JIJICO

栗栖 佳子さん

コミュニケーションコーチ

承認欲求は悪?満たして伸ばす子育て術

2014年1月24日

最近の若者は、承認欲求が強すぎる?

承認欲求は悪?満たして伸ばす子育て術「最近の若者は、承認欲求が強すぎるのでは?」との意見があり、否定的な風潮も見られますが、「承認欲求」は人間なら誰もが本来持っている欲求の一つです。具体的には、「仲間から大切に扱われたい」「認めてもらいたい」、また「仲間を認めたい」「仲間の才能を伸ばしたい」という欲求のことをいいます。アメリカの心理学者アブラハム・マズローによると、人はこの「承認欲求」が満たされないと、未来の夢や目標、自己実現に向かってチャレンジしようという欲求が生まれてこないそうです。つまり、若者を育成するためには、大人が若者の「承認欲求」を満たすコミュニケーションスキルを身につけなければなりません。

ダメ出しや指示命令では、承認欲求を満たせない

例えば、小学生の子どもが100点満点で60点のテストを持って帰ってきた場合、どのような言葉をかけるでしょうか?「どこが間違っていたの?次はもっとがんばりなさい!」と結果だけ追求するのと、「どうやって60点取れたのか教えてくれる?次のテストまでに何をすればいいと思う?」とチャレンジしたプロセスや小さな成長の変化にも目を向けてあげるのとでは、コミュニケーションの質が変わってきます。

前者のようなダメ出しや指示命令のメッセージでは、彼らの「承認欲求」を満たすことができません。それは、テストの結果がそのまま人間的な評価になっているからです。後者のメッセージから伝わってくるのは、子どもに対する無条件の温かい愛情です。子どもの可能性を信じ、心から応援するサポーターになっています。結果よりも、がんばったプロセスを承認されると自己肯定感が高まり、自分に対する自信が生まれ、生きる勇気がわいてきます。

「たくましさ」を持った人間になるには「自己承認力」が必要

子どもを承認するにあたっては、「存在」そのものを承認してあげることが重要です。「あなたがいてくれて本当にうれしい」など、存在の承認メッセージを言われて育った子どもは、「自分は大切な存在だ」という自己肯定感が心の中に芽生えます。反対に親からの愛情を感じないまま育つと、「自分は悪い」「自分は意味のない存在だ」という自己否定感が大きくなり、「自信」や「自己肯定感」が生まれてきません。

チャレンジし、失敗しても何度でも立ち上がる「たくましさ」を持った人間に育てるには、人から大切に扱われて「自分はこの世の中で大切な存在なのだ」と自分自身を信じられる「自己承認力」が必要なのです。

子どもや若者の育成に関わる大人が自分自身を承認することも

「自己承認力」を高めるために有効なのが、毎日「自分の良いところ」「素敵なところ」を10個ずつノートに書き出していく方法です。「花の名前をたくさん知っている」「妹にやさしい」など、本人は「これくらい当たり前」と思っていても、実は「スペシャルなこと」が山ほどあります。

人と比べたり、謙遜したりする必要はありません。子どもにありのままの自分を観察させて、言葉に出させるようにしてあげましょう。そうすれば、まわりの人の「良いところ」「素敵なところ」も見えてきます。誰かとペアになって、互いに相手の「良いところ」を伝えあうことも効果的です。

一人では、なかなか自己承認はできません。だからこそ、相手の存在を心から認め、励ますコミュニケーションが大切です。自己肯定感は、承認欲求が満たされて初めて心の中に育つもの。子どものころから自分を育ててくれる人たちに愛されることによって、身に付けることができる感情です。そして何より、子どもや若者の育成に関わる大人自身が自己肯定感を高めるために、自分を承認する必要があるといえるでしょう。

専門家に相談してみよう!

栗栖 佳子さん
コミュニケーションコーチ

この専門家について

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「教育」のその他の記事

2017年8月22日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
死後離婚を選ぶ人が増えているワケ
死後離婚という言葉を最近よく耳にします。死後離婚とはどういうものなのか、また死後離婚を選ぶ人が増えているワケについて解説します。
2017年8月22日 平松 幹夫さん
マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
子どもに身につけさせたい食事のマナー どのように教えたらいいか?
古今東西「生きることは食べること」ですが、三つ子の魂100までの例え通り、長い人生をより良く生きるには幼い頃からの食べ方の躾は必要不可欠です。
2017年8月21日 成澤 紀美さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
働き方改革でも副業・兼業を推進へ 企業が導入するためには何が必要か?
副業・兼業については「働き方改革」でも推進する方向にありますが、これらを導入するために何が必要なのか考えてみる必要があるようです。
2017年8月21日 中原 崇さん
社会福祉士
解決!アスクミー JIJICO
身内の暴力を隠す傾向にあるのは女性だけか?
身内からの暴力に耐えかねる場合は、その苦しみを声に出すべきですが、手段は警察への通報だけではありません。また、男性に対しての支援も欠かせない課題です。
2017年8月20日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
減らない高齢者を狙う特殊詐欺!被害防止の方法は?
被害の7割を高齢者が占める特殊詐欺。社会弱者を標的にする卑劣な犯罪は、年をを追うごとに増え続けています。私たちにできる防止策はあるのでしょうか?
2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。
2017年8月18日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
18歳成人法案国会提出へ 問題は無いのか?
成人を18歳に引き下げる民法改正案が出される見込み。未成年者として保護される年齢が引き下げられ、若者の負担や危険が大きくなりかねない懸念も。
2017年8月17日 早川 弘太さん
健康コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
健康食品やトクホで健康トラブル!?健康食品の適切な摂取について
「健康のために」摂取していた健康食品で実は自分のカラダが害されていたら…そんなことが現実におこっています。注意したい点をご紹介します。

テーマ