JIJICO

仙波 誉子さん

防災士

竜巻発生時、命を守る安全な避難場所は?

2013年9月25日

「竜巻注意情報」が発表されたら、まずは空の様子に注意

竜巻発生時、安全な避難場所は?今年は竜巻が相次いで発生し、短時間で住民や建物に大きな被害をもたらしました。竜巻は日本の各地で季節を問わず、台風、寒冷前線、低気圧に伴って発生します。また、地球温暖化の影響で、竜巻が起きやすい気象条件が増えているという予測もあります。

竜巻の可能性が生じた場合、発生の数時間前に「雷注意報」、そして1時間前までには「竜巻注意情報」が発表されます。「竜巻注意情報」が発表されたら、まずは空の様子に注意してください。

■空が急に真っ暗になる。
■雷鳴が聞こえたり、雷光が見えたりする。
■ヒヤッとした冷たい風が吹き出す。
■大粒の雨やヒョウが降り出す。

発達した積乱雲が近づく兆候が見えたら、直ちに身の安全を確保してください。特に、高齢者や子どもと一緒の場合や、大勢の人が集まる屋外イベントの最中、高所・クレーン・足場などでの作業中は、早目に避難するようにしましょう。竜巻の発生を確認したら、竜巻を見続けたりしないで、すぐに身を守るための行動をとることが先決です。

屋内にいる場合は丈夫な机の下や浴槽の中に避難

【屋内にいる場合】

■雨戸・シャッター・窓・カーテンを閉め、窓から離れる。
■地下室や建物の最下階で、できるだけ家の中心部に近い、窓のない部屋に移動する。
■部屋の隅・ドア・外壁から離れる。
■丈夫な机の下や浴槽の中に身を隠し、両腕で頭と首を守る。

【屋外にいる場合】

■近くのマンション・オフィスビルなどの鉄筋コンクリート造りの丈夫な建物に避難する。車庫・物置・プレハブを避難場所にしない。
■避難できる建物が無い場合は、近くの水路やくぼみなど、なるべく狭い所に身をふせ、両腕で頭と首を守る。
■飛来物に注意する。電柱・太い樹木・窓ガラスが多いビルなどには近づかない。

竜巻など激しい突風を即時的に予報する「竜巻発表確度ナウキャスト」が気象庁のホームページで提供されています。あらかじめ見方を確認しておいて、いざという時に活用しましょう。竜巻は、非常に早いスピードで近づいてきます。いざ竜巻が近づいた時にとっさに行動できるように、日頃からシュミレーションしておくことが肝要です。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

仙波 誉子さん
防災士

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年7月23日 金子 清隆さん
ITコンサルタント セキュリティコンサルタント
乱立するキャッシュレス決済に潜むリスクと安全な利用に向けた注意点
キャッシュレス決済による利便性が高まる一方、その利用は常にリスクに晒されています。事業者によるセキュリティ対策だけでなく、利用者も自衛手段を行うことで安心・安全な利用が可能となります。
2019年7月19日 笠原拓さん
システム開発者
パソコンが苦手な人の抵抗感を克服するにはどうすれば良いか?
パソコンが苦手で使うことに抵抗感を感じる方は多いですが、実は日常の中で何気なく使っているものでもITツールは多いのです。パソコンへの苦手意識をなくし使いこなすにはどうすればいいか、システムエンジニア出身が教えます。
2019年7月13日 田村 兼人さん
獣医師
ペットに健康で長生きしてもらうために心掛けること
栄養環境、生活環境、医療環境などの向上によりペットの平均寿命は延び続けています。高齢化するペットがより健康に長生きするために、私たちはどのようなことに心がければ良いか。獣医師が解説します。
2019年6月14日 笠原拓さん
システム開発者
インターネット上の情報の取捨選択はどうすれば良いのか?
インターネット上で情報が溢れる時代に本当に必要な情報を取得するには?求められるITリテラシーとは何か。システムエンジニア出身が教えます。

テーマ