「今買わなければ」という熱意を肌で感じています。今回の消費税引き上げに伴い、政府は住宅ローン減税を拡充し、需要を下支えすることを決定しています。現在の税制では年末の住宅ローンの残額のうち2000万円までが対象で、1%の控除が受けられます。年間最大20万円×10年間で最大200万円の控除額です。これが2014年4月以降は、年末のローン残高が4000万円まで引き上げられる結果、年間最大40万円、10年間で400万円の減税となる予定です。

消費税増額と住宅ローン控除額を比較することにより、おおよそのシミューレーションができますが、最も一般的な3000万円の住宅ローンを組むと仮定すると、年収500万円台であれば消費税増税額の方が多く、年収700万円台では住宅ローン減税の控除額の方が大きくなります。つまり、年収が500万円台であれば消費税増税前、700万円以上であれば消費税増税後に購入した方が有利ということになります。

返済額が年収の25%を上回ると破綻リスクが一気に上昇

ただしこれは、金利の変動や地域格差を加味せずに計算した概算であり、現在は金利上昇傾向にあるため、首都圏の不動産の価格も値上がりしてきています。また、不動産購入時に買い替えるであろう家具や引越し代金なども考えていません。頭金無しで高額な物件を無理に購入すると、ローン破綻する可能性が高まります。変動金利で住宅ローンを組んだ場合、返済額が年収の25%を上回ると破綻リスクが一気に上がると言われます。

これらを鑑みると、将来の人口減を見越し、できるだけ人口が減少し難い首都圏近くで、年収の25%の返済額で収まるような借入額で、ご自身の年収で想定される有利な時期に「マイホームを購入する」のが、最も賢い方法であるように思います。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

山口 里美さん
司法書士

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「お金」のその他の記事

2019年3月29日 池内宏征さん
司法書士
認知症対策であり遺言機能もある家族信託は遺言とどう違うのか?
自身の財産に関して生前に何も対策をしていない場合、相続人は法定相続分という法律で決まっている割合で遺産分けをすることになります。これに対して、法定相続分と異なる配分で遺産分けをしたい場合、遺言書の作成もしくは認知症対策にもなる家族信託契約をする必要があります。家族信託と遺言はどこが違うのでしょうか?
2018年10月8日 中村 有作さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
台風で自宅待機や休業になった場合、その日の分の給料はもらえる?法律のルールを解説
今年は日本各地で災害が多発しました。大雨、強風、地震等の災害が発生して停電となったり各地で相当の損害が発生しました。台風で自宅待機や休業になった場合に、給料はもらえるか?労働法26条の規定を詳しく解説します。
2018年9月25日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
ふるさと納税の返礼品の規制より、住民税の税額控除を廃止すべき
「ふるさと納税」の「返礼品」の高額化について法改正で規制をしようという総務省の方針は、住民税の減収になる自治体の問題を残しており、適切なものとは思われず、むしろ住民税の控除を廃止すべき。
2018年9月20日 小西 明美さん
結婚コンサルタント、仲人士
解決!アスクミー JIJICO
婚活・結婚の際に金銭感覚に違いがあったらどうすべき?すり合わせは可能?
婚活や結婚時に相手との金銭感覚にギャップを感じたら、今後の生活、将来を見据えて対処しましょう。話し合うタイミングを間違えずに、お互いを思いやる気持ちがあれば、金銭感覚のすり合わせは成功します。

テーマ