JIJICO

山口 里美さん

司法書士

FRBによる金融緩和縮小の言及が日本の金利に与える影響

2013年6月19日

FRBの金融緩和縮小への言及により、日本の株価は上昇傾向に

「株価は調整局面へ」。このことは誰しも同じ感覚を持っていることと思います。2012年末までの株価があまりにも低すぎたために、外国人投資家がこぞって株を購入し、株価が上昇。やっと、国内投資家の実需に移ってきた印象を受けました。しかし、そんな中、FRB(米連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長が、年内の金融緩和縮小の可能性に言及したと報道されたことで、世界的に株価は下降。よって、再び投資先を求める海外の投資家が日本株に目を向けはじめるため、日本の株価は緩やかな上昇傾向に向かうと考えられます。

今後、金利も緩やかに上昇傾向へ

では、金利はどのように動くのでしょうか?2008年9月15日に突然訪れた「リーマンショック」。それまで好調だった不動産投資物件の登記案件が、突如としてストップしたことを今でも鮮明に覚えています。当時のローン金利を確認してみると、変動金利で1.5%前後。固定金利で2.5%前後でした。比較して現在は、変動金利で0.85%前後。中には0.75%台のものもあります。また、固定金利では1.5%前後の商品が主流です。つまり、現在は半年前と比べて「金利が上昇した」と騒がれていますが、未だにリーマンショック前と比較しても、かなりの低金利状態であるがわかります。

ただ、長年続いた低金利が、さらに下がる要素が見つからないとなると、金利も緩やかに上昇傾向に向かうのではないかと考えます。実際、不動産会社も、余剰資金のある場合には「変動金利ローン」を、返済期間が長期におよびケースでは、リスクヘッジのために「固定金利のローン」を勧めています。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

山口 里美さん
司法書士

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「経済」のその他の記事

2019年6月16日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
米中貿易戦争、激化する本当の理由と日本に及ぼす影響について
米中貿易戦争を対岸の火事と考えるのではなく、今後の中国との付き合い方を日本が主体的に考える機会とすべきだ。
2019年5月5日 岡部 眞明さん
経営コンサルタント
働き方改革が国を滅ぼす?中小企業がすべきことは
少子高齢化から人口減少社会に突入した日本。経済活動の縮小が懸念されるなか、働き方改革が人手不足に追い討ちをかけるかのように施行されました。こんなときこそチャンス!社員の心を動かせば・・・。
2019年4月24日 桑山裕史さん
結婚相談所
統計データに惑わされずに“シニア目線のニーズ”を掴む
シニアビジネスというと、数字的な市場の大きさに着目した言及が目立ちます。しかしながら『シニアが、何を望んでいるか』といったニーズを私たちは本当に理解できているのでしょうか。 多くのシニアと対面したからこそ理解できた“シニアの消費意欲”を具体的事例で紹介すると共に、真のニーズ理解の重要性について解説します。
2018年9月18日 折山 旭さん
ライフキャリアカウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
日本の新卒・就活ルールが変わる・なくなる?学生・企業ともに時代に即した行動が求められる
経団連のトップが将来的な就活ルールの廃止の意向を表明しました。もし就活ルールが廃止されれば、学生の就活はもちろん、企業の採用活動にも大きな影響が出ます。重要なのは、一喜一憂せず時代に即した対応・行動をとっていくことです。

テーマ