JIJICO

北見 由紀さん

心理カウンセラー

ミセスに多い「空の巣症候群」

2014年4月23日

子どもが独立して巣立っていった後の「寂しさ」がミセスを襲う

ミセスに多い「空の巣症候群」女性は40代後半から50代にかけて、家族のライフサイクルの変化や女性ホルモンの低下(更年期)に伴い、自信喪失やうつ傾向など、気持ちが不安定になる場合があります。中でも、子どもたちが独立して巣立っていった後の「寂しさ・物足りなさ・親としての役割喪失感・虚無感・落ち込み」が大きいものを「空の巣症候群」と呼んでいます。

これは、外に出るよりも家の中にいるのを好み、子育てへの没頭が強い専業主婦に多くみられる症状です。その他、「空の巣症候群」になりやすい人の傾向として、「手抜きができない良妻賢母」「無趣味でストレスをためやすい」「人付き合いが好きではない」といったことが挙げられます。さらに、自分の体力の低下や夫とのコミュニケーションが少ないことも加わって、何もかもが空しく感じられてしまいます。

子ども以外の楽しみを見つけ、夫婦関係を見直す

この虚無感や寂しさを乗り越えるには、子ども以外の楽しみや趣味、生きがいをみつける必要があります。しかし現実的には、自分が没頭できるものにすぐに辿りつけるかどうかはわかりません。そこで、まずは無事に子どもを自立させることができた自分に、休息やご褒美を与えてください。「欲しいものを買う」「興味のあることを挑戦してみる」「友人と旅行に出かける」など。家族に気兼ねしなくて良い自由な時間が戻ってきたと、無理にでも思うことが大切です。

また、同時に夫婦間の関係を見直してみます。専業主婦の中には「夫が仕事や趣味で忙しく、かまってくれない。寂しい」と感じている人も少なくありません。こういう人は「好きなことをするのは、自分勝手なのでは?」「仕事を頑張っている主人に申し訳ない気がする」という思い込みがあるので、主体的に動けないのです。誤解を解いてお互いが心地よく過ごすために、パートナーと話し合ってみましょう。将来に向けての価値観を統合していくためにも良い機会です。夫との信頼関係の確認が自己肯定感の回復を助けます。

社会参加して対人ネットワークが広がれば幸福感や健康度が増す

私たちは、家庭の中の一個人であると共に、社会の一員です。社会参加して対人ネットワークが広がれば幸福感や健康度が増してきます。楽しみや趣味も他者との関わりによって高められていきます。徐々にでも自分が広く能動的に動いてみることで、母以外の自分や、生きがいといえるものが見出せてくるのではないでしょうか。

人格の発達は、青年期など若い世代に必要とされがちです。しかし、中年期以降もサイクルの移行と共に、危機を感じライフスタイルの調整に迫られることで、その人に成長する機会が与えられます。次の段階に移行するときの葛藤を肯定的に解決できるかどうかで、その後の人生に与える影響が変わってきます。

このコラムを書いた専門家に質問できます

北見 由紀さん
心理カウンセラー

「くらし」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ