JIJICO

池上 司さん

精神科医

芸能人は「パニック障害」になりやすい?

2014年3月19日

ある日、突然に始まる強い恐怖感、動悸、発汗、めまい

芸能人がかかりやすい「パニック障害」パニック障害は、うつに次いで精神科でよく見られる疾患です。この病気にかかっていたことをカミングアウトして、克服した芸能人が何人もいます。この病気は、ある日、突然に始まることが特徴です。強い恐怖感(不安感)とともに動悸、発汗、めまい、息苦しさ、吐き気、手足のしびれ感などが発作的に出現して発症します。きっかけは、何かでせっぱつまっているときで、過労、睡眠不足も伴っています。この「パニック発作」は時と場所を選ばず強烈なもので「このまま死んでしまうのではないか」と当人が感じることも少なくありません。

このように激しい症状ですが、早期に治療を始めれば治りやすい病気です。しかし、放置すると発作を繰り返します。患者は「また発作が起こるのではないか」という「予期不安」に苦しみ、発作の起こりやすい「人ごみ、電車・エレベーターなどの閉所、高い所」などを避けるようになり、外出恐怖やうつを併発することもあります。また、発作の前兆として軽い気持ちの悪さがよぎるようになります。

有名になると大きなプレッシャーに襲われ、毎日が「緊急状態」に

動物(人間)が外敵に襲われるなど、緊急事態に遭遇したときの反応を思い浮かべてください。恐怖感に鳥肌が立ち、動悸とともに呼吸が激しくなり、「戦うか、逃げるか」の瞬時の選択に迫られるでしょう。この際、脳の深部から信号が出て、恐怖感を感じるとともに、副腎皮質からはアドレナリン(ホルモンの一種)が急激に放出され、全身の交感神経系が賦活(ふかつ)されて、生存をかけた全力疾走か必死の闘争を始めるのです。この生理的・心理的な反応は「緊急反応」と呼ばれますが、パニック発作とは、明らかな原因がないのに、わけのわからない緊急反応が突然に起こってくる状態とも考えることができます。

芸能人が有名になってくると、世間からの期待が高く「売れ続けなければならない」という大きなプレッシャーに襲われるでしょう。スケジュールも過密で、いったんスランプに陥れば日々がいわば危機の連続で「緊急状態」になってしまいます。持ち前の才能で、緊急反応的に危機も乗り切ってしまうのでしょうが、どこかで疲れてしまうこともあるでしょう。

このようなストレス状況が、正常な不安反応のバランスを崩し、パニック障害を起こりやすくしているのではないかと思います。パニック障害の原因は、こうした環境因のほかに、遺伝的要素や生育史上の傷つきなど、さまざまなものが複合して起こります。また、上に述べた脳の緊急反応をつかさどる部位の機能的異常も確認されています。

重症例には心理療法の併用が必要。平均治療期間は約2年

治療には、行き過ぎた生活の偏りを改善しつつ、SSRIなどの薬を使いますが、重症例には心理療法の併用が必要です。症状は大体3か月ほどでおさまりますが、すっかり改善して薬がいらなくなるまでの平均治療期間は約2年といわれています。

心理療法には、「認知行動療法」と、フロイトやユングの「精神分析療法」などがあり、どの治療法にも共通しているのは、患者が不安と向き合い、立ち向かえるように援助するという点です。私の立場(ユング派)から言うと、パニックの深層にある不安の源泉とは、患者が現在の生き方で後回しにしてきた大切なものであり、患者自身が自分の生き方はまだバランスを欠いている点に気づくようになると、それを補うように努力を始めるのです。こうなると、もう薬に頼らなくても自分で不安をコントロールできるようになります。

こうした人生の課題に自ら気づいていければ良いのですが、成功してしまうと人間は偏ったバランスでもやれてしまうものです。その時、心の深層が緊急反応を起こし、置き去りにされていた「大切なものを取り戻せ」と叫び出すように臨床家には思えるのです。

このコラムを書いた専門家に質問できます

池上 司さん
精神科医

無料で相談してみる

「医療」のその他の記事

2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。
2017年7月19日 五十嵐 かほるさん
イメージコンサルタント・ファッションプロデューサー
本格的な夏到来 加齢臭の10倍臭いと言われるミドル脂臭にご注意を!
「オトコ臭?」「ミドル脂臭?」体臭に気を配る男性へ!良い汗をかくことや食生活で「汗腺機能」を高めることに注力も!そして、一人で気にしていないで社内全員での臭い対策も提案してみては?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ