JIJICO

城戸 景子さん

イメージコンサルタント・マナー講師

プロが分析「小泉進次郎」人気の秘訣

2014年2月28日

小泉進次郎氏、同年代男性からも支持を集める理由

プロが分析「小泉進次郎」人気の秘訣先日発表された「好きな政治家ランキング」。昨年まで1位の小泉純一郎氏に代わり、今年は息子の小泉進次郎氏が1位の座を獲得しました。この結果で注目すべきは、アンケートの対象者が30代40代の男性という点です。もしも対象が女性ならば、「イケメンだから」という理由が多数を占めても不思議ではありません。しかし、同年代男性の支持を集めたのには、それなりの理由があります。

政治家は常に多数を対象に、自分自身をアピールしなくてはいけません。「じっくりと人柄を知ってもらう」といった悠長なことは言っていられないのです。そのため、政治家にとって、イメージはまさに命綱です。

小泉進次郎氏のイメージを表すキーワードを挙げるなら、「優等生、正当、情熱、爽やか、育ちの良さ」でしょう。これらの自分自身のイメージを熟知し、そのイメージから逸脱しない点が、彼の魅力に安心感を与える大きな柱です。これは「パーソナルブランディング」の基本。「私はこんな人」というパーソナルブランドを周知徹底させるイメージ発信を成功させています。

見た目もスピーチも「基本を守る」ことが魅力の源に

小泉進次郎氏の「見た目」を例に挙げてみましょう。サイズが合った濃紺のスーツに白シャツ、紺系か赤系のネクタイ。これらは清潔感を重視した「基本」のスーツスタイルです。これは先に述べた彼のイメージをそのまま体現しています。常に「基本」のみを追求する着こなしは見事です。

イメージに影響を及ぼす要素とその割合は、「見た目が55%」「話し方・声が38%」「話の内容が7%」といわれています。彼の「話し方・声」も、その魅力を増す役割を果たしています。低く力強い声に加え、歯切れよく、聞き取り易いスピードで話します。さらに「難しい言葉は使わない」「短い文章」「実際のエピソード」「体言止め(文末を名詞で止める)」「まばたき回数を抑える」といった特徴が、日本一演説が上手い政治家と言われる所以です。実は、これらはすべてスピーチの基本。「見た目」と同様、「基本を守る」ことが彼の魅力の源と言えます。

また、政治家として4代目である進次郎氏にとって、それが大きなプレッシャーのひとつであることは想像に難くありません。しかし、境遇に甘んじることなく、地に足を着けた努力を続ける姿勢も評価されるべきでしょう。加えて、「続ける」というキーワードが浮かびます。基本的なことを尊重し、それを続けていることが好感を呼んでいるのです。

ビジネスシーンにおいても重要なパーソナルブランディング

小泉進次郎氏の魅力を分析すると、ビジネスパーソンが参考にすべき点が見えてきます。まず取り組みたいのは、パーソナルブランディングです。自分のイメージを知り、自身の魅力を知ることから始めましょう。人にどのようなイメージを与えるかは、ビジネスシーンにおいても重要です。「パーソナルブランドを確立し、そのイメージをぶれることなく発信し続ける」。これが人との差別化を実現します。即効性があるのは、「見た目」に自分のイメージを反映させることです。服装や身だしなみが、パーソナルブランドを表しているかチェックしてください。そして、「見た目」と並行してパーソナルブランドを軸にした「話し方・声」「話の内容」を工夫していきましょう。

「自分自身のイメージから逸脱しない」「ぶれずに続ける」。この二点が、小泉進次郎氏に学ぶべきポイントではないでしょうか。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

城戸 景子さん
イメージコンサルタント・マナー講師

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2019年10月11日 小川芳夫さん
ファシリテーター
台風や豪雨などの災害に備える働き方を考えてみませんか?
台風15号で、首都圏、特に千葉県では大きな被害が出ました。台風や地震など、大きな災害は毎年のように発生しています。台風や豪雨などの災害に備える働き方を考えてみませんか?考える際のヒントを提案させていただきます。
2019年9月26日 室岡宏さん
社会保険労務士
“命と心を守る”カスタマー・ハラスメント対応のポイント!
命と心を疲弊させるカスタマー・ハラスメント!従業員の命と心を守り誰もが働きやすい 職場環境を持続させるためには、理念作りから組織実践、メンタルヘルスケアまでをトータルした 総合対策が必要です!
2019年9月20日 小川芳夫さん
ファシリテーター
企業の生産性向上のためには従業員に焦点を当てるべき理由
従業員体験(Employee Experience)を向上させると生産性が向上するという研究があります。海外企業では、従業員に焦点を当て従業員体験を向上させるケースが増えています。ファシリテーターの観点から、実例を交えて具体的な対応を提案します。
2019年8月30日 小川芳夫さん
ファシリテーター
新入社員の離職防止に役立つファシリテーションとは何か?
新入社員の入社3年以内離職率は一貫して3割から4割程度で推移しています。企業にとっては喫緊の課題ですが、ファシリテーションをうまく活用することで、新入社員の離職防止に役立つかもしれません。

テーマ