JIJICO

仙波 誉子さん

防災士

「特別警報」発表後では遅い!ただちに命を守る行動

2013年9月11日

「特別警報」運用開始。これまでの警報を軽視しないで

「特別警報」発表後では遅い!ただちに命を守る行動気象庁は、今年8月30日に「特別警報」の運用を始めました。今まで大雨、地震、暴風、津波などによる注意報、警報を発表していましたが、それらの発表基準をはるかに超える現象が発生する危険性が著しく高まっている場合に、「特別警報」を発表して最大限の警戒を呼び掛けます。しかし、特別警報が設定されたからといって、これまでの警報の危険度レベルが下がるわけではありません。「特別警報が発表されていないから、まだ大丈夫」というものではなく、「特別警報が出された時は、命の危険に関わる非常事態」が差し迫っている状況と理解してください。したがって、特別警報が発表された際には「命を守るために最善を尽くす」ことが最優先です。

特別警報を聞いてから行動しては手遅れになることも

特別警報は、地域住民に対して、市町村の防災無線やインターネット、テレビ・ラジオなどの報道機関を通じて伝えられます。では、特別警報が発表されると、どのように対応すればよいのでしょうか。

今夏の事例をみると、8月24日、島根県で発生した記録的な大雨により、特別警報に相当する情報が発表されました。この時は、すでに土砂災害や浸水の被害があり、避難することが難しい地域もありました。このケースのように、決められた避難所へ向かうことの方がかえって危険性を高めることもあります。つまり、特別警報を聞いてから初めて何か行動を起こすのでは遅いのです。気象情報、注意報、警報を活用して、早め早めの行動をとることが大切です。そして、少しでも安全な場所に身を置くために、自分の状況を冷静に判断することが求められます。

「自助」の心構えが、命を守る行動へ

災害による被害を最小限にするには、自分の住居や職場のある地域が過去にどのような災害を経験していて、今後どのような災害が起きる可能性があるのか、ということをあらかじめ知っておくことが必要です。そして、日頃から避難場所や避難経路を確認し、非常持ち出し品を備えておきましょう。緊急時はマニュアル通りにはいきません。いざという時にどのような行動をとるのか。冷静な判断ができるように普段から考えておき、そして「自分は大丈夫だろう」と楽観視しないよう注意してください。「自助」の心構えが、命を守る行動へとつながるのです。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

仙波 誉子さん
防災士

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年5月1日 半田 望さん
弁護士
「働き方改革」で病気の治療と仕事の両立は実現できるか?
労働者人口の減少や労働構造の変化により、将来的な労働力の不足が懸念される中、政府は「働き方改革」の実現に向けて各種の施策を打ち出しています。その中には、病気の治療でフルタイムの勤務は困難だが、時間短縮や在宅勤務などのフレキシブルな働き方のニーズを実現することも含まれていますが、まだまだ課題は残されています。今回は政府の「働き方改革」における仕事と病気の治療との両立が実現できるのか、について考えます。
2019年4月30日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
五月病にならないために気を付けるべきこととは?
今年のゴールデンウイークは10連休というかつてないほどの長い休みになります。ゴールデンウイーク明けに起こりやすい五月病ですが、例年より長い分、その発生を危惧する声も上がっています。五月病というのはどういう状態で起こるのでしょうか。また五月病にならないために気を付けるべきことはどんなことなのでしょうか。
2019年4月29日 髙木理恵さん
介護施設コンサルティング
高齢者の車の運転事故と免許返納を家族全員で考える
高齢者が運転する車によって引き起こされる事故が後を絶ちません。高齢者の免許返納については身内である家族全員で考えることが重要です。
2019年3月29日 池内宏征さん
司法書士
認知症対策であり遺言機能もある家族信託は遺言とどう違うのか?
自身の財産に関して生前に何も対策をしていない場合、相続人は法定相続分という法律で決まっている割合で遺産分けをすることになります。これに対して、法定相続分と異なる配分で遺産分けをしたい場合、遺言書の作成もしくは認知症対策にもなる家族信託契約をする必要があります。家族信託と遺言はどこが違うのでしょうか?

テーマ