JIJICO

安達 慎一さん

経営コンサルタント

ネット炎上を一日でも早く鎮静化させるには?

2013年8月15日

企業イメージを傷つける「ネット炎上」

ネット炎上を一日でも早く沈静させるには?ソーシャルメディア上での「ネット炎上」がよく話題になります。「ネット炎上」とは何かしらの不祥事や出来事がきっかけで、ホームページやブログ、最近ではFacebookなどが非難の的となり、悪い意味で爆発的に注目を浴びてしまうことをいいます。企業にとって「ネット炎上」は、かなりのマイナスイメージです。場合によっては、企業経営にも大打撃を与えかねません。

「ネット炎上」はソーシャルメディア上の拡散効果によって起こります。ユーザーはソーシャルメディアを利用し、何か面白いことを見つけると周りに伝えようとするため、その不祥事や出来事が問題視される内容であればあるほど拡散スピードは速まります。一度、火の手が上がると、拡散を止めることは不可能です。それは、企業が「ネット炎上」に気づいた時点で無数とも言える情報がソーシャルメディア上に存在してしまっているからです。

「ネット炎上」の対応で企業の真価が問われる

では、「ネット炎上」をできるだけ早く食い止め、鎮静化させるにはどうすればよいのでしょうか?被害を最小限に留める効果的な方法としては、「経営陣や役職に就く人が素早く誠意を持って対応する」ことです。組織が大きれば大きいほど対応は遅れがちになりますが、それでは炎上は広がる一方です。また、もみ消そうすれば、それが呼び水となり、さらなる炎上を巻き起こします。しかし、しっかりと誠意を持って素早い対応をすれば、それを支持する情報も拡散し始め、「ネット炎上」は沈静化に向かいます。

「ネット炎上」の対応の仕方によっては、逆に企業が評価されることもよくある話です。このことは現実社会と同じです。クレームやトラブルへの対処で企業の真価が問われます。ネットだからといって軽んじることなく、誠意あるコミュニケ―ションを心がけることが大切です。

このコラムを書いた専門家に質問できます

安達 慎一さん
経営コンサルタント

「ビジネス」のその他の記事

2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。
2017年7月19日 五十嵐 かほるさん
イメージコンサルタント・ファッションプロデューサー
本格的な夏到来 加齢臭の10倍臭いと言われるミドル脂臭にご注意を!
「オトコ臭?」「ミドル脂臭?」体臭に気を配る男性へ!良い汗をかくことや食生活で「汗腺機能」を高めることに注力も!そして、一人で気にしていないで社内全員での臭い対策も提案してみては?
2017年7月18日 田中 正徳さん
次世代教育プランナー
子供向けのプログラミング教室活況!なぜ今子供にプログラミング?
プログラミングが2020年度から小学校で必修となるということで、すでに習いごと教室では活況を呈しています。論理性が養われるというのも人気の理由ですが、それだけでないプログラミングを学ぶことの恩恵について解説。
2017年7月18日 神野 沙樹さん
社会保険労務士
使い切れなかった有給休暇を会社に買い取ってもらうことは可能か?
働き始めると一度は意識したことがあるであろう「有給休暇」。有給休暇をすべて取得できる職場もあれば、全く取れない職場もあるという現実のなか、「有給休暇を使いきれなかったので、その分お金をください」ということは認められるのでしょうか。
2017年7月17日 岸本 貴史さん
人事労務コンサルタント、社会保険労務士
テレワーク・デイを7月24日に実施。働き方改革につながるか?
テレワーク・デイは、2020年の東京五輪を契機とした「働き方改革の実現へ向けた国民運動」です。企業はテレワークを活用することで、人材の確保や生産性の向上が期待できますが、実施に向けては事前に問題・課題の検討も必要です。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ