JIJICO

馬場 孝夫さん

経営コンサルタント

3Dプリンタは歴史的産業革命を生むか

2013年7月4日

アメリカ・オバマ大統領も注目する3Dプリンタ

3Dプリンタは歴史的産業革命を生むか3Dプリンタという言葉を、さまざまなところで目にするようになりました。普通のパソコン用プリンタが平面の上に文字や絵をプリントするのに対して、3Dプリンタは平面に樹脂などの材料で描いた断面を何層も積み重ねていくことにより、立体形状を作り出します。最新鋭の技術が新たな産業革命を引き起こすのではないかと世界的に注目されています。

3Dプリンタは当初、「ラピッドプロトタイピング装置」と呼ばれ、実は1970年代から研究開発が欧米や日本で始められた比較的古い技術なのです。それが最近、特に注目されてきた原因は、ひとえに、昨年出版されたクリス・アンダーソン氏の著作「MAKERS~21世紀の産業革命が始まる~」のお蔭だと思います。この本で著者は、工業製品をつくる作業が工場だけではなく、一般家庭においても可能になったことを、アメリカの現状の取材のもとに指摘しました。つまり、手元に3Dプリンタさえあれば、ちょっとした立体形状は高価な金型を使わずとも、安価に、また短時間に個人レベルでも製作可能になったのです。

また、アメリカのオバマ政権が今年の一般教書演説で、アメリカの「ものつくり力」復権の戦略として3Dプリンタを取り上げたことも注目度を飛躍的に挙げた理由でしょう。

インターネットに続く革命に、日本の戦略的な対応が求められる

時宜を得て、今年6月東京で開催された、「日本ものづくりワールド2013」では、3Dプリンタのオンパレードでした。出展品をみると、試作品のみならず、量産品に耐ええるものや複雑な組み合わせ形状のものまで製作可能で、3Dプリンタの技術進歩を見せつけられました。価格も10万円代の家庭用まであり、まさにビジネスとしての「ものつくり」が、個人レベルにまで手が届いてきた感があります。

この状況は、パソコンやインターネットの出現が、高価な情報処理技術や通信手段を個人レベルに解放したのと同様に、これまで高額な投資が不可欠であった製造業を個人レベルまで解放する可能性があります。そして、アイデアさえあれば、三次元設計ソフトを用いてパソコン上で設計し、それを3Dプリンタで量産するという、次世代の工場がどんどん出現してくるかもしれません。こうなれば、インターネットに続く革命になるのではないでしょうか。

アメリカはこの潮流を敏感にとらえ、先陣をきりました。ものつくり王国たる日本として、アメリカに先んじられたことはとても残念ですが、この流れに遅れることなく、日本の製造業復権を目指し、我が国が戦略的に対応してくれることを切に願います。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

馬場 孝夫さん
経営コンサルタント

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2018年11月15日 北 宏志さん
中国ビジネスアドバイザー
日本企業は中国ビジネスを成功させることはできるのか?
世界最大規模の市場を誇る中国。日本から多くの企業が進出していますが、成功例ばかりではありません。日本企業が中国でビジネスを成功させるためのポイントを、現地で販売ビジネスを経験したアドバイザーが解説。
2018年10月19日 折山 旭さん
ライフキャリアカウンセラー
派遣業界の2018年問題で注目を集める無期雇用派遣、メリットとデメリットは?
改正派遣法と改正労働契約法の施行により、派遣社員など有期雇用の労働環境が大きく変化する2018年問題。雇用条件や契約期間など無期雇用派遣のメリット・デメリットについて専門家が解説します。
2018年10月9日 北 宏志さん
中国ビジネスアドバイザー
中国でのビジネス時、宴席での振る舞い方は?注意すべき点を解説
中国の人たちとの宴席時のマナーについて解説。気を遣って食事をするよりも、楽しく振舞う方が相手は喜んでくれます。日本とは勝手が異なりますが、個人的な関係性を築きたいと彼らは考えあなたを誘っています。楽しく振舞うことが相手との関係性を強固にするのです。
2018年10月8日 中村 有作さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
台風で自宅待機や休業になった場合、その日の分の給料はもらえる?法律のルールを解説
今年は日本各地で災害が多発しました。大雨、強風、地震等の災害が発生して停電となったり各地で相当の損害が発生しました。台風で自宅待機や休業になった場合に、給料はもらえるか?労働法26条の規定を詳しく解説します。

テーマ