JIJICO

田沢 剛さん

弁護士

ビットコイン預金者を救済する法律は?

2014年3月4日

仮想通貨「ビットコイン」取引サイトの運営会社が経営破たん

ビットコイン預金者を救済する法律は?インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の取引サイトを運営する会社が、民事再生法の適用を申請して経営破たんしたとニュースで報じられました。通常の通貨の場合、財政危機などで国家の信用が落ちれば、その価値も下がってしまうものですが、ヨーロッパの経済危機を背景に国家の枠組みにとらわれない世界共通の通貨をインターネット上に作ることを目的に、あるプログラマーによって考案されたのがビットコインなのです。銀行を通さないため手間もかからず、また、低い手数料でネット通販の決済や国際送金に使うことができるといったメリットがあることから、その利用は世界に広がりを見せていました。

ビットコインを利用するためには、手持ちの通貨をインターネット上の取引所で両替してもらい、ビットコインを入手しなければなりませんが、取引そのものは匿名で行われる仕組みになっておりますので、マネーローンダリングなどの闇取引に利用されるとの懸念もあるところです。また、円と同じように相場があり、投機的な金融商品といった性質も備えておりますので、高騰することもあれば暴落することもあります。

ビットコインは、手を出した者の自己責任

しかしながら、ビットコインは発行主体も管理者もおらず、利用したい人たちの間で価値のあるものとして広がったものに過ぎませんから、その価値について政府や中央銀行の裏付けないし保証などといったものは一切ありません。

そうだとすると、ビットコインに不測の事態が起こったとしても、今のところ「ビットコイン預金者を救済する法律」はなく、その意味では、手を出した者の自己責任として扱われるということになります。

サイバー攻撃に晒されやすいといった脆さや暴落リスクの認識を

ビットコインの取引サイトを運営する会社が民事再生法の適用を申請しましたが、この会社が経営破たんしたといっても、世界で利用が広がっていたビットコインが直ちに使えなくなってしまったということではありません。あくまでも、このサイトの運営会社が経営破たんし、同社が管理していたビットコインが使用できなくなってしまったということです。しかしながら、ビットコインの抱える問題が、ここで顕在化したと言うことはできるでしょう。

ビットコインがインターネット上でのみ利用されるということは、それ自体が電子情報に過ぎないということになりますので、不正アクセスやサイバー攻撃に晒されやすいといった脆さがあることを認識しておくべきでしょう。もちろん、投機的な金融商品の側面があるため、価値が暴落するリスクがあることも十分に認識しておく必要があることは言うまでもありません。

便利さを追及すると、一方で思わぬ落とし穴もあるのだということを改めて考えさせられる問題といえるでしょう。

専門家に相談してみよう!

田沢 剛さん
弁護士

この専門家について

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「法律」のその他の記事

2017年8月24日 森 透匡さん
コミュニケーションコンサルタント/セミナープロデューサー
解決!アスクミー JIJICO
ビジネスや日常生活にも役に立つ「ウソの見抜き方」
ビジネスでのトラブルの責任所在を明らかにする時、詐欺に遭いそうな時、採用面接やプレゼンで相手の真意を見抜きたい時、お子さんや家族が悩みを隠している時など、ウソを見抜くスキルが役に立ちます。
2017年8月23日 中村 伸子さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
シングルペアレント世帯の貧困率が世界一高い日本。解消するには?
18歳未満の子と一人親の世帯の貧困率は54.6%と半数を超える結果に。そして、この一人親世帯の貧困率は、世界で最も高いとされています。
2017年8月22日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
死後離婚を選ぶ人が増えているワケ
死後離婚という言葉を最近よく耳にします。死後離婚とはどういうものなのか、また死後離婚を選ぶ人が増えているワケについて解説します。
2017年8月22日 平松 幹夫さん
マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
子どもに身につけさせたい食事のマナー どのように教えたらいいか?
古今東西「生きることは食べること」ですが、三つ子の魂100までの例え通り、長い人生をより良く生きるには幼い頃からの食べ方の躾は必要不可欠です。
2017年8月21日 成澤 紀美さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
働き方改革でも副業・兼業を推進へ 企業が導入するためには何が必要か?
副業・兼業については「働き方改革」でも推進する方向にありますが、これらを導入するために何が必要なのか考えてみる必要があるようです。
2017年8月21日 中原 崇さん
社会福祉士
解決!アスクミー JIJICO
身内の暴力を隠す傾向にあるのは女性だけか?
身内からの暴力に耐えかねる場合は、その苦しみを声に出すべきですが、手段は警察への通報だけではありません。また、男性に対しての支援も欠かせない課題です。
2017年8月20日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
減らない高齢者を狙う特殊詐欺!被害防止の方法は?
被害の7割を高齢者が占める特殊詐欺。社会弱者を標的にする卑劣な犯罪は、年をを追うごとに増え続けています。私たちにできる防止策はあるのでしょうか?
2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。

テーマ