JIJICO

城戸 景子さん

イメージコンサルタント・マナー講師

クールビズで注意 身だしなみマナー

2014年5月11日

クールビズスタイルは、顧客に失礼がないかを判断基準に

クールビズで注意 身だしなみマナー地球温暖化対策の一環として、室内温度を28度に設定しても快適な服装を提唱するクールビズ。今年で10年目を迎えます。環境省によると、その認知率は90%とのこと。多くのビジネスマンが、これからの季節の服装にクールビズを意識することは間違いありません。

涼しく過ごすためのクールビズスタイル。通常のビジネススーツであれば上着、パンツ、シャツ、ネクタイと基本アイテムは決まっています。しかし、クールビズでは「ドレスコードの基準をどこまで緩めて良いのかわからない」という声をよく耳にします。大切なことは「ビジネスシーンで通用するかどうか」です。判断方法のひとつとして、顧客を訪問する場面を想像してみてください。最初に「こんな恰好で申し訳ありません」とお詫びをしなくてはいけないスタイルであれば、それは避けるべきです。ビジネスパーソンにとって、見た目は「ビジネスツール」。商談をマイナスからスタートさせる服装ではいけません。

クールビズ、3つのスタイルと注意点

この10年で一般化したと思われるクールビズスタイルは3パターンです。

(1)シャツ+パンツ
・ノーネクタイの場合、シャツは台襟がしっかりとしたものを選ぶ。
・シャツのシルエットが目立つので、スリムなものを選ぶ。
・下着を着る場合は、外から見えないようV首、ノースリーブを選ぶ。
・靴は、ひも靴かローファーを選ぶ。

(2)シャツ+パンツ+ジャケット(ジャケットとパンツは別)
・シャツと靴は(1)を参考に。
・パンツはノータックかワンタックのスリムタイプを選ぶ。
・センタープレス(折り目)があるパンツを選ぶ。

(3)シャツ+スーツ
・普段のスーツからネクタイを外すだけにならないよう、シャツは(1)を参考に、パンツは(2)を参考に選ぶ。
・ワンランク上のクールビズスタイルとして、素材と色で工夫する。スーツの素材には、コットン、リネン(麻)混紡、シルク混紡を選び、シャリ感やツヤ感を出す。ベージュや明るいブルー系のスーツに白シャツのカラーコーディネートで涼感を出す。
・靴は、ひも靴のみ。

環境や立場に応じたスタイルで。身だしなみの範囲を逸脱しない

職種や業種が多様化する現代、クールビズスタイルの範囲は会社によってさまざまです。それだけに「右へ倣え」のクールビズではなく、自分を取り巻く環境や立場での判断が重要です。

涼しく過ごすことを追求するあまり、場違いなスタイルになってはいけません。ビジネスシーンにおける「身だしなみ」の範囲を逸脱しないよう気を付けて、上手に取り入れましょう。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

城戸 景子さん
イメージコンサルタント・マナー講師

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2018年8月10日 城戸 景子さん
イメージコンサルタント・マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
オフィスのエアコン温度設定戦争「寒いと感じるほうが厚着する」べき?
毎年繰り広げられる「暑い人」VS「寒い人」の戦いですが、快適と感じる温度は人によって違います。オフィスの温度が決まったら、それぞれが歩み寄り暑い夏を快適に過ごせるようにする努力が大切です。
2018年8月6日 内藤 明亜さん
経営危機コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
フランチャイズ(FC事業)は今どうなっている?
アメリカで生まれ、発達してきたフランチャイズというビジネスモデル、日本ではコンビニや飲食産業で大きく発達しています。しかしコンビニでは加盟店が過酷な目標を設定されるなど問題が起こっているケースもあるようです。参入にあたっては、事業予測をしっかり立てて考えるべきでしょう。
2018年8月5日 河野 晃さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
カジノ法案成立、「国の運営だから大丈夫」という理屈と反対意見
カジノ法案が国会で成立しました。国の運営、管理のもとで運営するから問題ないという姿勢に対して、民間事業者の利益になる点に公益性があるのかという疑問や、ギャンブル依存症の増加が懸念されるという反対意見があります。
2018年8月4日 岡部 眞明さん
経営コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
絶滅危惧種なのに価格の高騰のほうがニュースになる「鰻(うなぎ)」を考える
シラスウナギの不漁で蒲焼の価格の高騰が心配されていている「鰻」。環境省では絶滅危惧種に指定していますが、水産庁は安定供給に力を入れています。まずは、現状を把握しましょう。

テーマ