JIJICO

北見 由紀さん

心理カウンセラー

産後クライシスを乗り越える夫婦論

2014年5月29日

子育てへの不安など、産後の女性には心身に負荷がかかる

産後クライシスを乗り越える夫婦論出産後、子育てや家事への夫の関与について妻が不満を抱き、夫婦の仲が冷えこむことを「産後クライシス」と呼びます。産後の女性には「子育てへの不安からくる産後ブルー」や「ホルモンバランスの変化による性欲減退・攻撃性の増加」など、心身ともに負荷がかかります。そんな時、夫のサポートやねぎらいが妻の助けになることは言うまでもありませんが、「ただ、そのときだけ手伝えば良い」ということではありません。

家族構成が変化することで、夫婦の関係は変わってきます。それまでに保たれていたバランスが崩れるので、新しい状況に適応していくためには努力して、夫婦ともに自分を成長させていくことが必要です。

女性は自己存在重視、男性は社会的役割重視、価値観の違いを理解

女性にとって出産は、「母子一体を感じる幸せなもの」である反面、「自分の思い通りの生活ができなくなる」という不自由さを伴います。自由を失い、社会から取り残された気分になることもあります。自分の思い通りにいかないことだらけでイライラします。夫が育児や家事を手伝ってくれたところで「もう、気が利かないなぁ」とダメ出ししてしまいます。

夫の側も、出産直後は妻の大変さや機嫌の悪さに寄り添うことができますが、いつまでもそんな状態が続くと逃げたい気持ちになったり、「こっちは仕事で大変なんだ」と不満に思ったりするでしょう。しかし、そんなときこそコミュニケーションを取り、言いたいことを言い合える、じっくりと話し合える夫婦になっておくことが大切です。

話し合いのときは、どうしても互いの足りない部分を指摘したくなり、不満をぶつけあうなど「水掛け論」になってしまいがちですが、「子育ては共同作業、どのように協力すればうまくいくのか」という原点を忘れないようにしましょう。「私を一人の女性として扱ってほしい」という自己存在重視の女性と、「家族のために外で一生懸命働いているのに何が不満なんだ」という社会的役割重視の男性。その価値観の違いも理解しておいた方が良いでしょう。

「産後」は、将来の夫婦の危機に備える訓練の場

長い夫婦生活には、出産以外にもさまざまなライフイベントが待っています。中年以降の夫婦間では、「産後クライシス」など、ひとつひとつの問題が未解決のままで、のちに正体不明の大きなしこりとなって表れている場合があります。夫婦のどちらかが「無理な我慢」をして問題を飲み込んだつもりになっていても、いずれは向き合わないといけないときがやってきます。「産後」は、これからやってくる危機に備える訓練の場です。

少々しんどい思いをしても、意見をたたかわせ、個である相手を認め、折り合いをつけていくプロセスにおいて、夫婦の結びつきを深めておくのが良いでしょう。夫婦の冷え込みを防ぐのは「違いを恐れないコミュニケーション」です。

専門家に相談してみよう!

北見 由紀さん
心理カウンセラー

執筆記事一覧

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2018年1月21日 白木 麗弥さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
選択的夫婦別姓の行方はどうなる?「姓」とは結局何かという話
現在の制度では、結婚するとき、離婚するときにどちらの姓を名乗るべきか悩む場面がゼロではありません。海外では選択的夫婦別姓が主流になりつつあるなか、日本ではどうなってゆくのでしょうか。
2018年1月20日 加藤 豊さん
不動産コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
長期間住んでいる部屋、家賃の値引き交渉をしたいがどうすればよい?
同じ賃貸住宅に長く住む人にとって、今は家賃の減額交渉がしやすい環境にあります。交渉ノウハウや考え方を知って、快適な暮らしを手に入れましょう。
2018年1月19日 泉田 裕史さん
税理士
解決!アスクミー JIJICO
ふるさと納税、今後も争奪戦は続くのか?2018年の動向を考察!
すっかり定着した感がある「ふるさと納税」ですが、2017年4月に総務省から高額返礼品の自粛が要請されました。2018年はどうなるのでしょうか?
2018年1月18日 家田 佳代子さん
コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
「介護離職ゼロ」の社会は実現するか?介護離職を防ぐには
「1億総活躍社会」で課せられた目標にある「介護離職ゼロ」は極めて難易度が高い目標だと思われるが、多様な働き方を実現できれば達成できるのか?

テーマ