JIJICO

花輪 隆俊さん

遺品整理士

悪質な遺品整理業者を見抜くには

2014年4月1日

遺品整理士の重要が高まる中、心ない業者も増えている

悪質な遺品整理業者を見抜くにはここ数年で「遺品整理士」の注目度・知名度が高くなり、異業種からの参入や新たに起業する業者が増えています。その中で、多くの消費者トラブルが多発しているのも事実です。 見積書の金額と請求金額が違っていたり、遺品を不法投棄したり、挙句の果てに遺品を盗んだり。例として、以下のような業者は「悪質」と言わざるをえないでしょう。

(1)1日で終わる作業を故意に何日もかかると偽って、不用な作業日数を掛ける業者(結果、法外な金額の請求になる)
(2)地区毎の分別方法を理解しないまま作業をする雑な業者
(3)遺品を盗むなど、人道的に許されない業者

消費者サイドでは、「どのような点に注意して業者を選んだら良いのか」が気になるところだと思います。今回は、業者選びのポイントを紹介します。

安心できる業者選びのポイント

「遺品整理」とは、簡単に説明すると、必要な家財(遺品)と不要な家財を、依頼者に代わって仕分けする作業です。不要な家財の処理に対して、知識がある業者なのかが最大のポイントになります。一般廃棄物収集運搬許可証や産業廃棄物許可証があっても、地域や県が限定されているものです。動揺している遺族や依頼主の心につけいり、県外見積(法外な金額)を出し、作業は地元下請け業者にさせるなど、責任者の所在がはっきりしないケースは論外と感じます。要するに、対価だけを求める悪質業者です。

また、業者の営業年数も重要なポイントです。長年、遺品整理をしている業者であれば、さまざまな経験や事例があるため、当日に想定外の追加作業が発生しない限り、見積金額と請求金額に誤差はでません。そして、遺品整理業専門の業者か、他業種との併用業者なのかでも変わってくるでしょう。畑違いの業種が、遺品整理をしている場合も多々あります。会社の営業年数が長くても、「遺品整理業歴は数か月」といった短期間の業者もあります。

ホームページや電話だけではなく、会って話をすることも大切

良い業者を選ぶためには、打ち合わせのときに多くの質問をしてください。経験の少ない業者であれば、つじつまが合わない点が出てくるでしょう。ホームページや電話だけではなく、実際に業者と会って、遺品整理に対しての考えや要望や希望をしっかりと伝え、「要望や希望通りに作業してもらえるか」「信用できる業者なのか」を見極めてほしいと思います。

遺品整理とは、故人の天国へのお引っ越しです。それと同時に、遺族にとっての心の整理でもあります。大切な人とお別れをして、新たな人生の再スタートを切る家族にとって大事な営みだということを理解している業者を選んでください。

専門家に相談してみよう!

花輪 隆俊さん
遺品整理士

執筆記事一覧

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2018年1月22日 山崎 雅夫さん
仲人
解決!アスクミー JIJICO
「親の代理婚活」を考える!増加の理由や落とし穴は?
結婚相手との出会いとは、どんな出会いの形でも良いのです。たとえ親が見つけた相手でも。結婚相手との出会いはすべてが奇跡なのです。
2018年1月21日 白木 麗弥さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
選択的夫婦別姓の行方はどうなる?「姓」とは結局何かという話
現在の制度では、結婚するとき、離婚するときにどちらの姓を名乗るべきか悩む場面がゼロではありません。海外では選択的夫婦別姓が主流になりつつあるなか、日本ではどうなってゆくのでしょうか。
2018年1月20日 加藤 豊さん
不動産コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
長期間住んでいる部屋、家賃の値引き交渉をしたいがどうすればよい?
同じ賃貸住宅に長く住む人にとって、今は家賃の減額交渉がしやすい環境にあります。交渉ノウハウや考え方を知って、快適な暮らしを手に入れましょう。
2018年1月19日 泉田 裕史さん
税理士
解決!アスクミー JIJICO
ふるさと納税、今後も争奪戦は続くのか?2018年の動向を考察!
すっかり定着した感がある「ふるさと納税」ですが、2017年4月に総務省から高額返礼品の自粛が要請されました。2018年はどうなるのでしょうか?

テーマ