JIJICO

早川 弘太さん

健康コンサルタント

薬局での自己採血検査が解禁。狙いは?

2014年4月10日

自己採血などを使った様々な検査を街の薬局で

2薬局での自己採血検査が解禁。その狙い014年3月31日、厚生労働省より「臨床検査技師法に基づく告示の改正」が公布され、「自ら採取した検体について、診療の用に供さない生化学的検査を行う施設」というカテゴリーが新設されました。

今までは「自ら採取した検体(一般的には自己採血などを指す)」を使った各種の検査は、法的には「グレーゾーン」だったのですが、今回の改正により、正式に自己採血などを使った様々な検査が街の薬局でできる可能性が高まりました。試験的に足立区や徳島県の一部の地域で最新の医療技術である「指先採血によるHbA1c測定」という方法での検査ができるだけでしたが、今後は様々な分野での活用が期待されます。

制度改革を行った狙いは「医療費の抑制」

この簡易的な検査は、自己採血の検査結果を見て、薬局で病名の診断などをするためのものではなく、その結果を踏まえて、検査をした人に医療機関の受診をすすめたり、生活習慣の改善を促したりすることが主な目的と言えるでしょう。

このような制度改革を行った狙いは、「医療費の抑制」だと見ています。現在、試験的に行っている糖尿病の検査は、早期発見により様々な合併症のリスクを減らすことができ、大幅な医療費の抑制につながると考えられています。患者を一人でも多く減らすために、今までは「病気になった人を治療すること」に重きを置いて発展してきた医療業界も、いよいよ「病気になる前の予防」に着目し始めたと言えるでしょう。

そこで、自己採血による検査の場所として注目されたのが「薬局」です。

病気を未然に防ぎ予防をする意識が広がることに期待

病院・クリニックなどの医療機関は、すでに治療の患者で手一杯。そして、生活習慣病などになる人の多くが、健康診断や医師の診断を面倒臭がって、症状が手遅れになるまで受診しない傾向にあります。

その点、薬局は街の至る所にあり、医療機関を受診したり、1日かけて健康診断をするような手間も必要ありません。簡易的な検査の場としては、うってつけです。

しかし、残念ながら、かつての「街のくすりやさん」のような、健康のことを何でも相談できる薬局がほとんど無いのも現状です。薬業界全体での受け入れ体制づくりも急務でしょう。この法改正をきっかけに「病気になったら病院に行って治療する」という考え方から、「病気になる前に予防して病院に行かないようにする」、そんな意識が国民に広がることを期待しています。

専門家に相談してみよう!

早川 弘太さん
健康コンサルタント

この専門家について

執筆記事一覧

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「医療」のその他の記事

2018年1月20日 加藤 豊さん
不動産コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
長期間住んでいる部屋、家賃の値引き交渉をしたいがどうすればよい?
同じ賃貸住宅に長く住む人にとって、今は家賃の減額交渉がしやすい環境にあります。交渉ノウハウや考え方を知って、快適な暮らしを手に入れましょう。
2018年1月19日 泉田 裕史さん
税理士
解決!アスクミー JIJICO
ふるさと納税、今後も争奪戦は続くのか?2018年の動向を考察!
すっかり定着した感がある「ふるさと納税」ですが、2017年4月に総務省から高額返礼品の自粛が要請されました。2018年はどうなるのでしょうか?
2018年1月18日 家田 佳代子さん
コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
「介護離職ゼロ」の社会は実現するか?介護離職を防ぐには
「1億総活躍社会」で課せられた目標にある「介護離職ゼロ」は極めて難易度が高い目標だと思われるが、多様な働き方を実現できれば達成できるのか?
2018年1月17日 長谷川 誠さん
毛髪診断士
解決!アスクミー JIJICO
ストップ!リンス、コンディショナー、トリートメントの違いを知らずに使うのはやめましょう
リンス、コンディショナー、トリートメントの違いを知って美しい髪を手に入れる方法を解説します。

テーマ