JIJICO

明石 久美さん

ファイナンシャルプランナー

相続増税を前に今から知っておくべきこと

2013年11月26日

基礎控除が下がり、相続税を納めなければならない人が増加

相続増税を前に今からしておくべき対策平成27年1月1日以降の相続について、相続税の税率改定や基礎控除の縮小など課税が強化され、課税遺産額2億円以上は増税となります。しかし、それよりも、相続財産から控除できる基礎控除が今までよりも下がることの方が影響は大きいといえます。なぜなら、相続税を納めなければならない人が増加するからです。

現在の基礎控除は、「5000万円+1000万円×法定相続人の数」 ですが、今後は「3000万円+600万円×法定相続人の数」 となり、40%の縮小となります。妻と子2人の合計3人が法定相続人の場合、現在の基礎控除8000万円が4800万円に下がるため、今まで相続税がかからなかった人も今後は税金を納めなければならないかもしれません。

特例利用の手続きは10か月以内。揉め事があると間に合ないことも

ただ、相続税の申告をする際に、自宅などの不動産の評価を80%下げる小規模宅地の特例や、配偶者の税額軽減の特例(1億6千万円まで無税)の利用などによって、相続税がかからなくなることもあります。

これらの特例を利用するには、相続税の申告期限(相続の開始を知った日の翌日から10か月以内)までに、手続きを行わなければなりません。もしも、相続人の間で遺産の分け方で揉めてしまったら、期限までに間に合わず、特例を利用することができなくなることもありえます。そうなると、とりあえず法定相続分で分割したものとして、予定外に10か月後に納税資金が必要になることも考えられます。

延納や物納という制度もありますが、こられの制度を活用するにあたっても事前準備がいりますので、揉めごとが起きてしまったら、やはり現金を準備するしかありません。もちろん、その後に遺産分割が決まれば、特例を利用した申告をすることにより、納めすぎた相続税が還付されることもあります。

まずは相続税の対象になるのかどうかを把握して対策を

葬儀や納骨、法要、各種手続きなど、死後に行うことは多くあります。10か月は意外とあっという間ですので、ささいな揉め事でも起こってしまえば、物事がスムーズに運ばなくなります。

だからこそ、相続人の負担を減らすためにも、ある程度の対策をしておくことが重要です。まずは、相続税の対象になるのかどうか、特例を利用すれば相続税がかからなくなるのかどうかを把握しましょう。その上で、不動産を整理したり、遺言書を作成したり、生命保険を活用して納税資金を準備したりするなどの対策を行ってください。当然、すぐにできるものばかりではありません。相続税が増税される前の今の時期から早め早めに行いましょう。

専門家に相談してみよう!

明石 久美さん
ファイナンシャルプランナー

この専門家について

執筆記事一覧

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「お金」のその他の記事

2018年1月22日 山崎 雅夫さん
仲人
解決!アスクミー JIJICO
「親の代理婚活」を考える!増加の理由や落とし穴は?
結婚相手との出会いとは、どんな出会いの形でも良いのです。たとえ親が見つけた相手でも。結婚相手との出会いはすべてが奇跡なのです。
2018年1月21日 白木 麗弥さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
選択的夫婦別姓の行方はどうなる?「姓」とは結局何かという話
現在の制度では、結婚するとき、離婚するときにどちらの姓を名乗るべきか悩む場面がゼロではありません。海外では選択的夫婦別姓が主流になりつつあるなか、日本ではどうなってゆくのでしょうか。
2018年1月20日 加藤 豊さん
不動産コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
長期間住んでいる部屋、家賃の値引き交渉をしたいがどうすればよい?
同じ賃貸住宅に長く住む人にとって、今は家賃の減額交渉がしやすい環境にあります。交渉ノウハウや考え方を知って、快適な暮らしを手に入れましょう。
2018年1月19日 泉田 裕史さん
税理士
解決!アスクミー JIJICO
ふるさと納税、今後も争奪戦は続くのか?2018年の動向を考察!
すっかり定着した感がある「ふるさと納税」ですが、2017年4月に総務省から高額返礼品の自粛が要請されました。2018年はどうなるのでしょうか?

テーマ