JIJICO

宮本 章太郎さん

心理カウンセラー

なぜマスクを手放せなくなるのか?

2014年4月5日

女性に多く見受けられ、若い人ほど傾向が強い「伊達マスク」現象

なぜマスクを手放せなくなるのか?風邪でもないのに、季節を問わずマスクを着用する「伊達マスク」といった現象が、街中で見られるようになりました。これは女性に多く見受けられ、年齢の若い人ほど、その傾向が強くなっています。

マスクといえば、これまでは風邪や花粉症対策のために着用するものでした。また、主に医療現場で用いられ、衛生面から着用されるのが一般的です。しかし、最初は衛生面からの利用であっても、しばらくつけている内に、今まで顔の半分近くを覆っていたものを取り払うことに抵抗を感じて手放せなくなり、「マスク依存症」につながるケースもあります。

「伊達マスク」は嘘を隠そうとする心理と近い

伊達マスクを愛用する心理をひも解くには、人の心理、そして人間関係におけるコミュニケーションにヒントが隠されています。

コミュニケーションといえば、会話など「言葉を使ったやり取り」とイメージされますが、それだけではありません。人のコミュニケーションは、耳や口で行うコミュニケーションよりも、相手の目線や顔の表情を読み取るコミュニケーション、つまり、目を使ったコミュニケーションが大きなウエイトを占めているのです。

表情には、その人の気持ちが強く表れます。無意識で出てしまうものなので、自分に自信が無く、心の内を読み取られたくない場合は、隠そうとする心理が自然と働くのです。そのための手段として手頃に用いられるものが、マスクというわけです。嘘を隠そうとするとき、なるべく表情に表れないようにしませんか?ちょうどその心理と近い状態が、伊達マスクをするのと同じ現象といえるでしょう。

自信の無さを隠せる安心感を得ると「マスク依存症」にも

心理的には自信の無さを隠すためであっても、対外的には風邪予防、花粉症対策などと捉えられるし、自分もそう言っておけば疑われることもないので安心です。常時マスクをしていても、相手にメンタル的な弱さを印象づけることはありません。このように、利便性の面から比較的抵抗もなく手軽に用いられるのがマスクであり、特に思春期の若い女性に多く見られるように、多感で傷つきやすい人にとっては重宝されているのでしょう。しかし、一度得た安心はなかなか手放すことができず、「マスク依存症」として軽い依存にも結び付いてしまいます。

昨今の大気汚染物質の問題からも、これからマスクを愛用する人が増え、伊達マスク現象はますます社会現象になっていくかもしれません。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

宮本 章太郎さん
心理カウンセラー

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2018年9月20日 小西 明美さん
結婚コンサルタント、仲人士
解決!アスクミー JIJICO
婚活・結婚の際に金銭感覚に違いがあったらどうすべき?すり合わせは可能?
婚活や結婚時に相手との金銭感覚にギャップを感じたら、今後の生活、将来を見据えて対処しましょう。話し合うタイミングを間違えずに、お互いを思いやる気持ちがあれば、金銭感覚のすり合わせは成功します。
2018年9月13日 小倉 越子さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
ブラックと言われないために…多様化する「職人」の労働時間管理を考える
時代の変化とともに、消費者に求められる「職人」の技術も多様化しています。時代に合わせた「職人」の働き方のしくみを作っていくことが大切です。
2018年9月8日 古賀 竜一さん
コンピューターサポートエンジニア
解決!アスクミー JIJICO
Google・Amazon・LINE…スマートスピーカーの選び方と”使える”デバイスとしての利用法
スマートスピーカー選びで失敗しない考え方、ユーザーが有効に利用するための機種選定方法を解説。適正な機種選定で利用価値や費用対効果は大きく高まる。
2018年9月7日 北 宏志さん
中国ビジネスアドバイザー
解決!アスクミー JIJICO
日本人と中国人の「幸せになる順番」の違い~「忖度」しすぎの日本人?
日本人と中国人のコミュニケーションの取り方、「幸せになる順番」の違いを「忖度」をキーワードに比較をしてみる。そして、そこにはまず自分が幸せになるのか、周りから幸せにし、その後自分が幸せになるのかという価値観の違いがある。

テーマ