JIJICO

浜田 純子さん

企業研修講師

若者の承認欲求を上手に満たす育成術

2014年2月6日

「承認」とは、決して「ほめること」だけではない

若者の承認欲求を上手に満たす育成術多くの企業では、あと2か月足らずで新入社員が仲間入りします。ここで、新人を育てていくうえで欠かせない「承認」について考えてみたいと思います。

新人にとって、新しい職場は右も左もわからない自信のない場所です。仕事はもちろん、職場には独自の慣習もあるため、慣れるまでには相当ストレスがかかります。でも、そんな状況だからこそ「承認」が生きてきます。「承認」というと「ほめること」に結びつけてしまい、「ほめるのは大切だとわかっているけれど、なかなか口に出して言えない」という話をよく聞きます。しかし、新人は「ほめられたい」というより、自分のやっていることが上司からどう判断されているのか、つまり「良いのか悪いのか」を知りたいのです。育成に必要な「承認」は、決してほめることだけではありません。

「承認」のコツは、具体性を持ってありのままに伝えること

「承認」にはコツがあります。まず、お世辞や歯の浮くような言葉で抽象的にほめたてるのではなく、具体性を持ってありのままに伝えることです。例えば、一度注意したことは決して繰り返さない若手社員がいたとします。そんなとき、「君はすごいね」などの漠然とした言葉より、「君は一度注意したら二度と繰り返すことはないんだね」と言った方がベター。つまり、自分の言動が「承認」されると、「良いこと=認められること」と認識し、自分の強み、自信へとつなげていきます。

社会人1年生を指導する際には、一から教えることが多く、注意したり叱ったりする場面が多いはず。注意する側からすると、「まだまだ戦力にならず大変だ」という思いが先に立ってしまいます。しかし、見つける努力をすれば、彼らに小さい「成長」があるはずです。上司の期待レベルには程遠いけれど、少しずつステップアップしている「小さなこと」を見つけてあげてください。そして、具体的に伝えてください。「承認」された事柄は、自分の「強み」として意識するようになり、どんどんブラッシュアップされていきます。こういった「強み」が元気をもたらし、メンタル面でもプラスの効果をもたらします。

このとき、先入観は、評価基準を揺るがしてしまう、やっかいなものです。例えば、物おぼえの悪さが目につき、気にさわる新人がいたとします。その人が、他者より抜きんでた「強み」を持っていたとしても、「この子は未熟だな」といった思い込みが、相手を正しく見る目を曇らせてしまいます。新人のためにも、感情はひとまず置いて、客観的に見ることを忘れないでください。難しいことですが、指導育成する立場には大切なことです。

存在そのものを認めることも大切な「承認」

もう一つ有効な「承認」は、「存在そのもの」を認めることです。この最たるものが、「あいさつ」です。あいさつをされて不快になる人なんていません。これは老若男女を問わず、万人共通です。新人は、上司の一挙一動が気になる中で、多くの指導を受け、注意、叱責されています。しかし、仕事を離れた部分で、上司の方から「おはよう」「お疲れさま」と声をかけることで、「上司は、僕(私)のことを嫌いなわけではないんだ」と、自分が怒られる理由を「業務の未熟さ」だと割り切ることができ、上司に対して信頼感を持つようになります。

このように、ひとつずつ「承認」を重ねることで部下との信頼関係が構築され、より良い組織づくりへとつながっていきます。新人の頃に上司が承認してくれた一言は、きっと一生の宝物として心に残ることでしょう。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

浜田 純子さん
企業研修講師

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2019年7月10日 堀田周郎さん
ブランディングコンサルタント
今治タオル実習生の不当労働報道から思う。ブランドは誰のもの?
今治タオルを扱う縫製工場で働く技能実習生の劣悪な労働環境が報道され大きな波紋が広がっています。ブランドの所有者は企業、お客さまに加えて従業員、社会のものになりました。貴方にはその認識があるでしょうか?
2019年7月2日 待谷忠孝さん
経営コンサルタント
品質相応の価格で販売出来ないことが引き起こす悪影響を考える
品質の良い商品には相応の開発コストや製造コストがかかっており、必然的に価格は高くなるはずですが、最近では安く提供されるケースも増えています。良い品が安く提供されるのは買い手にとっては良いことですが、果たして良いことばかりなのでしょうか?
2019年6月28日 新井 一さん
キャリアカウンセラー
会社員のまま起業準備することが退職後の安定した人生につながる!?
「副業解禁」の流れが加速しています。それはつまり、「将来は自分で何とかしてください」というメッセージでもあります。今、会社員のうちに「稼ぐ力」を身に付けておくことが、求められているのです。
2019年6月21日 待谷忠孝さん
経営コンサルタント
中小企業は儲かる市場を狙ってはいけない
規模の大きな市場や成長市場に参入したいとお考えの経営者様も多いのではないでしょうか。しかし、それらが中小企業にとって理想の市場とは限りません。では、どういった市場が中小企業にとって適切でしょうか?

テーマ