JIJICO

自念 真千子さん

産業カウンセラー

スキルアップ転職を実現できる人の考え方

2014年3月13日

求人増加、日本全体で見ると景気は上向き傾向

スキルアップ転職を実現できる人の考え方アベノミクス効果で、2012年末には1万円前後だった株価が、今は1万5000円を超えています。業種によって、この恩恵の感じ方は違いますが、日本全体で見ると景気は上向きのようです。リーマンショックで世界が沈んだ5年前に比べて顕著にその傾向が出ており、ハローワークで仕事を求める人が減ったようです。厚労省や総務省が発表した数字によると、失業率は下がり、有効求人倍率が上昇しています。就職・転職しやすい世の中に変化したのかもしれません。

転職は「自分のキャリアを作りあげる過程」

日本は終身雇用の社会で、いつまでも会社に留まることに組織は力をいれてきました。しかし、終身雇用が崩れてしまった今、転職を特別なことと考えずに「自分のキャリアを作りあげる過程」ととらえるべきでしょう。そして、自分をいかに「人財」に育てあげるかです。自分の持つスキルや、どの分野で生きていきたいかをまず見つめることです。転職を考えるときには、一過性でもてはやされる「業界」探しではなく、自分が生きていくこができる業種で探すことも、将来を見すえたスキルアップ転職につながると考えます。そんな転職をした人の例を紹介します。

キャリアカウンセリングをしたとき、Aさん(男性)は42歳。大学を卒業して海運会社へ入社し、配属された船舶の保険業務を担当していました。彼の担当する商い高は、何十億という金額。最初は、その金額の大きさに現実味がなかったそうです。ただ、その金額で、自分が商売をしていることで「自分の仕事に自信が持てるようになっていった」とも話していました。船舶保険で仕事にも充実感を覚え始めた10年目に、大手都銀より「君がやっている部門を新しく設立するのでうちへ来ないか」とクライアントからヘッドハンティング。年齢的にもバリバリと仕事をしていきたい時期。転職を決めたAさんは、就業場所を東京へと移します。まったく新しい業務だったので、中途入社である彼が陣頭指揮をとって業務をこなし、数年後には、その部門の部長付きになったそうです。金融業界は、中途入社の社員への風あたりはきついと言われますが、Aさんはそんな中、日々の勉強で自分をスキルアップさせることで、その風をガードしたといいます。TOEICの試験は毎回欠かさず受験したそうです。そんなAさんは今も、これからの自分の人生をどう作り上げるかと日々模索中です。

今、求められているのは、何かあったその時々に限定する「リアクティブ(対応的)」なキャリアカウンセリングから、緊急事態が生じる前に、必要とする人に常時提供できる「プロアクティブ(予防的)」なキャリアカウンセリングです。自分でキャリアを作り上げていくことを原点として、転職をとらえてみましょう。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

自念 真千子さん
産業カウンセラー

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2019年5月30日 酒井翔平さん
転職支援エージェント
会社と結婚するな、職能と結婚せよ
年功序列や終身雇用は成り立たなくなることが予想されます。会社に依存せず、自分にとって武器になるスキルを身につけることがこれからは必要。
2019年5月5日 岡部 眞明さん
経営コンサルタント
働き方改革が国を滅ぼす?中小企業がすべきことは
少子高齢化から人口減少社会に突入した日本。経済活動の縮小が懸念されるなか、働き方改革が人手不足に追い討ちをかけるかのように施行されました。こんなときこそチャンス!社員の心を動かせば・・・。
2019年4月24日 桑山裕史さん
結婚相談所
統計データに惑わされずに“シニア目線のニーズ”を掴む
シニアビジネスというと、数字的な市場の大きさに着目した言及が目立ちます。しかしながら『シニアが、何を望んでいるか』といったニーズを私たちは本当に理解できているのでしょうか。 多くのシニアと対面したからこそ理解できた“シニアの消費意欲”を具体的事例で紹介すると共に、真のニーズ理解の重要性について解説します。
2019年4月19日 酒井翔平さん
転職支援エージェント
若手社員がぜひ身につけたいスキルとは?
若手社員が会社から期待されるような人材になるにはどのようなスキルを身につければ良いのでしょうか?周りから出来るヤツと見られる、誰でもできるスピード重視の仕事術について解説します。

テーマ