JIJICO

山口 里美さん

司法書士

広まる終活、最期の時までにやるべき5つのこと

2013年11月5日

家族の死。悲しむ間もなく押し寄せる様々な手続き

広まる終活。最期の時までにやるべき5つのこと最近は、エンディングノートの普及とともに、「終活」という言葉さえ違和感が無くなりました。超高齢社会に突入した日本にとって「どのように人生を終えるか」は、今後最も注目されるテーマの一つです。

私も16年前に元気だった父を突然亡くしました。悲しむ間もなく押し寄せたのは、様々な手続き。誰に亡くなったことを伝えたら良いのか?口座はどこにあるのか?借入金などはあるのか?など。それこそ、残された家族全員が家の中を探し回る状態でした。だからこそ、これだけはやっておいてほしいことがよくわかります。

家族のために、やっておきたい5つのこと

1、交友関係をまとめる。

万が一の時、誰に葬儀の連絡をすれば良いのかは、残された家族が最初に困ることです。どの団体に属していたのか、誰と頻繁に会っていたのか、連絡先をまとめておくのが良いでしょう。

2、財産の記録を残す。

これも、相続人にとって、とても大切な事柄。特に借入金はリストを作成しておくと、残された家族の負担を軽減することができます。また、口座はどこにあるのか、保険には加入しているのかなど、あなたの総財産を思い出してまとめておくと、災害時などにも役立ちます。暗証番号やIDなども、保管には注意してできればまとめておきたいものです。

3、お気に入りの写真を残しておく。

一人暮らしの人が亡くなった際、遺影を探すのに大変苦労します。普段から旅行などの写真も小まめに整理しておき、お気に入りの一枚は取り分けておくことをオススメします。

4、もしもの時、どうしてほしいのか記す。

どのような葬儀を行ってほしいのか、お墓を誰に守ってほしいのか、本当は思いがあるはず。普段はなかなか言えないことを、自分の意志として残すことが大切です。

5、誰に自分の財産を託したいのか決める。

これは、相続人にとって、最も重要なことです。最後の意思が明らかでないがために、骨肉の争いが始まることもしばしば。誰に何を託したいのかを明確に記しておきましょう。

遺言の前にエンディングノートの活用を

本来、自分の意思を法的に残すには「遺言」を作る必要があります。しかし、いきなりの遺言作成はハードルも高いもの。そこで、エンディングノートの活用をオススメします。気楽に自分自身と向き合い記すことで、気づいてない家族への思いを発見することもあります。家族に負担をかけないようにするため、そして、自分が残された人生をよりよく生きるため、まずは書き始めてみることです。そして、年末年始などの家族が集まる際にも、自分の思いを少しずつ伝えていくことが大切です。

このコラムを書いた専門家に質問できます

山口 里美さん
司法書士

「くらし」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ