JIJICO

佐々木 伸さん

弁護士

ダンス規制緩和の裏にひそむ懸念

2014年4月9日

ダンスクラブが違法薬物や売春等の温床になっているとの認識も

ダンス規制緩和の裏にひそむ懸念現在、日本の風営法では、いわゆる「ダンスクラブ」の午後11時以降の営業は認められないことになっています。また、当局も、ダンスクラブと反社会的勢力との関連が強く、違法薬物や売春等の温床になっているとの認識の下、ダンスクラブに対する摘発を強化していた時期があります。私の職務上の経験でも、担当した刑事事件・少年事件において、例えば「大麻の取引現場がクラブだった」ということは何度かありますので、このような当局の認識は、あながち間違っていないのだろうと思っています。

規制改革会議は、ダンスの規制緩和を優先的に検討する旨を発表

しかし、ダンスはもはや社会的に認められた文化であり、また、重要な自己表現の方法のひとつであること自体はほとんど異論のないところであって、そもそも風営法での規制に馴染まないのではないか、という声も根強いところです。そして、そのような声を受けて、政府の諮問機関である規制改革会議は、先月、ダンスに関する風営法の規制緩和について優先的に検討する旨を発表しました。表現の自由は何にも優る価値を持つ人権であり、安易な規制は許されるものではありません。その意味では、今後、規制緩和の方向で議論がなされるならば、それは無条件に歓迎すべきことのようにも思えます。

経済界優先の規制緩和まっしぐらにならないように注視

もっとも、注意しなくてはならないのは、「ダンスという表現行為に制限をどこまで加えられるか」という観点から問題提起されたはずのこの議論が、いつの間にか「法律でビジネスモデルに制限を加えるのはけしからん」という方向に流れていってしまうことです。ダンスを愛する人々の、ダンスを守りたいという気持ちを踏み台にして、経済界優先の規制緩和まっしぐら、ということにならないよう、国民全体で注視していくことが必要だと思います。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

佐々木 伸さん
弁護士

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「法律」のその他の記事

2018年11月12日 河野 晃さん
弁護士
ベランダ越しの受動喫煙で近所トラブル、悪いのはいつも喫煙者?
マンションなど集合住宅のベランダでの喫煙が、ご近所トラブルに発展するケースは少なくありません。タバコを吸うこと自体は違法ではないけれど、受動喫煙防止対策が強化される中、喫煙者のモラルやマナーが問われています。
2018年10月8日 中村 有作さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
台風で自宅待機や休業になった場合、その日の分の給料はもらえる?法律のルールを解説
今年は日本各地で災害が多発しました。大雨、強風、地震等の災害が発生して停電となったり各地で相当の損害が発生しました。台風で自宅待機や休業になった場合に、給料はもらえるか?労働法26条の規定を詳しく解説します。
2018年9月26日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
「別れさせ屋」に適法判決 工作を頼む前に考えておくべきこと
「別れさせ屋」はその行為の是非が問われやすいものです。法律上の判断にかかわらず、恋愛に卑怯な行為やうしろめたい行為は避けたいものです。
2018年9月25日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
ふるさと納税の返礼品の規制より、住民税の税額控除を廃止すべき
「ふるさと納税」の「返礼品」の高額化について法改正で規制をしようという総務省の方針は、住民税の減収になる自治体の問題を残しており、適切なものとは思われず、むしろ住民税の控除を廃止すべき。

テーマ