JIJICO

田川 考作さん

眼科医

子どものサングラスはガラが悪い?目の病気から守る紫外線対策

2013年6月19日

子どものころから目に紫外線を浴びすぎると、目の病気の発症率が高まる

今年は空梅雨の影響もあり、晴れる日が続き、紫外線が強く降り注ぐ日が今の時期から多くなっています。日差しが強い天候下に屋外での部活動を続けた結果、目に紫外線を大量に浴びると結膜が分厚くなった状態、つまり瞼裂斑(けんれつはん)となり、翼状片(よくじょうへん)や白内障を将来発症する可能性が高くなると言われています。瞼裂斑や翼状片を発症すると、「眼球がにごる」「充血しやすくなる」「ドライアイになる」といった症状が出現します。また、白内障になると、目の中が白く濁り視力は低下し、見えにくくなります。

そのため、屋外での活動時間が長い子どもたちは、目の病気を予防するためにサングラスをかけることが有効でしょう。スポーツ中継を見てみてください。プロゴルファーやプロ野球選手などは、サングラスをかけてプレーしています。体が資本のアスリートは、目の紫外線対策を積極的に行っているのです。

目の紫外線対策は朝夕の通学時間帯が重要

一日のうちで、目に浴びる紫外線量のピークは朝8時~9時半頃と14時~15時頃。上空から地上に向かう紫外線量は、正午前後がピークです。このことから肌の紫外線対策は日中が中心となりますが、目の紫外線対策は朝夕の通学時間帯が重要となります。もっとも、日の出から日没まで対策するに越したことはありません。

また、目への紫外線の悪影響は、夏はもちろんのこと、冬も比較的に高いことがわかっています。なぜなら、冬は寒さのために顔が下を向きがちになりますが、目は上空からだけでなく地表に反射した紫外線の影響も受けやすいからです。雪面や海面はもちろん、白く舗装された道路などは紫外線を反射しやすいため、春スキーや釣り、サーフィンを楽しむ際だけでなく、アスファルト、コンクリート、ガラス面のビルに囲まれた都会に住む人は日常的な対策が必要でしょう。

UVカット機能付き、フレーム形状のサングラスがおすすめ

では、どのようにすれば紫外線から目を守ることができるのでしょうか?UVカット機能付きサングラスをはじめ、UVカット機能付きメガネ、つばの広い帽子、日傘を使用することが効果的です。

サングラスなら、しっかりと目を覆うフレーム形状のものを選んでください。通常のサングラスは、前方からの紫外線はカットできるものの、耳側から差し込む紫外線や、反射した光が鼻側の水晶体に届いてしまう「コロネオ現象」が起きてしまいます。また、UVカット機能の無いサングラスも販売されていますので、信頼できる販売店で相談したり、事前によく調べたりしてから購入してください。間違ってUVカット機能の無いサングラスを装用していると、目としては暗い状態(瞳が広がる状態)となりますが、紫外線は全くカットされず、広い瞳を通過して通常状態よりも多くの紫外線が眼内に入ってしまい逆効果となってしまいます。

一例として、サングラスを一つ紹介します。オークリー社のサングラスです。紫外線透過率0%、つまり紫外線は100%カットしてくれるサングラスです。高性能だけに価格は2万円~3万円程度しますが、おすすめできる商品です。

紫外線透過率0%を誇るオークリー社のサングラス。

紫外線透過率0%を誇るオークリー社のサングラス。

紫外線による目の病気から子どもたちを守るため、特に屋外でのスポーツに打ち込んでいるのであれば、ぜひともフレーム形状のサングラスをかけさせてあげてください。

\ この記事をシェアしよう! /
関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「医療」のその他の記事

2019年6月23日 村田 晃さん
心理学博士・臨床心理士
うつ病を発症し退職からのひきこもり、どのように回避すれば良いか?
「うつ病発症➝退職➝ひきこもり」の流れを回避するポイントは、「自分で抱え込まず、援助を求める」こと。うまく援助を求めるのも一種のスキルと捉え、社会資源を可能な限り利用することが大事。
2019年6月13日 松田 友和さん
医師
糖尿病の本当の怖さと向き合い方
寿命が10年縮むと言われれば、どんな病気を想像しますか。糖尿病を放置すれば、元気で長生きの大きな障壁になります。その一方で、糖尿病に向き合うことで、必ず「元気で長生き」は達成できます。
2018年8月16日 鹿島 直之さん
精神科医
解決!アスクミー JIJICO
ゲーム依存症が国際疾病に認定 求められる対策について
ゲーム依存症は治療が必要な精神疾患である。他の依存症と同じように、本人は依存症の自覚に乏しいため、早期発見と家族の関わりが大切である。
2018年8月2日 田村 兼人さん
獣医師
解決!アスクミー JIJICO
ペットも危険!「犬の熱中症」その予防と対策
この時期35度を超える「猛暑日」も珍しくなくなってきました。この暑さで、人も犬などの動物も熱中症予防とその対策が重要となってきます。熱中症は、確実に動物の生命を脅かします。その予防と対策について解説します。

テーマ