JIJICO

熊谷 修平さん

塾長

全国学力テストの結果は公表すべきか?

2014年1月31日

議論を巻き起こす「全国学力テスト結果の公表」

全国学力テストの結果は公表すべきか?近年、「全国学力テスト結果の公表」について活発に議論されています。「全国学力テスト」とは、「文部科学省」が年に1度行う「学力調査試験」のことで、対象は小学6年生と中学3年生。試験教科は算数・数学と国語(基礎知識のA問題と知識を活用する力を問うB問題で構成)。学力低下が指摘されたことをきっかけに2007年度からスタートし、今年で7回目になります。毎回、この「学力テスト」の結果を「公表すべきかどうか?」について、議論が巻き起こっています。

テストの結果の公表で学校や地域間の競争・序列化が過熱?

全国学力テストは、1960年代にも実施されていましたが、学校や地域間の競争・序列化が過熱したことで廃止されました。そのため、今回も成績を公表すれば「以前のように過度な競争と序列化につながる」といった意見は根強いようです。

しかし、一方で「学力向上への健全な競争心まで一律に否定される必要はない」として、自治体の判断で学校の成績を公表した市町村や県では、必ずしも「過度な競争」は起きていないという声もあります。

これらを踏まえ、文部科学省は2013年11月29日付で、2014年からは「区市町村教育委員会の判断で学校別成績を公表できるようにする」とし、学校ごとの序列を生むと懸念されている「学校名を明らかにすること」については、「明らかにする場合は、年ごとの改善状況や具体的な取り組み、教委としての支援策もともに公表すること」として、教育上の効果や影響に配慮することを求めています。

大切なのは序列ではなく、結果から今度の対策を講じていくこと

学力テスト公表の議論において、重要な点が抜け落ちているように感じます。そもそも、学力テストの目的は「状況の把握」だけではないはずです。今、その把握による影響ばかりが論じられていますが、大切なのは「それを把握した後に、どう対策を取り、改善していくか?」いう点であり、生徒たちにとってはそれが最も重要なことです。

しかし、議論は「学力テストを公表する・しない」に留まっているように感じます。学校ごとのレベルの発表についても、それ自体が重要なのではなく「だからどう対策していくのか?」という方針や制度を具体的にし、すばやく対策にうつるということが大切です。 それらをしっかりと抱き合わせて発表していければ「単なる序列化は免れるのでは?」と思います。さらにその「対策」を学校ごとに共有化していくことで、全体としてより良い教育につながっていくのではないでしょうか?

結果を見て、今後の対応策を検討しフォローしていくことは、生徒たちの成長につながるはずです。今一度、原点に戻り「本当に成長するとは何か?」を捉えなおすことを期待します。

\ この記事をシェアしよう! /
関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「教育」のその他の記事

2019年9月7日 石垣 友規人さん
塾長、学習アドバイザー
勉強ができない子に共通する5つの行動パターンとは?
子供が自発的に勉強するためには、どう勉強させるかよりも子供の行動を変えさせることのほうが効果的です。勉強ができる子の行動パターンをマネさせることで勉強に対する前向きな取り組みが期待できます。
2019年7月17日 石垣 友規人さん
塾長、学習アドバイザー
中学校の定期テスト廃止を考える
中学校で定期テストを廃止する学校が増えています。その代わりに小テストを数多く実施し、子どもたちの学習習慣を定着化させる狙いがあるようですが、思惑通り進むかは疑問です。子どもを落ちこぼれにさせないために親は何が出来るのか、考えてみたいと思います。
2019年6月18日 栢原 義則さん
進学塾塾長
現場が推し進める危険な組体操 本当に教育の一環?
組体操を教育の一環として実施したい教育現場の感覚と、我が子の安全の為に危険な演目に参加させたくない保護者の感覚。教育の一環性に対する学校と市民のギャップをどう埋める。
2019年4月27日 栢原 義則さん
進学塾塾長
PTAは本当に必要?PTAの存在意義について考える
なぜか忌み嫌われるPTA。いろいろな問題を抱え、様々な議論が飛び交うPTAですが、時代に合った変革を念頭に、学校サイドと協力しながら、学校に必要な組織として存在すべき価値があるのではないでしょうか。

テーマ