JIJICO

高橋 和子さん

整理収納・片づけプロモーター

爆発火災を防ぐスプレー製品の安全な破棄方法

2014年1月16日

ごみ収集車や廃棄物処理施設火災の約7割はスプレー缶類が原因

爆発を防ぐスプレー製品の安全な破棄方法先日、品川区の路上で、ごみ収集車が激しく炎上するというショッキングな火災事故が起きました。出災原因は、ごみとして捨てられたスプレー缶の爆発によるもの。東京消防庁によれば、ごみ収集車や廃棄物処理施設火災の約7割は、スプレー缶類が原因とのことです。爆発火災を防ぐためには、捨てる側の私たちがスプレー缶(エアゾール缶)・ガスボンベの安全な破棄方法を守らねばなりません。

スプレー製品は、液化石油ガスやジメチルエーテルなどの可燃性の高圧ガスを噴射剤として使用しているため、使い切っていないスプレー缶をそのまま捨てると火災の原因になります。身の周りは、たくさんのスプレー製品に囲まれています。ヘアスタイリング剤や消臭スプレー、寒い時期は鍋料理で大活躍のガスボンベなどが代表的なものです。どれも生活に欠かすことはできません。

ガスが残っている場合は必ず中身を出し切ってから破棄

破棄するときは、噴射ボタンを押して、「シューと音がしない」「振ってシャカシャカ音がしない」を確認します。ガスが残っている場合は、引火による火災を防ぐため、必ず火気のない、風通しの良い屋外で、噴射ボタンを断続的に押して中身を出し切ってください。ティッシュや新聞紙に吹き付けることで、周囲への飛散を軽減します。残存量が多い場合は、メーカーのお客様相談室に問い合わせましょう。

スプレー缶には、捨てる前に少量残ったガスを抜く「ガス抜きキャップ(残ガス排出用)」が装着されています。各々の製品で排出法が違いますので、製品表示を確認してください。ガス抜きキャップも火気のない風通しの良い屋外で使用します。なお、ガスボンベには付いていませんので、必ず使い切ってから破棄するようにしてください。

また、自治体によっては、スプレー缶に穴を開けて破棄する場合がありますが、穴開けの際に可燃性の高圧ガスが噴出し、火災事故が報告されています。破棄の際の穴開けが必要かどうかは自治体により異なりますので、事前に確認しましょう。

空気が乾燥して火災が増える今の時期。スプレー缶・ガスボンベの安全な破棄が、火災を未然に防ぐことにつながります。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

高橋 和子さん
整理収納・片づけプロモーター

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年7月31日 中原 崇さん
社会福祉士
共働きが当たり前の時代に心がけたい夫婦円満の秘訣について
共働きの広がりとともに、身の回りは便利なものが格段に増えました。便利な物も活用しながら夫婦間でコミュニケーションをとり、完璧な家庭生活から解放されることが、時には共働き夫婦に必要です。
2019年7月23日 金子 清隆さん
ITコンサルタント セキュリティコンサルタント
乱立するキャッシュレス決済に潜むリスクと安全な利用に向けた注意点
キャッシュレス決済による利便性が高まる一方、その利用は常にリスクに晒されています。事業者によるセキュリティ対策だけでなく、利用者も自衛手段を行うことで安心・安全な利用が可能となります。
2019年7月19日 笠原拓さん
システム開発者
パソコンが苦手な人の抵抗感を克服するにはどうすれば良いか?
パソコンが苦手で使うことに抵抗感を感じる方は多いですが、実は日常の中で何気なく使っているものでもITツールは多いのです。パソコンへの苦手意識をなくし使いこなすにはどうすればいいか、システムエンジニア出身が教えます。
2019年7月13日 田村 兼人さん
獣医師
ペットに健康で長生きしてもらうために心掛けること
栄養環境、生活環境、医療環境などの向上によりペットの平均寿命は延び続けています。高齢化するペットがより健康に長生きするために、私たちはどのようなことに心がければ良いか。獣医師が解説します。

テーマ