JIJICO

高橋 和子さん

整理収納・片づけプロモーター

PM2.5から赤ちゃんを守るには

2014年3月6日

PM2.5、赤ちゃんに多大な健康被害を及ぼす危険性

PM2.5から赤ちゃんを守るには春風が心地良いこの時期、中国の深刻な大気汚染による影響で、大陸から偏西風に乗って微小粒子状物質「PM2.5」が日本各地に侵入。健康被害への問題がクローズアップされています。環境省の発表によると、PM2.5は、大きさが髪の毛の太さの1/30程度の超微粒子で、肺の奥深くまで侵入し、肺がん・呼吸系・循環器系への影響が懸念されるとのこと。具体的には、喘息・気管支炎・肺がん・心筋梗塞・脳梗塞などの発症率が高くなるようです。

目に見えないPM2.5は、抵抗力の弱い赤ちゃんに、多大な健康被害を及ぼす危険性があります。大事な赤ちゃんを喘息や気管支炎から守るために、家庭でできるPM2.5対策を紹介します。

家庭でできる3つのPM2.5対策

1、不要不急の外出を控える
赤ちゃんはマスクを着用できません。環境基準値(健康を維持する上で望ましい基準値)の35を超えたら、不要不急の外出を控えましょう。※地域のPM2.5濃度は、環境省ウェブサイト「そらまめ君」でチェックできます。

2、こまめな掃除でPM2.5をブロック
窓を開けての掃除はNG。PM2.5は微粒子なので、窓の開閉で室内に侵入してしまいます。掃除の時は、空気清浄機を「強」に。高性能掃除機以外では、排気でPM2.5を舞上げないために、最初に濡れたクロス(雑巾)で拭き掃除をしましょう。棚の上、テーブルの上、床の順番で、ホコリを拭き取る時と同じ要領で、上から下に拭き下ろします。拭き掃除が終ったら、次に掃除機をかけます。特に赤ちゃんは、ハイハイや伝わり歩きなど床近くで動き回るため、こまめな床掃除が必須です。

3、布団や洗濯物の外干しNG
PM2.5は、粒子が小さいので、外干しの布団や洗濯物に付着します。布団の繊維の中に入った場合、取り除くことは困難です。そうなると、一日の大半を寝て過ごす赤ちゃんは、寝ている間中、PM2.5を吸い込むことになってしまいます。日当たりの良い場所で、室内干しにしましょう。

季節的に良い時期ですが、赤ちゃんを連れての外出に注意を払わないといけないのが残念です。外に出られない分、キレイに掃除した室内で思い切り赤ちゃんを遊ばせてあげてください。

専門家に相談してみよう!

高橋 和子さん
整理収納・片づけプロモーター

この専門家について

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2017年8月22日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
死後離婚を選ぶ人が増えているワケ
死後離婚という言葉を最近よく耳にします。死後離婚とはどういうものなのか、また死後離婚を選ぶ人が増えているワケについて解説します。
2017年8月22日 平松 幹夫さん
マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
子どもに身につけさせたい食事のマナー どのように教えたらいいか?
古今東西「生きることは食べること」ですが、三つ子の魂100までの例え通り、長い人生をより良く生きるには幼い頃からの食べ方の躾は必要不可欠です。
2017年8月21日 成澤 紀美さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
働き方改革でも副業・兼業を推進へ 企業が導入するためには何が必要か?
副業・兼業については「働き方改革」でも推進する方向にありますが、これらを導入するために何が必要なのか考えてみる必要があるようです。
2017年8月21日 中原 崇さん
社会福祉士
解決!アスクミー JIJICO
身内の暴力を隠す傾向にあるのは女性だけか?
身内からの暴力に耐えかねる場合は、その苦しみを声に出すべきですが、手段は警察への通報だけではありません。また、男性に対しての支援も欠かせない課題です。
2017年8月20日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
減らない高齢者を狙う特殊詐欺!被害防止の方法は?
被害の7割を高齢者が占める特殊詐欺。社会弱者を標的にする卑劣な犯罪は、年をを追うごとに増え続けています。私たちにできる防止策はあるのでしょうか?
2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。
2017年8月18日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
18歳成人法案国会提出へ 問題は無いのか?
成人を18歳に引き下げる民法改正案が出される見込み。未成年者として保護される年齢が引き下げられ、若者の負担や危険が大きくなりかねない懸念も。
2017年8月17日 早川 弘太さん
健康コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
健康食品やトクホで健康トラブル!?健康食品の適切な摂取について
「健康のために」摂取していた健康食品で実は自分のカラダが害されていたら…そんなことが現実におこっています。注意したい点をご紹介します。

テーマ