JIJICO

鎌田 孝さん

利酒師

ボージョレ、おいしく飲むコツは小ぶりなグラス

2013年11月12日

ボージョレヌーボーの魅力は、毎年の出来栄えに違いがあること

ボージョレ、おいしく飲むコツは小ぶりなグラス11月第3木曜日は、ワイン好きには避けては通れない恒例行事ともいえる「ボージョレヌーボー」の解禁日です。ボージョレーヌーボーとは、9月の初めにフランス中東部のブルゴーニュ地方のボジョレー地区で収穫された「ガメイ」というブドウ品種でつくられた、早飲みタイプの新酒の赤ワインのことです。「ボジョレー」と発音表記で別の言われ方もしますが、どちらも間違いではありません。世界中で最も早く解禁日を迎えるのが、時差の関係で日本です。さらに、ボジョレー地区で生産されるヌーボーを世界で最も輸入消費するのも日本です。毎年、恒例の解禁日を世界中のワイン党がわくわくしながら待ちわびています。

ボージョレヌーボーの魅力。それは、毎年の出来栄えに違いがあることです。気候の変化で素材となるブドウの出来栄えが大きく左右され、その品質が直にワインの出来栄えに影響します。その仕上がり具合を確かめるのもボージョラー(ボージョレーヌーボ好き)にとって、大いに興味の沸くところです。

今年は、大当り年の2009年に匹敵するほど期待できる?

ちなみに2003年は100年に一度の最高の当たり年で、近年では2009年、2010年、2011年と50年に一度の大当り年が続きました。

それでは、今年2013年はどうなのでしょう?世界中で異常気象が続く中、2013年のボージョレー地区は良い天気に恵まれ、ブドウの出来は2009年に匹敵するほど期待できるともいわれています。しかし、残念ながらワインの価格は円高の影響で若干値上がり傾向気味です。

グラスは小ぶりで。軽めの味付けの料理とのマリアージュを

「ヌーボー」とはフランス語で「新しい、新鮮」という意味です。名の通り、熟成した深い味わいより、フレッシュなフルーティーさと生き生きした躍動感を楽しむワインです。ボージョレー地区以外でもヌーボーと名の付く白ワインや赤ワインなどが同じ時期にいっぱい発売されますが、共通している点はフレッシュさです。

「香り」より「若さ」を楽しむのが主流なので、ワイングラスは大きいサイズより小ぶりなグラスの方が適しています。飲み頃の温度としては12度から15度前後が適当です。さらに、心地よい酸味と軽快でコンパクトな渋みのバランスを味わいながら、旬の素材を使った料理とのマリアージュを堪能しましょう。この手のワインとのマリアージュのポイントは「軽めの味付け」です。それは、味が濃過ぎるとヌーボーの味わいが消えてしまうからです。秋の野菜の「かぼちゃ」や「じゃがいも」を使った煮付け物や、白身魚を使ったカルパッチョ、チーズ系ならナチュラルチーズやカマンベールチーズなどの軽いテイストを選ぶと良い相性を生み出します。この時期にしか飲めない「旬」のワインです。自分なりに自由に出来栄えを評価しながら家族や友だちと気軽に楽しんでください。

このコラムを書いた専門家に質問できます

鎌田 孝さん
利酒師

無料で相談してみる

「くらし」のその他の記事

2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。
2017年7月19日 五十嵐 かほるさん
イメージコンサルタント・ファッションプロデューサー
本格的な夏到来 加齢臭の10倍臭いと言われるミドル脂臭にご注意を!
「オトコ臭?」「ミドル脂臭?」体臭に気を配る男性へ!良い汗をかくことや食生活で「汗腺機能」を高めることに注力も!そして、一人で気にしていないで社内全員での臭い対策も提案してみては?
2017年7月18日 田中 正徳さん
次世代教育プランナー
子供向けのプログラミング教室活況!なぜ今子供にプログラミング?
プログラミングが2020年度から小学校で必修となるということで、すでに習いごと教室では活況を呈しています。論理性が養われるというのも人気の理由ですが、それだけでないプログラミングを学ぶことの恩恵について解説。
2017年7月18日 神野 沙樹さん
社会保険労務士
使い切れなかった有給休暇を会社に買い取ってもらうことは可能か?
働き始めると一度は意識したことがあるであろう「有給休暇」。有給休暇をすべて取得できる職場もあれば、全く取れない職場もあるという現実のなか、「有給休暇を使いきれなかったので、その分お金をください」ということは認められるのでしょうか。
2017年7月17日 岸本 貴史さん
人事労務コンサルタント、社会保険労務士
テレワーク・デイを7月24日に実施。働き方改革につながるか?
テレワーク・デイは、2020年の東京五輪を契機とした「働き方改革の実現へ向けた国民運動」です。企業はテレワークを活用することで、人材の確保や生産性の向上が期待できますが、実施に向けては事前に問題・課題の検討も必要です。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ