JIJICO

熊谷 修平さん

塾長

受験のない「4・4・4」制のメリットとデメリット

2013年9月9日

全国初の公立小中高一貫教育校、開校へ

受験のない「4・4・4」制のメリットとデメリット先日、都立の小中高一貫教育について、新たな試みが発表されました。全国初の公立小中高一貫教育校を平成29年4月に開校する、というものです。特徴的なのが、現行の小学6年・中学3年・高校3年の「6・3・3」制ではなく、小学4年・中学4年・高校4年の「4・4・4」制であること。そして、義務教育の9年間を8年で先取り終了し、あとの1年で海外留学や専門的な学習の時間を確保するそうです。この主な目的は、「受験」というシステムに区切られない小中高の12年間の一貫教育を通じ、特に理数系の人材を育成することにあります。

一貫した教育で、子どもの適性や学びのスピードを尊重

「4・4・4」制は、人の発達段階に沿った制度ともいわれており、欧米でも取り入れている国があります。そのため、メリットとしては、より子どもの可能性を引き出し、子どもたちを良い方向へと導く可能性が高まるという点が挙げられます。

そして、今回発表された内容にあるように、一貫した教育システムでは、「受験」によって途中で区切られることのない連続した教育を構築できることで、より子どもの適正や学びのスピードを尊重できそうです。また、学内でも小学校から高校の段階まで一貫していることで、歳の離れた学生同士の互いの交流・刺激が子どもには良い影響を与えるでしょう。

緊張感が無くなり、勉強に力が入らなくなる恐れも

ただ、一方で、デメリットも考えられます。「受験に区切られない」というと聞こえは良いですが、逆に言えば、「受験」という緊張感が無くなり、目標が希薄になることも十分ありえます。そのため、勉強に力が入らなくなってしまうケースも考えられます。実際、小中一貫の学校では、総じて、小学校から中学校にエスカレート式に上がった子よりも、中学校から途中入学した子の方が成績が良いことも珍しくありません。これについては、何かしらのテストのシステムが求められるでしょう。同時に、当初の目的である「受験に区切られない」を実現するために、どのような対策がとられるのかが注目されます。

「4・4・4」制はメリット・デメリットの双方があり、まだまだ決まっていないことも多く未知数です。子どもたちの能力を見出し、育むための制度として、しっかりと構築されることを期待します。

このコラムを書いた専門家に質問できます

熊谷 修平さん
塾長

無料で相談してみる

「教育」のその他の記事

2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ