JIJICO

樋口 和正さん

スポーツインストラクター

マラソンブームの陰に過度なランニングの危険性

2013年5月20日

ここ数年、各市町村がこぞってマラソンイベントを行うようになりました。世の中は空前のマラソンブームです。以前はフルマラソンを走るのは「特別な人」という感覚でしたが、今では運動経験のない人でも走るようになりました。

通常はランニングを続けることで心肺機能が向上し、健康に良いと言われますが、フルマラソンとなると話は別です。下手をすると健康を大きく害します。ウォーキングとランニングを同一線状において、マラソン当日までのトレーニングをプログラムすることが必要です。

実際に体にかかるストレスを見ていきましょう。まず、歩くためには筋肉を動かす酸素がいります。速度を上げて走ろうとすると、より多くの酸素を送り込むため心臓が活発に動き始めます。さらに速度が上げると、両足が宙に浮く時間があらわれ、そうなると着地のたびに体重の約3倍もの負荷がかかり、筋肉がゆったりとした収縮から瞬間的な収縮へと変わります。フルマラソンでは、体に非常に負荷がかかった状態で42.195kmを走り切ることが求められるのです。

ウォーキングとランニングは、人間が重心を移し替え前方へ移動するという身体運動とみれば同じことといえそうですが、その強度(速度、距離、時間など)が変わることで生理的(心肺機能やエネルギー代謝)と解剖的(筋肉や腱 靭帯などの結合組織、骨、関節)に与える影響は異なります。

それらをふまえ、「健康のためにするのか(フィットネス)、能力を高めるためにするのか(スポーツ)、記録や勝利を求めるためにするのか(コンペティション)」という目的と、現在の自分の体力に合わせて、ランニングとウォーキングの頻度を選択することが、QOL(クオリティオブライフ)を向上させ、心にも体にも良い効果を生みます。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

樋口 和正さん
スポーツインストラクター

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「美容・健康」のその他の記事

2018年8月12日 長谷川 誠さん
毛髪診断士
解決!アスクミー JIJICO
6か月シャンプーを使わず過ごしたらどうなる?“湯シャン”ついて知っておくべきこと
有名人が実践していたとしても、安易に“湯シャン”をすべきではありません。シャンプーをしないとどうなるのか、“湯シャン”のメリット、デメリットともにお伝えします。
2018年8月11日 水野 直美さん
健康アドバイザー
解決!アスクミー JIJICO
夏のオススメ作りおき常備菜 暑くて時間がなくても安くてすぐできる!
猛暑で体が疲れ、料理をする気力も湧きにくくなります。今回は、旬のものを使って短時間でできるオススメの作り置き常備菜を紹介します。休みの日にまとめて作っておいて、1週間食べまわしをすれば便利です。
2018年8月2日 田村 兼人さん
獣医師
解決!アスクミー JIJICO
ペットも危険!「犬の熱中症」その予防と対策
この時期35度を超える「猛暑日」も珍しくなくなってきました。この暑さで、人も犬などの動物も熱中症予防とその対策が重要となってきます。熱中症は、確実に動物の生命を脅かします。その予防と対策について解説します。
2018年7月30日 日高 靖夫さん
パーソナルトレーナー
解決!アスクミー JIJICO
炎天下のゴルフ・スポーツ前にオススメの熱中症対策3つのポイント
真夏の炎天下で最高のコンディション状態でゴルフやスポーツを楽しむために事前にどのような熱中症対策を心掛ければよいでしょうか?3つのポイントを解説します。

テーマ