JIJICO

熊谷 修平さん

塾長

超グローバル校に入学するメリット

2013年8月27日

世界と戦えるグローバルリーダーを育てるSGH

超グローバル校に入学するメリット来春、「海外でも活躍できるグローバル人材を育てる」を旗印に、文部科学省が「SGH(スーパーグローバルスクール)」を設置することになりました。このSGHは、「世界と戦えるグローバルリーダーを育てる新しいタイプの高校」に位置づけられますが、今回はこの指針自体が大きな意味を持ちます。

それは、これまで言われ続けてきた「英語が重要」という考え方に基づく従来の高校ではないからです。今も英語を重視する高校は多く存在しますが、今回のSGHはそれと比べても、もう一歩先を見すえています。具体的には「英語を中心とした外国語力に加え、課題を見つけて解決する能力や、歴史・文化などの幅広い教養の習得、論理的思考力の養成、そして、在学中の海外留学や世界のトップ大学への進学など」を目的としています。つまり、「英語を使って、どうするのか?」という点に重きを置いているのです。

グローバル化が進む中、英語を話せるだけでは不十分

昨今、さまざまな場面で話題にあがるようになった「グローバル化」。しかし、単に英語を話せることがことができれば良いというわけではありません。日本人同士でさえ「コミュニケーション能力」が時に問題視されますが、国や母国語、文化や習慣、社会的背景の壁を越えて、しっかりと互いの立場を理解し、共通の課題に向けて共に協力する、といったハイレベルなスキルが求められます。意志を伝える言語が必須であることはいうまでもありませんが、それだけでは不十分なのです。

また、近年、経済のボーダレス化が進み、日本だけでなく、海外にモノやサービスを売る時代になりました。さらに、国家としても環境問題や経済問題をはじめとして、決して日本一国だけでは解決できない課題も増えており、ますます海外との関係は深まるばかりです。

国際舞台の最先端で活躍できる。国や企業から求められる人材に

そんな中、このSGHでは、高校生の時期から国際感覚に触れる機会が用意され、相互理解のために必要な能力をしっかりと鍛えていくことができます。特に、アメリカのような多民族国家ではない日本においては、そのような機会を得られるのは大きなアドバンテージになるでしょう。当然ながら、企業はそのような感覚を持つ人を採用します。また、国家においても、これからの日本の発展という重責を任されることは間違いありません。SGHは、国際舞台の最先端で活躍する人材の育成が期待されます。そして、それは日本が本当の意味でのグローバル化の一歩を踏み出す可能性を秘めているといえるでしょう。

\ この記事をシェアしよう! /
関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「教育」のその他の記事

2018年7月17日 宮本 章太郎さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
京都で私服高校が減少 制服でLGBTへの配慮はできるのか
京都で私服高校が減少し、制服を導入する動きが強まっています。「制服がある方が統一感があっていい」との意見があるからだそうですが、その一方で起きるであろう問題点、LGBT(性的少数者)への配慮はできるのかを考えていきます。
2018年7月6日 河野 晃さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
学校で女子生徒が妊娠・退学。法的に問題ないのか?
今年の文科省の調査によると、公立高校における妊娠実例のうち、32件で自主退学を勧めていたとのこと。このような対応は法的に問題がないのか。安易に退学を勧めるのではなく子供の将来を考慮した対応が重要です。
2018年7月1日 渋谷 亜佐子さん
家庭教育コンサルタント、マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
子どもの知的好奇心を伸ばしたい!知育は何から始めればいい?年齢別に解説
知育は、子どもの発育過程や年齢に合わせておこなうことで子どもの生きる力を養います。年齢によって与える知育玩具などを上手く変えていき、子どもの知的好奇心を伸ばしましょう。
2018年6月23日 中原 崇さん
社会福祉士
解決!アスクミー JIJICO
子どもの学力向上と家の間取りの関係 本当に大事なのは
昨今、リビング学習という言葉がよく聞かれるようになりました。リビング学習が可能な間取りは確かに学力向上にも結び付きますが、それ以上に大切なのは子どもが安心して心地よく勉強できる家であることです。

テーマ