JIJICO

角野 裕美さん

キャリアコンサルタント

コピペに頼らず論文を書くために

2014年4月20日

コピペに頼る現代人。その原因は?

コピペに頼らず論文を書くために今、何かと取りざたされているコピペ(コピー&ペースト)問題。ウェブページからコピペした主張は、あくまでも他人のものであり、自分のものではありません。倫理的にも至極当たり前のようですが、手軽に国内外の論文を検索し、コピペできてしまう現在のネット時代だからこそ、必ず最初に押さえておくべきポイントだといえます。

では、自分の「論文」であるのに、なぜ、他人のものをコピペする状況に陥ってしまうのでしょうか。それは、述べるべき意見のテーマ設定が曖昧で、資料の収集・分析ができていないこと。また、考察を経た自分なりの結論を導き出せないことが、結局コピペに頼る原因なのです。この正反対のこと、つまり「論文」の基本構成を踏まえ、手順を理解して行動しさえすれば、引用や参照はしても、コピペはせずに済みます。

まず、論文テーマを設定するためには、「問題意識を持つ」ことが肝要です。論文の書き手の普段の生活、あるいは学問上の疑問や関心事に対して捉えていくとわかりやすいでしょう。これが論文のテーマ設定の根元となってくれます。その疑問や関心事、そこから考察して主張したいことに関し、資料を集め、分析した上で考察し、書き手自身なりの結論を得ることが論文の本質です。

事実や経験の考察・検討を経て、結論を導き出すことが大切

次に、構成を組み立てる必要があります。闇雲に述べていくだけでは、わかりにくいだけでなく、説得力に大いに欠けます。具体的に「論文の基本構成」を挙げてみます。

①要約(論文の概要を簡潔にまとめたもの)
②序論(論文のテーマを提示するところ。はじめに、などと表す)
③本論(①を受けて、論理的に内容を述べていく部分。論文の核となるところ。本論は、いくつかの章から成り立つ)
④結論(まさに全体の結の部分。おわりに、などと表す。①に対する答えのため、その部分との呼応が必須)
⑤引用・参考文献一覧(著書のみならず、新聞や雑誌記事、インターネットウェブサイトなども含め、リストアップし、一覧表を作る)

構成を踏まえることで、論理的な提示ができます。論文で注意すべきは、事実や経験を羅列し、即、結論を述べることではないということ。事実や経験の考察・検討を経て、それらを抽象化し、そこから結論を導き出すことが大切です。

論文が求められる点をしっかりと把握し、構成を基に、論理的に述べていく鍛錬を積むことで、コピペに頼らない自分なりの論文を作成することができるでしょう。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

角野 裕美さん
キャリアコンサルタント

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「教育」のその他の記事

2019年7月17日 石垣 友規人さん
塾長、学習アドバイザー
中学校の定期テスト廃止を考える
中学校で定期テストを廃止する学校が増えています。その代わりに小テストを数多く実施し、子どもたちの学習習慣を定着化させる狙いがあるようですが、思惑通り進むかは疑問です。子どもを落ちこぼれにさせないために親は何が出来るのか、考えてみたいと思います。
2019年6月18日 栢原 義則さん
進学塾塾長
現場が推し進める危険な組体操 本当に教育の一環?
組体操を教育の一環として実施したい教育現場の感覚と、我が子の安全の為に危険な演目に参加させたくない保護者の感覚。教育の一環性に対する学校と市民のギャップをどう埋める。
2019年4月27日 栢原 義則さん
進学塾塾長
PTAは本当に必要?PTAの存在意義について考える
なぜか忌み嫌われるPTA。いろいろな問題を抱え、様々な議論が飛び交うPTAですが、時代に合った変革を念頭に、学校サイドと協力しながら、学校に必要な組織として存在すべき価値があるのではないでしょうか。
2018年10月10日 中原 崇さん
社会福祉士
子どもの前で行われるDV「心理的虐待」が増加。被害を減らすには?
2017年度の児童虐待の数は13万3778件。子どもの目の前で行われるDVが心理的虐待として扱われるなど数は増加傾向に。虐待から子どもを守るためには、子どもやその家族をサポートする環境を整えることが大切。

テーマ