JIJICO

熊谷 修平さん

塾長

全国学力テストの結果は公表すべきか?

2014年1月31日

議論を巻き起こす「全国学力テスト結果の公表」

全国学力テストの結果は公表すべきか?近年、「全国学力テスト結果の公表」について活発に議論されています。「全国学力テスト」とは、「文部科学省」が年に1度行う「学力調査試験」のことで、対象は小学6年生と中学3年生。試験教科は算数・数学と国語(基礎知識のA問題と知識を活用する力を問うB問題で構成)。学力低下が指摘されたことをきっかけに2007年度からスタートし、今年で7回目になります。毎回、この「学力テスト」の結果を「公表すべきかどうか?」について、議論が巻き起こっています。

テストの結果の公表で学校や地域間の競争・序列化が過熱?

全国学力テストは、1960年代にも実施されていましたが、学校や地域間の競争・序列化が過熱したことで廃止されました。そのため、今回も成績を公表すれば「以前のように過度な競争と序列化につながる」といった意見は根強いようです。

しかし、一方で「学力向上への健全な競争心まで一律に否定される必要はない」として、自治体の判断で学校の成績を公表した市町村や県では、必ずしも「過度な競争」は起きていないという声もあります。

これらを踏まえ、文部科学省は2013年11月29日付で、2014年からは「区市町村教育委員会の判断で学校別成績を公表できるようにする」とし、学校ごとの序列を生むと懸念されている「学校名を明らかにすること」については、「明らかにする場合は、年ごとの改善状況や具体的な取り組み、教委としての支援策もともに公表すること」として、教育上の効果や影響に配慮することを求めています。

大切なのは序列ではなく、結果から今度の対策を講じていくこと

学力テスト公表の議論において、重要な点が抜け落ちているように感じます。そもそも、学力テストの目的は「状況の把握」だけではないはずです。今、その把握による影響ばかりが論じられていますが、大切なのは「それを把握した後に、どう対策を取り、改善していくか?」いう点であり、生徒たちにとってはそれが最も重要なことです。

しかし、議論は「学力テストを公表する・しない」に留まっているように感じます。学校ごとのレベルの発表についても、それ自体が重要なのではなく「だからどう対策していくのか?」という方針や制度を具体的にし、すばやく対策にうつるということが大切です。 それらをしっかりと抱き合わせて発表していければ「単なる序列化は免れるのでは?」と思います。さらにその「対策」を学校ごとに共有化していくことで、全体としてより良い教育につながっていくのではないでしょうか?

結果を見て、今後の対応策を検討しフォローしていくことは、生徒たちの成長につながるはずです。今一度、原点に戻り「本当に成長するとは何か?」を捉えなおすことを期待します。

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「教育」のその他の記事

2018年2月22日 山下 江さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
交通事故被害、提示された示談金額が安い!弁護士に頼むと赤字?
交通事故に遭い、加害者の保険会社から提案された保険金額が安くて納得できない場合は、弁護士に依頼することをおすすめします。赤字になることはほとんどありません。
2018年2月21日 渋谷 亜佐子さん
家庭教育コンサルタント、マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
子どもに伝えよう!スマホと上手に付き合うためのルール
スマホはとても便利な道具ですが、使い方を誤ると大変危険な道具になることを子ども達に伝え、子ども達が上手にスマホとつき合えるよう親として導くための使用ルールを考えます。
2018年2月20日 米田 創さん
寝具小売店主
解決!アスクミー JIJICO
布団の買い替えのタイミングはいつ?どのような場合に?
あなたの布団は何年使用していますか?やぶけたり・へたりは大丈夫?布団の買い替え時期や状態の見極めポイントなどについて解説します。
2018年2月20日 田沢 剛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
近所のゴミ屋敷、どう対応すればよい?法的な手段はとれるのか?
ゴミ屋敷条例のない地域にあるゴミ屋敷の近隣住民としては、町内会や自治体を通じて当の住民に働きかけてもらうしかありません。ただ、そもそもゴミ屋敷が生じる背景には、認知症、加齢による身体機能の低下や地域からの孤立などの問題が潜んでいるため、法的規制とは別に本人に寄り添った福祉的な支援が必要でしょう。

テーマ