JIJICO

出井 智将さん

人材コーディネーター

労働者派遣制度の再改正は労働者に不利?

2014年1月29日

派遣最長3年、見直しを決定

労働者派遣制度の再改正は労働者に不利?2014年1月29日、労働政策審議会は越年していた労働者派遣制度の見直しに関する報告書の建議を行いました。報告書での改正のポイントは、「(1)政令26業務と自由化業務などの業務区分の廃止」「(2)派遣労働者の就労期間の上限を3年に限定」「(3)派遣先の受け入れ期間の上限を3年に限定」「(4)特定派遣事業を一般派遣事業と同様、届け出制から許可制に一本化」などが主要な変更点となっています。そして、(2)の場合、派遣会社は3年超の派遣労働者に対して、「派遣先への直接雇用の依頼」「新たな派遣先の提供」「派遣元での無期雇用化」などの雇用安定措置を講じることとし、無期雇用の場合は上限を適用しないとしています。また、(3)では派遣先企業は労働組合などの意見を聞いた上で、同一業務の3年間の派遣継続を可能にすることも定められています。

この内容で改正が行われた場合、その労働者は同一の組織単位で3年以上就労する場合は、派遣先で直接雇用されるか、派遣元で無期雇用される必要があり、自分の働き方について考えなければなりません。また、同じ派遣元から別の派遣先に行った場合でも、改正された労働契約法によって有期労働契約が反復更新されて通算5年を超えたときは、派遣先は無期雇用化しなければならなくなっています(労働者の申し込みによる)。

「派遣労働者の保護」に向けて課題は多い

この改正によって、3年ごとに労働者を入れ替えれば同じ職場で派遣を使い続けられる、という意見もありますが、現状でも26業務(現行28業務)であれば派遣を使い続けられる状況となっており、改正されれば、派遣元も派遣労働者も同一の組織単位での期間制限明確化され、本改正の再改正論議の原点である「わかりやすい派遣法」を実現するものとなっています。

しかし、実際の派遣労働の現場から見て、まだまだ問題点も残っています。特に 「平成24年改正法」についてです。この法律は民主党政権で成立したものですが、「日雇い派遣禁止」や「離職後一年以内の派遣受入れ禁止」など、労働者の気持ちや地方の現場などのことを全く考量していない規制が存在しており、業界団体からも規制の見直しを要望していました。しかし、今回の報告書では「見直しについて引き続き検討」とされています。

今後はこの建議に沿って法改正案が国会に提出、審議されることとなりますが、今回の改正を機に、名実ともに「派遣労働者の保護」となるような制度となることを心から願っています。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

出井 智将さん
人材コーディネーター

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2019年7月10日 堀田周郎さん
ブランディングコンサルタント
今治タオル実習生の不当労働報道から思う。ブランドは誰のもの?
今治タオルを扱う縫製工場で働く技能実習生の劣悪な労働環境が報道され大きな波紋が広がっています。ブランドの所有者は企業、お客さまに加えて従業員、社会のものになりました。貴方にはその認識があるでしょうか?
2019年7月2日 待谷忠孝さん
経営コンサルタント
品質相応の価格で販売出来ないことが引き起こす悪影響を考える
品質の良い商品には相応の開発コストや製造コストがかかっており、必然的に価格は高くなるはずですが、最近では安く提供されるケースも増えています。良い品が安く提供されるのは買い手にとっては良いことですが、果たして良いことばかりなのでしょうか?
2019年6月28日 新井 一さん
キャリアカウンセラー
会社員のまま起業準備することが退職後の安定した人生につながる!?
「副業解禁」の流れが加速しています。それはつまり、「将来は自分で何とかしてください」というメッセージでもあります。今、会社員のうちに「稼ぐ力」を身に付けておくことが、求められているのです。
2019年6月21日 待谷忠孝さん
経営コンサルタント
中小企業は儲かる市場を狙ってはいけない
規模の大きな市場や成長市場に参入したいとお考えの経営者様も多いのではないでしょうか。しかし、それらが中小企業にとって理想の市場とは限りません。では、どういった市場が中小企業にとって適切でしょうか?

テーマ