JIJICO

庄司 英尚さん

社会保険労務士

同性へのセクハラ、意外なNGワードは?

2013年10月7日

同性間の言動もセクハラに該当。厚労省が指針

同性へのセクハラ、意外なNGワードは?セクハラといえば、一般的には男性から女性に対するもの、というイメージが思い浮かびます。しかしながら、同性間の性的な言動も、相手が不快に思うようであればセクハラに該当します。無意識のうちにセクハラを繰り返していて、忘れたころに急に訴えられたりすることのないよう、基本的な知識は身につけておかなければなりません。

このたび、厚生労働省は、セクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)が異性に対する言動だけではなく、同性に対するものも含まれることを同省の指針に明記する方針を固めました。今まで以上に同性に対するセクハラ問題が表面化する可能性があります。

「男のくせに…」「女性なんだから…」もセクハラ発言

「同性に対しての言動もセクハラに」といわれても、ピンとこないかもしれません。しかし、何気ない会話がセクハラになっていることがあります。普段、このようなワードを発していませんか?

「男のくせに…」
「男らしくない」
「女性なんだから…」
「ホモの〇〇さん」
「初体験はいつ?」
「最近、奥さんとはどう?」
「今日も風俗行くぞ」
「子づくりの予定は?」

同性間のセクハラの事例としては、「猥褻な雑誌を見せること」「自分の性の話を聞かせること」「性経験を尋ねること」「裸おどりをさせること」「風俗店に執拗に誘うこと」「抱きついたり、体に触れたりすること」「子どもの予定について執拗に聞くこと」などが挙げられます。受け手が不快に思えば、それはセクハラです。できる限り、そのような言動は慎むのが良いでしょう。

個人が注意するのはもちろんのこと、会社もセクハラに関する研修や相談窓口を充実させ、快適な職場環境をつくるように努力することが求められます。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

庄司 英尚さん
社会保険労務士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2019年10月11日 小川芳夫さん
ファシリテーター
台風や豪雨などの災害に備える働き方を考えてみませんか?
台風15号で、首都圏、特に千葉県では大きな被害が出ました。台風や地震など、大きな災害は毎年のように発生しています。台風や豪雨などの災害に備える働き方を考えてみませんか?考える際のヒントを提案させていただきます。
2019年9月26日 室岡宏さん
社会保険労務士
“命と心を守る”カスタマー・ハラスメント対応のポイント!
命と心を疲弊させるカスタマー・ハラスメント!従業員の命と心を守り誰もが働きやすい 職場環境を持続させるためには、理念作りから組織実践、メンタルヘルスケアまでをトータルした 総合対策が必要です!
2019年9月20日 小川芳夫さん
ファシリテーター
企業の生産性向上のためには従業員に焦点を当てるべき理由
従業員体験(Employee Experience)を向上させると生産性が向上するという研究があります。海外企業では、従業員に焦点を当て従業員体験を向上させるケースが増えています。ファシリテーターの観点から、実例を交えて具体的な対応を提案します。
2019年8月30日 小川芳夫さん
ファシリテーター
新入社員の離職防止に役立つファシリテーションとは何か?
新入社員の入社3年以内離職率は一貫して3割から4割程度で推移しています。企業にとっては喫緊の課題ですが、ファシリテーションをうまく活用することで、新入社員の離職防止に役立つかもしれません。

テーマ