JIJICO

大西 勝也さん

内科医

医療格差が懸念される混合診療解禁への備え

2013年7月10日

「保険診療」と「保険外診療(自由診療)」を合わせる「混合診療」

医療格差が懸念される混合診療解禁への備え風邪をひいたときや血圧が上がったときなどに、診療所や病院で診察を受けると思いますが、健康保険組合や国民健康保険などの健康保険に加入していれば、医療費の70~90%は健康保険が負担してくれます。これは「保険診療」といわれるものです。一方、視力回復の方法として注目を集めているレーシック手術などは、個人で100%医療費を負担しないといけない保険外診療(自由診療)となります。

混合診療とは、健康保険が適用になる治療と、自由診療の治療の両方をミックスして行うことをいいます。ただし、現在の日本の健康保険制度では、基本的に混合診療が禁止されているため、どちらかの診療を選択しないといけません。自由診療を選択すると、すべての医療費が自由診療扱いとなり、100%個人負担となります。

混合診療解禁でのメリット

では、混合診療が解禁されると、どういうことが起きうるのでしょうか?例えば、日本では大腸癌にしか保険適応のない薬剤を、膵臓(すいぞう)癌に使用した際、混合診療が認められない場合は、診察、検査、薬の費用が自由診療扱いとなり、すべて全額個人負担となります。

しかし、混合診療解禁後は診察、検査の費用に関しては健康保険がある程度負担してくれるため、国内で未認可の薬代だけが全額個人負担となり、費用の負担は格段に少なくなります。費用をおさえつつ、自分の受けたいベストな治療を受けられる環境が整うことが、混合診療解禁のメリットといえます。

医療費負担の増加に備え、混合診療用の生命保険加入の必要も

一方、デメリットとしては、選択肢が広がることで高額な治療を医療サイドから提示されることが増えるかもしれません。また、経済的に個人負担に耐えられる人だけがより良い治療が受けられるといった「医療格差」が生じることが懸念されています。そして、長期的に考えると、薬剤を健康保険で使えるようにするには多大な費用と時間を有するため、自由診療で使うという判断で、製薬メーカーが新薬を保険診療で使えるように申請をしない可能性も示唆されています。

混合診療解禁に伴い、医療費の個人負担が増えることが予想されているため、混合診療用の生命保険に前もって加入する必要も出てくるでしょう。また、高度な医療を受けなければいけない時には、どんなこともでも相談できる「かかりつけ医」を今からつくっておくこともお勧めします。

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「医療」のその他の記事

2018年1月22日 山崎 雅夫さん
仲人
解決!アスクミー JIJICO
「親の代理婚活」を考える!増加の理由や落とし穴は?
結婚相手との出会いとは、どんな出会いの形でも良いのです。たとえ親が見つけた相手でも。結婚相手との出会いはすべてが奇跡なのです。
2018年1月21日 白木 麗弥さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
選択的夫婦別姓の行方はどうなる?「姓」とは結局何かという話
現在の制度では、結婚するとき、離婚するときにどちらの姓を名乗るべきか悩む場面がゼロではありません。海外では選択的夫婦別姓が主流になりつつあるなか、日本ではどうなってゆくのでしょうか。
2018年1月20日 加藤 豊さん
不動産コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
長期間住んでいる部屋、家賃の値引き交渉をしたいがどうすればよい?
同じ賃貸住宅に長く住む人にとって、今は家賃の減額交渉がしやすい環境にあります。交渉ノウハウや考え方を知って、快適な暮らしを手に入れましょう。
2018年1月19日 泉田 裕史さん
税理士
解決!アスクミー JIJICO
ふるさと納税、今後も争奪戦は続くのか?2018年の動向を考察!
すっかり定着した感がある「ふるさと納税」ですが、2017年4月に総務省から高額返礼品の自粛が要請されました。2018年はどうなるのでしょうか?

テーマ