JIJICO

小黒 健二さん

シューフィッター

靴を履きながら「はだし教育」ができる靴選び

2014年1月17日

感覚器としての足を育み、機能を高める「はだし教育」

靴を履きながら「はだし教育」ができる靴選び「足」は運動器としてはもちろん、感覚器としての役割も担っています。特に足裏からの刺激を伝える感覚器を育てることは、運動器としての足の機能を高めるためにも、とても大切なことです。足裏からの刺激によって床や路面の状況を把握するほか、傾斜や滑りやすさなど、状況に対する認識が目からの視覚情報とともに脳に伝達されます。脳内での判断を通じて、適切な動きとして動作にいたります。

感覚器としての足の機能を育むために、素晴らしい役割を果たしているのが「はだし教育」。 「硬い、柔らかい、滑りやすい、崩れやすい、熱い、冷たい、痛い」など、足裏から感覚的な情報を受け取ることで、適切な動作へと導き、運動器としての足の総合的な機能を飛躍的に高めることができます。この教育方法は、感覚と動作の良い関係を育んでくれるため、注目されています。

脱ぎ履きが簡単な靴や過度なクッション性を追い求めた靴は避ける

いつも「はだし」でいるわけにはいきませんので、靴を履きながらにして「はだし教育」ができることが理想です。それを実現するには、足の指先を自由に動かすための1㎝弱の余裕寸を確保しながら、足の甲で靴と足が一体化する構造を持った靴が望まれます。また、足首や踵を安定させるために、踵周りがしっかりとした靴を選ぶことも重要です。

脱ぎ履きが簡単な靴や、過度なクッション性を追い求めた靴は、足の感覚器としての役割を阻害し、健全な運動器としての発育を妨げます。その結果、「歩きたがらない」「疲れやすい」「転びやすい」という体の自立ができない子どもが増えてしまう恐れがあるのです。

「踏ん張れない」「体が安定しない」という子どもが増加

足の指先には、足首や体を支えるための「踏ん張る力」が求められます。しかし、最近の子どもたちには「浮指」といって、「足指の力が弱くて踏ん張れない」「体が安定しない」という現象や、外反母趾が増えています。原因としては、「足の指先を閉じ込めてしまうようなスリムな靴」「足首や踵(かかと)をしっかりと安定させて、つま先に余裕を確保することができない構造の靴」を履いていることが挙げられます。

日本では、子どもに正しい歩き方を啓蒙指導する機会がほとんどありません。そもそも正しい靴の履き方について誰も意識を払っていないからではないしょうか?今後、足を束縛しない正しい靴選びと、正しい歩き方を学べる場が必要になってくると思います。

専門家に相談してみよう!

小黒 健二さん
シューフィッター

この専門家について

執筆記事一覧

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「美容・健康」のその他の記事

2018年1月23日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
ソニーのペット型ロボット「aibo」の「かわいさ」とは?ロボットを「かわいい」と思う心理とは?
ソニーが再びイヌ型ペットロボットを発表しました。心理学的にロボットと人間をわける「不気味の谷」というものがあるようですが、これを乗り越えられるかが話題になっています。このaiboにせよソフトバンクのペッパー君にせよ、わたしたちがロボットを「かわいい」と思う、感じるという心理はあるように感じますが、その心理はどういったところに起因するのでしょう?
2018年1月22日 山崎 雅夫さん
仲人
解決!アスクミー JIJICO
「親の代理婚活」を考える!増加の理由や落とし穴は?
結婚相手との出会いとは、どんな出会いの形でも良いのです。たとえ親が見つけた相手でも。結婚相手との出会いはすべてが奇跡なのです。
2018年1月21日 白木 麗弥さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
選択的夫婦別姓の行方はどうなる?「姓」とは結局何かという話
現在の制度では、結婚するとき、離婚するときにどちらの姓を名乗るべきか悩む場面がゼロではありません。海外では選択的夫婦別姓が主流になりつつあるなか、日本ではどうなってゆくのでしょうか。
2018年1月20日 加藤 豊さん
不動産コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
長期間住んでいる部屋、家賃の値引き交渉をしたいがどうすればよい?
同じ賃貸住宅に長く住む人にとって、今は家賃の減額交渉がしやすい環境にあります。交渉ノウハウや考え方を知って、快適な暮らしを手に入れましょう。

テーマ