JIJICO

大東 恵子さん

社会保険労務士

スタバとANA、正社員化の狙い

2014年3月6日

スタバが800名いる契約社員を正社員化

スタバとANA、正社員化の狙い2月27日、スターバックスコーヒージャパン株式会社(以下、スターバックス)が、現在800名いる契約社員を正社員化すると発表しました。企業の知名度、正社員化の規模などから、このニュースを知り、昨年8月に発表された全日本空輸株式会社(以下、全日空)の客室乗務員制度の正社員化のニュースを思い出した人も多いかもしれません。

この2社は、航空業界と飲食業界という異なる業界ではありますが、共に正社員化を図る方策を進める決定をした背景には、共通の狙いがあると思われます。

教育・訓練に関するコストの削減

従来より、航空会社が客室乗務員への訓練に対してコストをかけていることは知られておりますが、スターバックスもCEOのハワードシュルツ氏の方針により、飲食業界では異例とも言われる手厚い社員教育が行われております。

確かに正社員化による人件費の増加は生じますが、社員の定着化を図ることで、退職する社員へかけたコストのロス、また、新入社員にかける教育コストの発生を防ぐことができ、教育を受けた社員の会社への貢献などによる企業体質の強化によるメリットを選択したのだと思われます。

社員の待遇改善による優秀な人員の確保

現在、飲食業界において、特に都心部での人材確保競争が激しくなっています。また、全日空についても、ライバル会社である日本航空株式会社(LAN)が業績回復により、人員確保を積極的に行っており、客室乗務員希望者の奪い合いが起きております。

もちろん前述どおり社員教育を行いますが、その前提として優秀な人員を集める必要があり、一定規模以上の応募者を確保するため、社員の待遇改善を図ることで募集意欲を図る目的があるのでしょう。

トップレベルのサービス提供による差別化

航空業界、飲食業界ともコスト競争が激しい業界ではありますが、近年、格安航空会社(LCC)の運航開始、コンビニコーヒーの大ヒットなど低価格商品が市場で活況を呈しています。これに対抗するため、コストを抑え、低価格で勝負するのではなく、サービス内容を重視する顧客をターゲットとして、業績を伸ばしていく方針であると思われます。顧客の満足感を高めるためには、顧客の想定を超える一歩先に進んだサービスを提供することが求められます。そのためには、高いホスピタリティ意識を持ち、時にはマニュアルには記載されていないサービスを行うことも必要です。

この2社は、優秀な人材を確保し、他が模倣できないサービスを提供することで、業界における差別化を図るのが最終目的なのでしょう。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

大東 恵子さん
社会保険労務士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2019年9月20日 小川芳夫さん
ファシリテーター
企業の生産性向上のためには従業員に焦点を当てるべき理由
従業員体験(Employee Experience)を向上させると生産性が向上するという研究があります。海外企業では、従業員に焦点を当て従業員体験を向上させるケースが増えています。ファシリテーターの観点から、実例を交えて具体的な対応を提案します。
2019年8月30日 小川芳夫さん
ファシリテーター
新入社員の離職防止に役立つファシリテーションとは何か?
新入社員の入社3年以内離職率は一貫して3割から4割程度で推移しています。企業にとっては喫緊の課題ですが、ファシリテーションをうまく活用することで、新入社員の離職防止に役立つかもしれません。
2019年7月10日 堀田周郎さん
ブランディングコンサルタント
今治タオル実習生の不当労働報道から思う。ブランドは誰のもの?
今治タオルを扱う縫製工場で働く技能実習生の劣悪な労働環境が報道され大きな波紋が広がっています。ブランドの所有者は企業、お客さまに加えて従業員、社会のものになりました。貴方にはその認識があるでしょうか?
2019年7月2日 待谷忠孝さん
経営コンサルタント
品質相応の価格で販売出来ないことが引き起こす悪影響を考える
品質の良い商品には相応の開発コストや製造コストがかかっており、必然的に価格は高くなるはずですが、最近では安く提供されるケースも増えています。良い品が安く提供されるのは買い手にとっては良いことですが、果たして良いことばかりなのでしょうか?

テーマ