JIJICO

仙波 誉子さん

防災士

被害を最小限に 台風から身を守る12の心得

2013年8月7日

夏から9月にかけて多い台風に要警戒

被害を最小限に 台風から身を守る12の心得今年の夏も記録的な暑さの一方で、大雨やゲリラ豪雨という異常気象が続いています。これから9月にかけては台風が多い時期となりますが、この猛暑が台風の発生に影響しないか心配です。台風時の強風により建物や樹木などが破壊されるほか、高潮や高波が引き起こされます。また、雨量も非常に多くなるため、河川の増水による水害や、土砂流、崖崩れの土砂災害も起こりやすくなり、警戒が必要です。

台風は地震と違って、ある程度の予測ができます。したがって、日頃から台風への備えをしておくことに加え、台風接近時には気象庁などが発表する情報をもとに対策をとることが大切です。

「自助」の心構えで台風に備えることが被害を最小限におさえる鍵

<日頃から備えておくこと>
1、停電、断水など、ライフラインが中断された場合や避難が必要になった時に備えて非常持ち出し品の準備をしておく。
2、市町村が作成している「ハザードマップ(自然災害による被害範囲を予測し地図化したもの)」を参考に、浸水や土砂災害の発生が予測される近隣の危険個所をあらかじめ調べておく。
3、避難場所や安全な避難ルートを確認しておく。

<台風が接近する前に>
4、窓や雨戸をしっかりと閉めて、必要があれば補強する。
5、側溝や排水溝を掃除して水はけを良くする。
6、ごみ箱や鉢植えなど、風で飛ばされそうなものは固定するか家の中に移動させる。
7、家の中にガラスが飛散するのを防ぐため、雨戸やカーテン、ブラインドをおろす。
8、浴槽に水を張るなどして生活用水を確保する。

<台風が接近したら>
9、気象庁が発表している台風情報を常に確認する。
10、交通機関が止まるおそれがあるため外出は控える。外出している人は悪天候になる前に帰宅する、もしくは無理な移動は避ける。
11、小川やマンホールに転落する事故や土砂崩れに巻き込まれる事故が多いので、危険な場所には近づかない。

<避難勧告が出たら>
12、市区町村から避難勧告・避難指示が出た時や危険を感じた時は、火の元を確認して、すぐに避難する。

「自分のことは自分で守る」という心構えで、日頃から家族や近隣の人と防災について話し合っておきましょう。「自助」の精神で台風に備えることが、被害を最小限におさえる鍵となります。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

仙波 誉子さん
防災士

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年5月1日 半田 望さん
弁護士
「働き方改革」で病気の治療と仕事の両立は実現できるか?
労働者人口の減少や労働構造の変化により、将来的な労働力の不足が懸念される中、政府は「働き方改革」の実現に向けて各種の施策を打ち出しています。その中には、病気の治療でフルタイムの勤務は困難だが、時間短縮や在宅勤務などのフレキシブルな働き方のニーズを実現することも含まれていますが、まだまだ課題は残されています。今回は政府の「働き方改革」における仕事と病気の治療との両立が実現できるのか、について考えます。
2019年4月30日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
五月病にならないために気を付けるべきこととは?
今年のゴールデンウイークは10連休というかつてないほどの長い休みになります。ゴールデンウイーク明けに起こりやすい五月病ですが、例年より長い分、その発生を危惧する声も上がっています。五月病というのはどういう状態で起こるのでしょうか。また五月病にならないために気を付けるべきことはどんなことなのでしょうか。
2019年4月29日 髙木理恵さん
介護施設コンサルティング
高齢者の車の運転事故と免許返納を家族全員で考える
高齢者が運転する車によって引き起こされる事故が後を絶ちません。高齢者の免許返納については身内である家族全員で考えることが重要です。
2019年3月29日 池内宏征さん
司法書士
認知症対策であり遺言機能もある家族信託は遺言とどう違うのか?
自身の財産に関して生前に何も対策をしていない場合、相続人は法定相続分という法律で決まっている割合で遺産分けをすることになります。これに対して、法定相続分と異なる配分で遺産分けをしたい場合、遺言書の作成もしくは認知症対策にもなる家族信託契約をする必要があります。家族信託と遺言はどこが違うのでしょうか?

テーマ