JIJICO

庄司 英尚さん

社会保険労務士

雇用調整助成金の厳格化で解雇トラブル増える?

2013年9月17日

雇用調整助成金、リーマンショック前の通常時の基準に

雇用調整助成金の厳格化で解雇トラブル増える?厚生労働省は、今年の12月から雇用調整助成金の支給を厳格化し、リーマンショック前の通常時の基準に戻すことを発表。雇用調整助成金は、リーマンショック後の急激な雇用情勢の悪化により支給基準が大幅に緩和されましたが、その後、時代の流れとともに徐々に厳しくされ、ほぼ元の基準に戻ることになりました。これまで緩和されていた基準に助けられてきた中小企業は、他の中小企業支援策の縮小傾向もあいまって経営危機に陥る恐れもあり、地域経済にも大きな影響を与えることになるかもしれません。

雇用調整助成金は、不況時に従業員を解雇せずに一時的な休業にとどめた企業に対して、休業手当の一部を国が補填するという制度です。現在、数多くの企業が利用しており、12月から改正される内容について把握しておく必要があります。

解雇される人が増加し、解雇トラブルを招く

これまで、企業は従業員を休ませて雇用調整助成金をもらい終えた後、すぐに次の雇用調整助成金を求めることが可能でした。しかし、改正される12月からは、いったん雇用調整助成金を受け取った企業は、支給が終了してから1年間は再度の申し込みができなくなります。業績が回復せずに雇用維持が厳しい中でも、この助成金制度になんとか支えられていた中小企業も多くありますが、支給基準が厳しくなってしまえば「解雇するしかない」と安易に考えてしまう経営者もいるでしょう。そうなれば解雇される人が増加し、解雇トラブルを招くことも予測されます。

解雇トラブルを防ぐため、まずは4要件の理解を

中小企業においては、労務リスク対策ができていないところも少なくありません。まずは、解雇に関する基本的な知識を押さえておくことが大切です。今回のような業績悪化によっての人員整理のための解雇(整理解雇)には、基本の4要件があり、それらを満たしていない解雇は原則として無効と判断されることがあります。その4つの要件とは(1)人員整理の必要性(2) 解雇回避努力義務の履行(3)被解雇者選定の合理性(4)解雇手続の妥当性です。仮に解雇するとしても、これらの4つの要件を理解し、できる限りのことを行った上で専門家に細かいところまで相談しながら慎重に進めることが、トラブルを未然に防ぐために重要といえるでしょう。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

庄司 英尚さん
社会保険労務士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2019年10月11日 小川芳夫さん
ファシリテーター
台風や豪雨などの災害に備える働き方を考えてみませんか?
台風15号で、首都圏、特に千葉県では大きな被害が出ました。台風や地震など、大きな災害は毎年のように発生しています。台風や豪雨などの災害に備える働き方を考えてみませんか?考える際のヒントを提案させていただきます。
2019年9月26日 室岡宏さん
社会保険労務士
“命と心を守る”カスタマー・ハラスメント対応のポイント!
命と心を疲弊させるカスタマー・ハラスメント!従業員の命と心を守り誰もが働きやすい 職場環境を持続させるためには、理念作りから組織実践、メンタルヘルスケアまでをトータルした 総合対策が必要です!
2019年9月20日 小川芳夫さん
ファシリテーター
企業の生産性向上のためには従業員に焦点を当てるべき理由
従業員体験(Employee Experience)を向上させると生産性が向上するという研究があります。海外企業では、従業員に焦点を当て従業員体験を向上させるケースが増えています。ファシリテーターの観点から、実例を交えて具体的な対応を提案します。
2019年8月30日 小川芳夫さん
ファシリテーター
新入社員の離職防止に役立つファシリテーションとは何か?
新入社員の入社3年以内離職率は一貫して3割から4割程度で推移しています。企業にとっては喫緊の課題ですが、ファシリテーションをうまく活用することで、新入社員の離職防止に役立つかもしれません。

テーマ