JIJICO

安達 慎一さん

経営コンサルタント

ネット炎上を一日でも早く鎮静化させるには?

2013年8月15日

企業イメージを傷つける「ネット炎上」

ネット炎上を一日でも早く沈静させるには?ソーシャルメディア上での「ネット炎上」がよく話題になります。「ネット炎上」とは何かしらの不祥事や出来事がきっかけで、ホームページやブログ、最近ではFacebookなどが非難の的となり、悪い意味で爆発的に注目を浴びてしまうことをいいます。企業にとって「ネット炎上」は、かなりのマイナスイメージです。場合によっては、企業経営にも大打撃を与えかねません。

「ネット炎上」はソーシャルメディア上の拡散効果によって起こります。ユーザーはソーシャルメディアを利用し、何か面白いことを見つけると周りに伝えようとするため、その不祥事や出来事が問題視される内容であればあるほど拡散スピードは速まります。一度、火の手が上がると、拡散を止めることは不可能です。それは、企業が「ネット炎上」に気づいた時点で無数とも言える情報がソーシャルメディア上に存在してしまっているからです。

「ネット炎上」の対応で企業の真価が問われる

では、「ネット炎上」をできるだけ早く食い止め、鎮静化させるにはどうすればよいのでしょうか?被害を最小限に留める効果的な方法としては、「経営陣や役職に就く人が素早く誠意を持って対応する」ことです。組織が大きれば大きいほど対応は遅れがちになりますが、それでは炎上は広がる一方です。また、もみ消そうすれば、それが呼び水となり、さらなる炎上を巻き起こします。しかし、しっかりと誠意を持って素早い対応をすれば、それを支持する情報も拡散し始め、「ネット炎上」は沈静化に向かいます。

「ネット炎上」の対応の仕方によっては、逆に企業が評価されることもよくある話です。このことは現実社会と同じです。クレームやトラブルへの対処で企業の真価が問われます。ネットだからといって軽んじることなく、誠意あるコミュニケ―ションを心がけることが大切です。

専門家に相談してみよう!

安達 慎一さん
経営コンサルタント

執筆記事一覧

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2017年12月12日 木村 文俊さん
大学生塾 理事長
解決!アスクミー JIJICO
大学生はより良い企業に目を向ける。脱!内定辞退狂想曲。
現在は、人口減社会。このような時代だからこそ、採用活動では「相手(学生)を知りたい」と思うことが必要。長期的には共生社会を目指すスタンスも。
2017年12月12日 小田原 漂情さん
塾教師、歌人・小説家
解決!アスクミー JIJICO
12月12日は漢字の日 漢字にまつわる面白い話
漢字が好きになるかどうかは、小学3年生でほぼ決まります。それには面白さを知ることも大切。「会意文字」や、古代の読み方の魅力をご紹介します。
2017年12月11日 GYUさん
アルゼンチンタンゴダンサー、ディレクター及び講師
解決!アスクミー JIJICO
12月11日はアルゼンチンタンゴの日 初心者でもタンゴにチャレンジ!
世界中で老若男女に踊られているアルゼンチンタンゴ!ダンスの技術の他に文化風習を学び世界中の人と繋がれるシンプルなダンス。そしてタンゴの技術は姿勢がきれいになりダイエットなどにもつながります。
2017年12月11日 松本 孝一さん
介護事業コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
認知症患者の割合、先進国で日本が1位
認知症患者の割合が先進国で日本が1位となりました。なぜ、日本は認知症患者数が多いのでしょうか?また、認知症患者数を増やさない取り組みを世界に発信することが必要となる点について解説します。

テーマ