JIJICO

白木 麗弥さん

弁護士

離婚後、支払われない養育費をもらうには?

2013年8月30日

備えとして養育費の支払いの決め事は公正証書に

離婚後、支払われない養育費をもらう法的手段厚生労働省の最近の統計によると、裁判や調停を利用しない「協議離婚」で離婚をした夫婦は、離婚者全体の約9割を占めているそうです。そのうち、養育費、親子面会の取り決めをしない子持ち離婚は約半数に上ります。大事な決め事をしないまま勢いに任せて離婚届を提出し、後でトラブルに陥るケースも少なくありません。離婚後のシングルペアレントは、金銭面で厳しい状況に立たされることが多いのが現状です。その後の負担を少しでも軽減するために養育費を受け取れるための「備え」をしておきましょう。

養育費をはじめ、離婚条件にはお金の支払条項がつきものです。万が一、約束通りに支払ってもらえない場合があることに備えて、公正証書を作成することをオススメします。公正証書とは、公証役場にいる公証人の面前で作成されるもので、調停といった手続きを行わずして、給料の差し押さえなどの強制執行をすることができるのがポイントです。

内容証明の送付→履行勧告→債権差し押さえの強制執行へ

養育費の支払いが滞ってきたときは、早めに対応することが肝心です。まずは、内容証明などで支払いを催促しましょう。それでも何も返ってこない・・・その場合は裁判所の出番です。履行勧告という制度では、裁判所から相手方に支払いを催促してくれます。強制力はありませんが、手続きの費用はかかりません。これで養育費が支払われた例もありますので、チャレンジしてみる価値はあります。そして、その次の手が強制執行です。債権(預貯金債権)の差し押さえが最も手間がかからない方法です。また、勤め先を知っていれば給与の差し押さえも可能です。

養育費を支払ってもらうには相手に関する情報収集が鍵

離婚後の支払いが確保できるかどうかは、相手方の環境に関する情報をどれだけ持っているかが鍵を握ります。面会交流がほとんどなされていないような場合、離婚後の勤務先の変更などわからなくなってしまい、「差し押さえる財産が見つからない」ということもありえます。もちろん、暴力を振るわれた上での離婚など、コミュニケーションがとりづらいこともありますが、養育費を支払ってもらうためには情報収集が大切であることは覚えておいてください。

専門家に相談してみよう!

白木 麗弥さん
弁護士

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「法律」のその他の記事

2017年8月22日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
死後離婚を選ぶ人が増えているワケ
死後離婚という言葉を最近よく耳にします。死後離婚とはどういうものなのか、また死後離婚を選ぶ人が増えているワケについて解説します。
2017年8月22日 平松 幹夫さん
マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
子どもに身につけさせたい食事のマナー どのように教えたらいいか?
古今東西「生きることは食べること」ですが、三つ子の魂100までの例え通り、長い人生をより良く生きるには幼い頃からの食べ方の躾は必要不可欠です。
2017年8月21日 成澤 紀美さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
働き方改革でも副業・兼業を推進へ 企業が導入するためには何が必要か?
副業・兼業については「働き方改革」でも推進する方向にありますが、これらを導入するために何が必要なのか考えてみる必要があるようです。
2017年8月21日 中原 崇さん
社会福祉士
解決!アスクミー JIJICO
身内の暴力を隠す傾向にあるのは女性だけか?
身内からの暴力に耐えかねる場合は、その苦しみを声に出すべきですが、手段は警察への通報だけではありません。また、男性に対しての支援も欠かせない課題です。
2017年8月20日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
減らない高齢者を狙う特殊詐欺!被害防止の方法は?
被害の7割を高齢者が占める特殊詐欺。社会弱者を標的にする卑劣な犯罪は、年をを追うごとに増え続けています。私たちにできる防止策はあるのでしょうか?
2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。
2017年8月18日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
18歳成人法案国会提出へ 問題は無いのか?
成人を18歳に引き下げる民法改正案が出される見込み。未成年者として保護される年齢が引き下げられ、若者の負担や危険が大きくなりかねない懸念も。
2017年8月17日 早川 弘太さん
健康コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
健康食品やトクホで健康トラブル!?健康食品の適切な摂取について
「健康のために」摂取していた健康食品で実は自分のカラダが害されていたら…そんなことが現実におこっています。注意したい点をご紹介します。

テーマ