JIJICO

城戸 景子さん

イメージコンサルタント・マナー講師

黒髪女子と茶髪女子、印象の違い

2014年3月28日

女性の間でナチュラル志向の「黒髪回帰」が起きている

黒髪女子と茶髪女子、印象の違い最近、女性の間では、茶髪から一転、ナチュラル志向の「黒髪回帰」が起きています。茶髪ブームに火をつけたのは、1990年代半ばの歌手・安室奈美恵さんと言われています。その後、約20年を経て浸透してきた、一般女性にとっても「茶髪は珍しくない」というイメージ。それがここにきて、黒髪あるいは自然な髪色を選ぶ方向へ転換されつつあるようです。

外見が人の第一印象に大きな影響を及ぼすのは、今や広く知れ渡っています。中でも、色は視覚に大きく訴えるため、その役割は軽視できません。手っ取り早く印象を変えるには、色を変えることが効果的です。髪の色もそのひとつ。NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」に主演した能年玲奈さんが、「生まれて初めての茶髪」にしたのは、映画「ホットロード」の役作りのためです。いわゆる「不良少女」を演じる能年さんが、そのイメージ作りの一環として茶髪にしたことは興味深い出来事です。

黒髪には、万人受けする安心感がある

日本女性の艶々とした黒髪を褒める言葉として、「カラスの濡れ羽色」がよく知られています。また、京都の舞妓さんからもわかるように、日本の伝統衣装である着物を着る際には、「(髪の)黒・(肌の)白・(口紅の)赤」が基本。黒・白・赤のコントラストが織りなす古典美が良いとされています。このように、黒髪の印象を挙げるなら、「保守的、真面目、正当、自然、上品」でしょう。

黒髪には、万人受けする安心感があります。それゆえ、ビジネスシーンにも適しています。例えば、東京ディズニーリゾート。キャストが順守すべき身だしなみ規定「ディズニールック」では、髪色について、日本ヘアーカラー協会によるレベル(明るさ)基準のレベル6以上と定められています。これはかなり暗い色です。その他、多くの一流ホテルでもレベル6以上とされています。黒髪には「全身のバランスがとれた一般受けする印象」があるのです。

茶髪は「ファッショナブル、柔らかい、明るい」イメージ

一方、茶髪が与える印象はどうでしょう。以前は「茶髪=不良」というイメージがあったことは否めません。しかし、若年層を中心に広まった茶髪は、今では高齢女性にまで幅広く定着しています。これは茶髪が与える印象「ファッショナブル、柔らかい、明るい、女性らしい、ゴージャス」が理由と考えられます。また、この頃の茶髪は、明るい栗色が主流です。その与える印象は、以前の「金髪に近い茶髪」に対する下品なものとは異なります。

黒髪・茶髪のどちらが良い悪いではなく、どのような印象を与えたいかです。それぞれの特徴を理解した上で、自分の肌色、目の色、社会的立場に合った髪色を選択することが大切です。そして、その際、「手入れの行き届いた」という条件を忘れないこと。黒髪でも茶髪でも、毛先の傷みや色むらがあれば台無しです。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

城戸 景子さん
イメージコンサルタント・マナー講師

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2018年2月23日 砂田 嘉寿子さん
墓石アドバイザー
解決!アスクミー JIJICO
実家のお墓の悩み解決!お墓は引っ越しできる?故郷のお墓の見守り方
お墓の悩みが生まれる要因に、「故郷に残ったお墓の維持と管理」が難しくなることがあげられます。この問題にぶち当たったら考えたい解決方法を紹介します。
2018年2月21日 渋谷 亜佐子さん
家庭教育コンサルタント、マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
子どもに伝えよう!スマホと上手に付き合うためのルール
スマホはとても便利な道具ですが、使い方を誤ると大変危険な道具になることを子ども達に伝え、子ども達が上手にスマホとつき合えるよう親として導くための使用ルールを考えます。
2018年2月20日 米田 創さん
寝具小売店主
解決!アスクミー JIJICO
布団の買い替えのタイミングはいつ?どのような場合に?
あなたの布団は何年使用していますか?やぶけたり・へたりは大丈夫?布団の買い替え時期や状態の見極めポイントなどについて解説します。
2018年2月20日 田沢 剛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
近所のゴミ屋敷、どう対応すればよい?法的な手段はとれるのか?
ゴミ屋敷条例のない地域にあるゴミ屋敷の近隣住民としては、町内会や自治体を通じて当の住民に働きかけてもらうしかありません。ただ、そもそもゴミ屋敷が生じる背景には、認知症、加齢による身体機能の低下や地域からの孤立などの問題が潜んでいるため、法的規制とは別に本人に寄り添った福祉的な支援が必要でしょう。

テーマ