JIJICO

中原 崇さん

社会福祉士

徘徊高齢者への対策で必要なこと

2014年5月28日

高齢化率30%を超える大牟田市では市民をあげて保護活動を実施

徘徊高齢者への対策で必要なこと現在、65歳以上の認知症有病者数は462万人(2012年度)と推計されています。認知症は徘徊を伴うことがあり、徘徊者への対応は地域課題の一つでもあります。

このような中、高齢化率が30%を超える大牟田市(福岡県)では、徘徊した認知症高齢者の特徴をメールなどで民生委員や校区役員に伝え、市民をあげて保護活動を行っています。10年目を迎えたこの活動は「大牟田方式」とも呼ばれ、全国の104自治体に拡大。市民の発見で、高齢者が一命を取り留めたケースも出ているそうです。

高齢者の在宅福祉推進が叫ばれてかなりの年月がたちますが、大牟田市の取り組みは「必要な援助を受けながら、安心して在宅生活を送る」という在宅福祉の理念にもマッチし、なおかつ、公的サービスでは対応できない課題を「住民の力によって補っている」という、まさに理想的なモデルといえます。

徘徊高齢者事故を「想定されうる事故」として「保険」で対応

ただ、世間では、徘徊した高齢者が起こした踏切事故の損害賠償を家族に命じる判決が出るなど、徘徊者が起因となった事故への賠償責任問題が取り上げられています。家族がどれだけ注意を払っていても、あるいは大牟田市のような取り組みが行われても、残念ながら徘徊高齢者が事故を引き起こすことは避けられません。そして、事故が起きれば損害を被る人が出てくるのも必然事項です。

地域による見守りや徘徊高齢者に対しての理解が少しずつ広がった中、今後、考えていかねばならないのは、①「徘徊高齢者が事故を引き起すのは想定されうること」という認識共有 ②事故が起こった際の損害補償、ではないでしょうか。想定される事故への補償で、真っ先に思い浮かぶのは保険です。病気、失業、障害、配偶者の死、老後など、私たちは「想定されうる事故」に対して医療保険や雇用保険、年金保険などの「保険」で万が一に備えています。それと同様に、徘徊高齢者による事故も「想定されうる事故」として取り上げ、「保険」で対応するのも一つの方法でしょう。

何かしらの形で損害補償をする制度の確立が必要

既存の介護保険は、寝たきりや心身機能・認知力の低下といった「想定されうる事故」に対して、入所サービスや在宅サービスなど、幅広い領域のカバーをしています。しかし、「想定されうる事故」は時代と共に変化し、寝たきりや心身機能の低下といった事故だけに留まらない状況へと移り変わろうとしています。

徘徊高齢者が起因となる事故は「想定される事故」です。介護保険の給付要件に盛り込むのがベストとは一概に言えませんが、何かしらの形で損害補償をする制度の確立が徘徊高齢者における対応として必要だと考えます。

このコラムを書いた専門家に質問できます

中原 崇さん
社会福祉士

無料で相談してみる

「くらし」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ