JIJICO

飯田 裕さん

医学博士・歯科医

出産を重ねると歯がボロボロに?

2014年4月23日

「出産を重ねた女性ほど歯を失っている」。疫学調査結果が発表

出産を重ねると歯がボロボロに?昔は「子どもを1人産むと、歯が1本無くなる」と言ったそうですが、今月、東京医科歯科大学の研究者グループが「出産を重ねた女性ほど歯を失っている」という疫学調査の結果を発表しました。妊娠中は、体の様々な部分に負担や変調をもたらしますが、ホルモンバランスの変化などにより、虫歯や歯周病になりやすく、進行しやすくなります。

妊娠中は体全体の免疫機能が低下します。これは、母体から見れば「異物」である胎児を母体の免疫機能から守るため、免疫寛容といわれる抑制作用が働くからです。口の中に限らず感染症にかかりやすい状態になります。

唾液の量・質が変化し、口腔内細菌が増加

唾液には、「ムチン」という粘りを与えるタンパク質、「アミラーゼ」という消化酵素、抗体や抗菌物質など、口腔内の恒常性の維持や浄化に関連する多くの成分が含まれます。妊娠中は唾液の分泌量が低下するため、汚れが溜まりやすく、細菌が増えやすい状態になります。

また、「エストロゲン」や「プロゲステロン」といった女性ホルモンの分泌が盛んになり、これらのホルモンを栄養源として好む歯周病菌が増える傾向が見られます。これらの女性ホルモンは、歯肉(歯ぐき)などの末梢組織に対しては血液循環に影響を与え、普段よりも容易に歯肉が腫れやすくなります(妊娠性歯肉炎)。

さらに唾液自体のphがやや酸性に傾き、虫歯菌が産生する酸を中和する働きが弱まり、歯が溶けやすい環境になります。こうして妊婦の口の中は、虫歯菌や歯周病菌の増殖を抑える働きが低下し、彼らが活動しやすい条件が揃うのです。

つわりや生活面の変化が及ぼす影響も

そして、妊娠によって変化する食事や睡眠などの生活パターンも、口の中に影響します。「つわりのせいで、たびたび口の中が酸性状態になること」「味覚が変化して酸っぱいものを好んで食べるなどにより歯が溶けやすくなること」「歯ブラシを口に入れるのが辛くなり、歯磨きをおろそかにしやすいこと」「一度にたくさん食べられなくなるので、間食の回数が増えること」など、すべて虫歯を増やす原因になります。

このように口の中の衛生状態に悪い影響を及ぼす変化が多くあるため、歯と歯ぐきにトラブルが多発するのです。また、妊娠中に歯や歯肉に異常を感じていても、出産後すぐに体調が回復せずに外出できなかったり、赤ちゃんに付きっきりでしばらく通院できなかったりして、悪化させてしまうこともあるようです。

歯周病は早産や低体重児出産のリスクを高める?

最近の知見で「歯周病の妊婦は、早産や低体重児出産のリスクが高い」とする調査報告もあります。歯周炎が進行し炎症反応が強くなると、歯肉の病巣から様々な炎症性物質が血液中に放出され、その血中濃度が上がることで体は出産準備が整ったとみなし、子宮を収縮させ出産が早まると考えられています。メカニズムについてはまだ不明な点もありますが、大切な赤ちゃんへの悪影響も心配されますので、妊娠したらなるべく早期に歯科医院を受診することをお勧めします。

虫歯も歯周病も早い段階なら簡単な処置で済みますし、妊婦であっても安定期であれば大抵の歯科治療は安全に行えます。妊娠中は他にも様々な不安や心配ごともあるかと思いますが、準備万端で出産に臨んでください。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

飯田 裕さん
医学博士・歯科医

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「医療」のその他の記事

2019年6月23日 村田 晃さん
心理学博士・臨床心理士
うつ病を発症し退職からのひきこもり、どのように回避すれば良いか?
「うつ病発症➝退職➝ひきこもり」の流れを回避するポイントは、「自分で抱え込まず、援助を求める」こと。うまく援助を求めるのも一種のスキルと捉え、社会資源を可能な限り利用することが大事。
2019年6月13日 松田 友和さん
医師
糖尿病の本当の怖さと向き合い方
寿命が10年縮むと言われれば、どんな病気を想像しますか。糖尿病を放置すれば、元気で長生きの大きな障壁になります。その一方で、糖尿病に向き合うことで、必ず「元気で長生き」は達成できます。
2018年8月16日 鹿島 直之さん
精神科医
解決!アスクミー JIJICO
ゲーム依存症が国際疾病に認定 求められる対策について
ゲーム依存症は治療が必要な精神疾患である。他の依存症と同じように、本人は依存症の自覚に乏しいため、早期発見と家族の関わりが大切である。
2018年8月2日 田村 兼人さん
獣医師
解決!アスクミー JIJICO
ペットも危険!「犬の熱中症」その予防と対策
この時期35度を超える「猛暑日」も珍しくなくなってきました。この暑さで、人も犬などの動物も熱中症予防とその対策が重要となってきます。熱中症は、確実に動物の生命を脅かします。その予防と対策について解説します。

テーマ