JIJICO

山口 里美さん

司法書士

起業するなら、どの業種が狙い目?

2014年1月29日

アベノミクスに対する期待感で景気回復に向けて明るい兆し

起業するなら、どの業種が狙い目?昨年末から、アベノミクスに対する期待感から株高が進み、景気回復に向けて明るい兆しが感じられるようになってきました。特に東京は、2020年オリンピック開催地にも選ばれ、今後7年間は活発な経済活動が行われます。長期にわたる設備投資が行われ日本経済が上昇気流に乗るように、景気は「気分」ですから、わくわく気分で国民の消費も増えることが期待されます。

起業をするなら、こういった景気回復傾向のタイミングを見計らう方が断然チャレンジしやすいといえるでしょう。

オリンピック開催も控え、建設・土木関連、観光業などが狙い目

司法書士の取引先の情報からも、建設と不動産に大きなビジネスチャンスを感じます。東日本大震災の復旧工事が、建設関連の人手不足と建設資材の価格上昇で遅れているうえに、オリンピック関連の施設建設が加わることには懸念も確かにあります。しかし、橋や公共施設など、全国的にも社会インフラのメンテナンスの必要性が高まっている時期です。長引く不況で多くの建設・土木会社が廃業しましたが、今後、現場を離れた建設・土木技術者が再登場することへの期待は高まり、建設・土木とその関連ビジネスでの起業は増えると予想されます。

オリンピックに関しては、インバウンドの観光客を対象とするビジネスにチャンスを感じます。具体的にはホテル・旅館などの宿泊施設、飲食業では和食が挙げられます。さらに、それらの企業の社員を対象としたマナー、英会話研修など、研修ビジネスも需要が高まるでしょう。

自治体や金融機関も「ベンチャー支援」の融資や補助金制度を拡大

また、相続税改正、消費税増税が迫るなど、世の中が変わるタイミングだからこそ起業のチャンスともいえます。各自治体や金融機関も、「ベンチャー支援」の融資や補助金制度を拡大しています。自分が起業する地域の情報を確認し、最大限に活用することをオススメします。

ただし、人や物が首都圏に集中するのに反し、地方では顧客数の減少が予想されます。首都圏以外での起業においては、首都圏とは違う判断が求められます。地方で起業する場合には、インターネットを活用し、離れていても首都圏と同じフィールドで戦える戦略が必要でしょう。あるいは、「地域に特化する特色あるサービスを提供する企業になる」と、業務を集約することが大切です。

全国的な好景気を味方に自分の強みを生かし、用意されている起業家へのメリットを活用しながら、「お客さまに喜ばれるサービス・アイデア」を提供していきましょう。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

山口 里美さん
司法書士

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2019年5月30日 酒井翔平さん
転職支援エージェント
会社と結婚するな、職能と結婚せよ
年功序列や終身雇用は成り立たなくなることが予想されます。会社に依存せず、自分にとって武器になるスキルを身につけることがこれからは必要。
2019年5月5日 岡部 眞明さん
経営コンサルタント
働き方改革が国を滅ぼす?中小企業がすべきことは
少子高齢化から人口減少社会に突入した日本。経済活動の縮小が懸念されるなか、働き方改革が人手不足に追い討ちをかけるかのように施行されました。こんなときこそチャンス!社員の心を動かせば・・・。
2019年4月24日 桑山裕史さん
結婚相談所
統計データに惑わされずに“シニア目線のニーズ”を掴む
シニアビジネスというと、数字的な市場の大きさに着目した言及が目立ちます。しかしながら『シニアが、何を望んでいるか』といったニーズを私たちは本当に理解できているのでしょうか。 多くのシニアと対面したからこそ理解できた“シニアの消費意欲”を具体的事例で紹介すると共に、真のニーズ理解の重要性について解説します。
2019年4月19日 酒井翔平さん
転職支援エージェント
若手社員がぜひ身につけたいスキルとは?
若手社員が会社から期待されるような人材になるにはどのようなスキルを身につければ良いのでしょうか?周りから出来るヤツと見られる、誰でもできるスピード重視の仕事術について解説します。

テーマ