JIJICO

高橋 和子さん

整理収納・片づけプロモーター

爆発火災を防ぐスプレー製品の安全な破棄方法

2014年1月16日

ごみ収集車や廃棄物処理施設火災の約7割はスプレー缶類が原因

爆発を防ぐスプレー製品の安全な破棄方法先日、品川区の路上で、ごみ収集車が激しく炎上するというショッキングな火災事故が起きました。出災原因は、ごみとして捨てられたスプレー缶の爆発によるもの。東京消防庁によれば、ごみ収集車や廃棄物処理施設火災の約7割は、スプレー缶類が原因とのことです。爆発火災を防ぐためには、捨てる側の私たちがスプレー缶(エアゾール缶)・ガスボンベの安全な破棄方法を守らねばなりません。

スプレー製品は、液化石油ガスやジメチルエーテルなどの可燃性の高圧ガスを噴射剤として使用しているため、使い切っていないスプレー缶をそのまま捨てると火災の原因になります。身の周りは、たくさんのスプレー製品に囲まれています。ヘアスタイリング剤や消臭スプレー、寒い時期は鍋料理で大活躍のガスボンベなどが代表的なものです。どれも生活に欠かすことはできません。

ガスが残っている場合は必ず中身を出し切ってから破棄

破棄するときは、噴射ボタンを押して、「シューと音がしない」「振ってシャカシャカ音がしない」を確認します。ガスが残っている場合は、引火による火災を防ぐため、必ず火気のない、風通しの良い屋外で、噴射ボタンを断続的に押して中身を出し切ってください。ティッシュや新聞紙に吹き付けることで、周囲への飛散を軽減します。残存量が多い場合は、メーカーのお客様相談室に問い合わせましょう。

スプレー缶には、捨てる前に少量残ったガスを抜く「ガス抜きキャップ(残ガス排出用)」が装着されています。各々の製品で排出法が違いますので、製品表示を確認してください。ガス抜きキャップも火気のない風通しの良い屋外で使用します。なお、ガスボンベには付いていませんので、必ず使い切ってから破棄するようにしてください。

また、自治体によっては、スプレー缶に穴を開けて破棄する場合がありますが、穴開けの際に可燃性の高圧ガスが噴出し、火災事故が報告されています。破棄の際の穴開けが必要かどうかは自治体により異なりますので、事前に確認しましょう。

空気が乾燥して火災が増える今の時期。スプレー缶・ガスボンベの安全な破棄が、火災を未然に防ぐことにつながります。

専門家に相談してみよう!

高橋 和子さん
整理収納・片づけプロモーター

この専門家について

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2017年8月22日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
死後離婚を選ぶ人が増えているワケ
死後離婚という言葉を最近よく耳にします。死後離婚とはどういうものなのか、また死後離婚を選ぶ人が増えているワケについて解説します。
2017年8月22日 平松 幹夫さん
マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
子どもに身につけさせたい食事のマナー どのように教えたらいいか?
古今東西「生きることは食べること」ですが、三つ子の魂100までの例え通り、長い人生をより良く生きるには幼い頃からの食べ方の躾は必要不可欠です。
2017年8月21日 成澤 紀美さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
働き方改革でも副業・兼業を推進へ 企業が導入するためには何が必要か?
副業・兼業については「働き方改革」でも推進する方向にありますが、これらを導入するために何が必要なのか考えてみる必要があるようです。
2017年8月21日 中原 崇さん
社会福祉士
解決!アスクミー JIJICO
身内の暴力を隠す傾向にあるのは女性だけか?
身内からの暴力に耐えかねる場合は、その苦しみを声に出すべきですが、手段は警察への通報だけではありません。また、男性に対しての支援も欠かせない課題です。
2017年8月20日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
減らない高齢者を狙う特殊詐欺!被害防止の方法は?
被害の7割を高齢者が占める特殊詐欺。社会弱者を標的にする卑劣な犯罪は、年をを追うごとに増え続けています。私たちにできる防止策はあるのでしょうか?
2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。
2017年8月18日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
18歳成人法案国会提出へ 問題は無いのか?
成人を18歳に引き下げる民法改正案が出される見込み。未成年者として保護される年齢が引き下げられ、若者の負担や危険が大きくなりかねない懸念も。
2017年8月17日 早川 弘太さん
健康コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
健康食品やトクホで健康トラブル!?健康食品の適切な摂取について
「健康のために」摂取していた健康食品で実は自分のカラダが害されていたら…そんなことが現実におこっています。注意したい点をご紹介します。

テーマ