JIJICO

庄司 英尚さん

社会保険労務士

派遣、業務別の制限撤廃へ 正社員雇用への影響は?

2013年8月23日

3年ごとに「人」が替われば、ずっと派遣活用が可能に

派遣、業務別の制限撤廃へ 正社員雇用はどうなる?厚生労働省の「今後の労働者派遣制度の在り方に関する研究会」は、派遣労働の上限制限などの規制を実質的に緩和する最終報告をまとめました。現在は、通訳など専門性の高い26業務だけが期間に関係なく派遣で働かせることができます。しかし、26業務以外については「業務」ごとに対して最長3年という制限があるため、派遣業務に2年勤務していた人が辞めたあと、後任の派遣労働者は残りの1年間しか勤務できないことになっています。

今回、「どんな仕事でも企業がずっと派遣に任せられるようにする」というコンセプトのもと、26業務などの専門性の区分をなくして「業務」ごとの最長3年の期間制限を撤廃し、「人」基準で3年を上限とすることにしました。派遣先の企業が労使で合意すれば、3年ごとに人が替わることを条件に、ずっと派遣を活用することができるようになります。さらに、派遣労働者が派遣元と無期契約を結んでいれば、同じ人がずっと働くことが可能になります。

また、現在、有期契約で先述の26業務に就いている派遣労働者にとっては、人単位で最長3年という期限が設けられることで職場を変える必要が出てきますが、これをきっかけに派遣元の企業が無期契約に変更するということも考えられます。派遣であっても無期契約で働くことができれば、より安定して働くことができるでしょう。

揺らぐ正社員雇用。派遣に置き換えられる可能性も

最終報告の中では、派遣労働者に3年という期間を確保することは能力向上の機会を増し、派遣先の企業側で3年という区切りで正社員へ転換しようとする動きも出てくると予測される、といったメリット面を強調しています。しかし一方で、人件費が高い正社員の仕事を派遣に置きかえる動きが進む可能性は否定できず、正社員に限らず、企業全体としてリストラを検討するきっかけになってもおかしくはありません。その点を懸念する声は多数あります。

今後、報告書をもとに労働政策審議会で法改正の論点を詰め、年明けの通常国会で改正を目指すことになりますが、想定される課題をクリアするにはさらなる議論が必要です。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

庄司 英尚さん
社会保険労務士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2019年10月11日 小川芳夫さん
ファシリテーター
台風や豪雨などの災害に備える働き方を考えてみませんか?
台風15号で、首都圏、特に千葉県では大きな被害が出ました。台風や地震など、大きな災害は毎年のように発生しています。台風や豪雨などの災害に備える働き方を考えてみませんか?考える際のヒントを提案させていただきます。
2019年9月26日 室岡宏さん
社会保険労務士
“命と心を守る”カスタマー・ハラスメント対応のポイント!
命と心を疲弊させるカスタマー・ハラスメント!従業員の命と心を守り誰もが働きやすい 職場環境を持続させるためには、理念作りから組織実践、メンタルヘルスケアまでをトータルした 総合対策が必要です!
2019年9月20日 小川芳夫さん
ファシリテーター
企業の生産性向上のためには従業員に焦点を当てるべき理由
従業員体験(Employee Experience)を向上させると生産性が向上するという研究があります。海外企業では、従業員に焦点を当て従業員体験を向上させるケースが増えています。ファシリテーターの観点から、実例を交えて具体的な対応を提案します。
2019年8月30日 小川芳夫さん
ファシリテーター
新入社員の離職防止に役立つファシリテーションとは何か?
新入社員の入社3年以内離職率は一貫して3割から4割程度で推移しています。企業にとっては喫緊の課題ですが、ファシリテーションをうまく活用することで、新入社員の離職防止に役立つかもしれません。

テーマ