JIJICO

馬場 孝夫さん

経営コンサルタント

3Dプリンタは歴史的産業革命を生むか

2013年7月4日

アメリカ・オバマ大統領も注目する3Dプリンタ

3Dプリンタは歴史的産業革命を生むか3Dプリンタという言葉を、さまざまなところで目にするようになりました。普通のパソコン用プリンタが平面の上に文字や絵をプリントするのに対して、3Dプリンタは平面に樹脂などの材料で描いた断面を何層も積み重ねていくことにより、立体形状を作り出します。最新鋭の技術が新たな産業革命を引き起こすのではないかと世界的に注目されています。

3Dプリンタは当初、「ラピッドプロトタイピング装置」と呼ばれ、実は1970年代から研究開発が欧米や日本で始められた比較的古い技術なのです。それが最近、特に注目されてきた原因は、ひとえに、昨年出版されたクリス・アンダーソン氏の著作「MAKERS~21世紀の産業革命が始まる~」のお蔭だと思います。この本で著者は、工業製品をつくる作業が工場だけではなく、一般家庭においても可能になったことを、アメリカの現状の取材のもとに指摘しました。つまり、手元に3Dプリンタさえあれば、ちょっとした立体形状は高価な金型を使わずとも、安価に、また短時間に個人レベルでも製作可能になったのです。

また、アメリカのオバマ政権が今年の一般教書演説で、アメリカの「ものつくり力」復権の戦略として3Dプリンタを取り上げたことも注目度を飛躍的に挙げた理由でしょう。

インターネットに続く革命に、日本の戦略的な対応が求められる

時宜を得て、今年6月東京で開催された、「日本ものづくりワールド2013」では、3Dプリンタのオンパレードでした。出展品をみると、試作品のみならず、量産品に耐ええるものや複雑な組み合わせ形状のものまで製作可能で、3Dプリンタの技術進歩を見せつけられました。価格も10万円代の家庭用まであり、まさにビジネスとしての「ものつくり」が、個人レベルにまで手が届いてきた感があります。

この状況は、パソコンやインターネットの出現が、高価な情報処理技術や通信手段を個人レベルに解放したのと同様に、これまで高額な投資が不可欠であった製造業を個人レベルまで解放する可能性があります。そして、アイデアさえあれば、三次元設計ソフトを用いてパソコン上で設計し、それを3Dプリンタで量産するという、次世代の工場がどんどん出現してくるかもしれません。こうなれば、インターネットに続く革命になるのではないでしょうか。

アメリカはこの潮流を敏感にとらえ、先陣をきりました。ものつくり王国たる日本として、アメリカに先んじられたことはとても残念ですが、この流れに遅れることなく、日本の製造業復権を目指し、我が国が戦略的に対応してくれることを切に願います。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

馬場 孝夫さん
経営コンサルタント

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2019年7月10日 堀田周郎さん
ブランディングコンサルタント
今治タオル実習生の不当労働報道から思う。ブランドは誰のもの?
今治タオルを扱う縫製工場で働く技能実習生の劣悪な労働環境が報道され大きな波紋が広がっています。ブランドの所有者は企業、お客さまに加えて従業員、社会のものになりました。貴方にはその認識があるでしょうか?
2019年7月2日 待谷忠孝さん
経営コンサルタント
品質相応の価格で販売出来ないことが引き起こす悪影響を考える
品質の良い商品には相応の開発コストや製造コストがかかっており、必然的に価格は高くなるはずですが、最近では安く提供されるケースも増えています。良い品が安く提供されるのは買い手にとっては良いことですが、果たして良いことばかりなのでしょうか?
2019年6月28日 新井 一さん
キャリアカウンセラー
会社員のまま起業準備することが退職後の安定した人生につながる!?
「副業解禁」の流れが加速しています。それはつまり、「将来は自分で何とかしてください」というメッセージでもあります。今、会社員のうちに「稼ぐ力」を身に付けておくことが、求められているのです。
2019年6月21日 待谷忠孝さん
経営コンサルタント
中小企業は儲かる市場を狙ってはいけない
規模の大きな市場や成長市場に参入したいとお考えの経営者様も多いのではないでしょうか。しかし、それらが中小企業にとって理想の市場とは限りません。では、どういった市場が中小企業にとって適切でしょうか?

テーマ