JIJICO

熊谷 修平さん

塾長

受験のない「4・4・4」制のメリットとデメリット

2013年9月9日

全国初の公立小中高一貫教育校、開校へ

受験のない「4・4・4」制のメリットとデメリット先日、都立の小中高一貫教育について、新たな試みが発表されました。全国初の公立小中高一貫教育校を平成29年4月に開校する、というものです。特徴的なのが、現行の小学6年・中学3年・高校3年の「6・3・3」制ではなく、小学4年・中学4年・高校4年の「4・4・4」制であること。そして、義務教育の9年間を8年で先取り終了し、あとの1年で海外留学や専門的な学習の時間を確保するそうです。この主な目的は、「受験」というシステムに区切られない小中高の12年間の一貫教育を通じ、特に理数系の人材を育成することにあります。

一貫した教育で、子どもの適性や学びのスピードを尊重

「4・4・4」制は、人の発達段階に沿った制度ともいわれており、欧米でも取り入れている国があります。そのため、メリットとしては、より子どもの可能性を引き出し、子どもたちを良い方向へと導く可能性が高まるという点が挙げられます。

そして、今回発表された内容にあるように、一貫した教育システムでは、「受験」によって途中で区切られることのない連続した教育を構築できることで、より子どもの適正や学びのスピードを尊重できそうです。また、学内でも小学校から高校の段階まで一貫していることで、歳の離れた学生同士の互いの交流・刺激が子どもには良い影響を与えるでしょう。

緊張感が無くなり、勉強に力が入らなくなる恐れも

ただ、一方で、デメリットも考えられます。「受験に区切られない」というと聞こえは良いですが、逆に言えば、「受験」という緊張感が無くなり、目標が希薄になることも十分ありえます。そのため、勉強に力が入らなくなってしまうケースも考えられます。実際、小中一貫の学校では、総じて、小学校から中学校にエスカレート式に上がった子よりも、中学校から途中入学した子の方が成績が良いことも珍しくありません。これについては、何かしらのテストのシステムが求められるでしょう。同時に、当初の目的である「受験に区切られない」を実現するために、どのような対策がとられるのかが注目されます。

「4・4・4」制はメリット・デメリットの双方があり、まだまだ決まっていないことも多く未知数です。子どもたちの能力を見出し、育むための制度として、しっかりと構築されることを期待します。

\ この記事をシェアしよう! /
関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「教育」のその他の記事

2019年9月7日 石垣 友規人さん
塾長、学習アドバイザー
勉強ができない子に共通する5つの行動パターンとは?
子供が自発的に勉強するためには、どう勉強させるかよりも子供の行動を変えさせることのほうが効果的です。勉強ができる子の行動パターンをマネさせることで勉強に対する前向きな取り組みが期待できます。
2019年7月17日 石垣 友規人さん
塾長、学習アドバイザー
中学校の定期テスト廃止を考える
中学校で定期テストを廃止する学校が増えています。その代わりに小テストを数多く実施し、子どもたちの学習習慣を定着化させる狙いがあるようですが、思惑通り進むかは疑問です。子どもを落ちこぼれにさせないために親は何が出来るのか、考えてみたいと思います。
2019年6月18日 栢原 義則さん
進学塾塾長
現場が推し進める危険な組体操 本当に教育の一環?
組体操を教育の一環として実施したい教育現場の感覚と、我が子の安全の為に危険な演目に参加させたくない保護者の感覚。教育の一環性に対する学校と市民のギャップをどう埋める。
2019年4月27日 栢原 義則さん
進学塾塾長
PTAは本当に必要?PTAの存在意義について考える
なぜか忌み嫌われるPTA。いろいろな問題を抱え、様々な議論が飛び交うPTAですが、時代に合った変革を念頭に、学校サイドと協力しながら、学校に必要な組織として存在すべき価値があるのではないでしょうか。

テーマ