JIJICO

北見 由紀さん

心理カウンセラー

子どもを追い込む親のNG態度

2014年4月11日

親の言葉や行動が、子どもを追い込んでしまうことも

子どもを追い込む親のNG態度新入学や新学年を迎えると、子どもの学校生活が気になる母親も多いのではないでしょうか。特に過去5年は減少傾向にあるとはいっても、中学生の不登校者の数は39人に1人の割合です。思春期の子を持つ親にとって、いじめなどと同様に避けたい問題の一つだと言えます。

不登校の原因は「友人や教師との関係」「勉強や部活についていけない」など理由はさまざまですが、共通する傾向に「意欲の低下」があります。この意欲の低下=エネルギー切れを起こさせないようにするため、日常の親の態度が与えている影響に目を向ける必要があります。無意識でも、ある言葉や行動の積み重ねが、子どもを追い込んでしまうこともあるのです。

結果ではなく努力の過程を認める

一般的に「子どもは誉めて育てる」と言われますが、結果にばかり注目しがちです。よくできた時に誉めるのは、もちろんいいことです。しかし、結果のみに執着し、うまくいかなかった時に責める、残念な顔をしてしまう……。そんなことが繰り返されてはいませんか。そうした言葉や態度を続ければ、子どもは必死に言い訳を考えるようになります。心の中では、「期待通りにできない自分」に対し、罪悪感や自己嫌悪感を徐々に募らせていきます。

一方、努力しているプロセスを観察、評価することで、「頑張って乗り越えようとすることはOKなんだ」とインプットされます。結果、やり遂げようとする力が備わり、少々のことではへこたれなくなります。

また、親が控えるべき態度に「兄弟姉妹やよその子と比べる」ということがあります。誰かと比べることは、子どもにとって気分のいいものではない上に、母親自身もイライラし、子育てに自信をなくし、行き詰まりを感じる原因にもなります。特に思春期の子どもは、他者との違いを強く意識し始め「他人にどう見られているのか」が気になる年頃です。この時期に誰かと比べて否定されると、劣等感を抱きやすくなります。「どうせ自分なんて」という自己否定の気持ちは、行動する意欲を低下させてしまいます。感情を解放することが苦手な子どもは、自分がなぜ学校に行きたくないのかがわからないという場合も少なくありません。

子どもに責任感を持たせる

思春期の子どもは、自分なりの価値観や判断基準を持とうとします。自立しようとしている子どもに対し、親はどのように対処していけばよいのか。まず、しっかりと話を聴いてあげて下さい。「親」というと、どうしても何かを教えるという気持ちが強くなってしまいます。しかし、頭ごなしに言うと、子どもは黙るばかりで、親の思い通りにはなりません。

もし、子どもの考えや行動に疑問を持ったら「あなたはそれでいいの?」と質問形式にし、子ども自身に考えさせたり、時には一緒に考えたりして、責任を持たせるようにしていきましょう。それにはまず、親の方から立ち位置を変え、視野を広げることが大切です。

このコラムを書いた専門家に質問できます

北見 由紀さん
心理カウンセラー

「教育」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ