JIJICO

熊谷 修平さん

塾長

超グローバル校に入学するメリット

2013年8月27日

世界と戦えるグローバルリーダーを育てるSGH

超グローバル校に入学するメリット来春、「海外でも活躍できるグローバル人材を育てる」を旗印に、文部科学省が「SGH(スーパーグローバルスクール)」を設置することになりました。このSGHは、「世界と戦えるグローバルリーダーを育てる新しいタイプの高校」に位置づけられますが、今回はこの指針自体が大きな意味を持ちます。

それは、これまで言われ続けてきた「英語が重要」という考え方に基づく従来の高校ではないからです。今も英語を重視する高校は多く存在しますが、今回のSGHはそれと比べても、もう一歩先を見すえています。具体的には「英語を中心とした外国語力に加え、課題を見つけて解決する能力や、歴史・文化などの幅広い教養の習得、論理的思考力の養成、そして、在学中の海外留学や世界のトップ大学への進学など」を目的としています。つまり、「英語を使って、どうするのか?」という点に重きを置いているのです。

グローバル化が進む中、英語を話せるだけでは不十分

昨今、さまざまな場面で話題にあがるようになった「グローバル化」。しかし、単に英語を話せることがことができれば良いというわけではありません。日本人同士でさえ「コミュニケーション能力」が時に問題視されますが、国や母国語、文化や習慣、社会的背景の壁を越えて、しっかりと互いの立場を理解し、共通の課題に向けて共に協力する、といったハイレベルなスキルが求められます。意志を伝える言語が必須であることはいうまでもありませんが、それだけでは不十分なのです。

また、近年、経済のボーダレス化が進み、日本だけでなく、海外にモノやサービスを売る時代になりました。さらに、国家としても環境問題や経済問題をはじめとして、決して日本一国だけでは解決できない課題も増えており、ますます海外との関係は深まるばかりです。

国際舞台の最先端で活躍できる。国や企業から求められる人材に

そんな中、このSGHでは、高校生の時期から国際感覚に触れる機会が用意され、相互理解のために必要な能力をしっかりと鍛えていくことができます。特に、アメリカのような多民族国家ではない日本においては、そのような機会を得られるのは大きなアドバンテージになるでしょう。当然ながら、企業はそのような感覚を持つ人を採用します。また、国家においても、これからの日本の発展という重責を任されることは間違いありません。SGHは、国際舞台の最先端で活躍する人材の育成が期待されます。そして、それは日本が本当の意味でのグローバル化の一歩を踏み出す可能性を秘めているといえるでしょう。

\ この記事をシェアしよう! /
関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「教育」のその他の記事

2019年9月7日 石垣 友規人さん
塾長、学習アドバイザー
勉強ができない子に共通する5つの行動パターンとは?
子供が自発的に勉強するためには、どう勉強させるかよりも子供の行動を変えさせることのほうが効果的です。勉強ができる子の行動パターンをマネさせることで勉強に対する前向きな取り組みが期待できます。
2019年7月17日 石垣 友規人さん
塾長、学習アドバイザー
中学校の定期テスト廃止を考える
中学校で定期テストを廃止する学校が増えています。その代わりに小テストを数多く実施し、子どもたちの学習習慣を定着化させる狙いがあるようですが、思惑通り進むかは疑問です。子どもを落ちこぼれにさせないために親は何が出来るのか、考えてみたいと思います。
2019年6月18日 栢原 義則さん
進学塾塾長
現場が推し進める危険な組体操 本当に教育の一環?
組体操を教育の一環として実施したい教育現場の感覚と、我が子の安全の為に危険な演目に参加させたくない保護者の感覚。教育の一環性に対する学校と市民のギャップをどう埋める。
2019年4月27日 栢原 義則さん
進学塾塾長
PTAは本当に必要?PTAの存在意義について考える
なぜか忌み嫌われるPTA。いろいろな問題を抱え、様々な議論が飛び交うPTAですが、時代に合った変革を念頭に、学校サイドと協力しながら、学校に必要な組織として存在すべき価値があるのではないでしょうか。

テーマ