JIJICO

城戸 景子さん

イメージコンサルタント・マナー講師

クールビズで注意 身だしなみマナー

2014年5月11日

クールビズスタイルは、顧客に失礼がないかを判断基準に

クールビズで注意 身だしなみマナー地球温暖化対策の一環として、室内温度を28度に設定しても快適な服装を提唱するクールビズ。今年で10年目を迎えます。環境省によると、その認知率は90%とのこと。多くのビジネスマンが、これからの季節の服装にクールビズを意識することは間違いありません。

涼しく過ごすためのクールビズスタイル。通常のビジネススーツであれば上着、パンツ、シャツ、ネクタイと基本アイテムは決まっています。しかし、クールビズでは「ドレスコードの基準をどこまで緩めて良いのかわからない」という声をよく耳にします。大切なことは「ビジネスシーンで通用するかどうか」です。判断方法のひとつとして、顧客を訪問する場面を想像してみてください。最初に「こんな恰好で申し訳ありません」とお詫びをしなくてはいけないスタイルであれば、それは避けるべきです。ビジネスパーソンにとって、見た目は「ビジネスツール」。商談をマイナスからスタートさせる服装ではいけません。

クールビズ、3つのスタイルと注意点

この10年で一般化したと思われるクールビズスタイルは3パターンです。

(1)シャツ+パンツ
・ノーネクタイの場合、シャツは台襟がしっかりとしたものを選ぶ。
・シャツのシルエットが目立つので、スリムなものを選ぶ。
・下着を着る場合は、外から見えないようV首、ノースリーブを選ぶ。
・靴は、ひも靴かローファーを選ぶ。

(2)シャツ+パンツ+ジャケット(ジャケットとパンツは別)
・シャツと靴は(1)を参考に。
・パンツはノータックかワンタックのスリムタイプを選ぶ。
・センタープレス(折り目)があるパンツを選ぶ。

(3)シャツ+スーツ
・普段のスーツからネクタイを外すだけにならないよう、シャツは(1)を参考に、パンツは(2)を参考に選ぶ。
・ワンランク上のクールビズスタイルとして、素材と色で工夫する。スーツの素材には、コットン、リネン(麻)混紡、シルク混紡を選び、シャリ感やツヤ感を出す。ベージュや明るいブルー系のスーツに白シャツのカラーコーディネートで涼感を出す。
・靴は、ひも靴のみ。

環境や立場に応じたスタイルで。身だしなみの範囲を逸脱しない

職種や業種が多様化する現代、クールビズスタイルの範囲は会社によってさまざまです。それだけに「右へ倣え」のクールビズではなく、自分を取り巻く環境や立場での判断が重要です。

涼しく過ごすことを追求するあまり、場違いなスタイルになってはいけません。ビジネスシーンにおける「身だしなみ」の範囲を逸脱しないよう気を付けて、上手に取り入れましょう。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

城戸 景子さん
イメージコンサルタント・マナー講師

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2018年10月9日 北 宏志さん
中国ビジネスアドバイザー
中国でのビジネス時、宴席での振る舞い方は?注意すべき点を解説
中国の人たちとの宴席時のマナーについて解説。気を遣って食事をするよりも、楽しく振舞う方が相手は喜んでくれます。日本とは勝手が異なりますが、個人的な関係性を築きたいと彼らは考えあなたを誘っています。楽しく振舞うことが相手との関係性を強固にするのです。
2018年10月8日 中村 有作さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
台風で自宅待機や休業になった場合、その日の分の給料はもらえる?法律のルールを解説
今年は日本各地で災害が多発しました。大雨、強風、地震等の災害が発生して停電となったり各地で相当の損害が発生しました。台風で自宅待機や休業になった場合に、給料はもらえるか?労働法26条の規定を詳しく解説します。
2018年9月19日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
増えるサブスクリプションサービス 企業が事業を成功させるポイントは
サブスクリプションサービスの導入・SaaS事業の成功には、強固な財務基盤をベースに企業理念の刷新を伴う大掛かりな変革の覚悟が必要である。
2018年9月18日 折山 旭さん
ライフキャリアカウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
日本の新卒・就活ルールが変わる・なくなる?学生・企業ともに時代に即した行動が求められる
経団連のトップが将来的な就活ルールの廃止の意向を表明しました。もし就活ルールが廃止されれば、学生の就活はもちろん、企業の採用活動にも大きな影響が出ます。重要なのは、一喜一憂せず時代に即した対応・行動をとっていくことです。

テーマ