JIJICO

北見 由紀さん

心理カウンセラー

産後クライシスを乗り越える夫婦論

2014年5月29日

子育てへの不安など、産後の女性には心身に負荷がかかる

産後クライシスを乗り越える夫婦論出産後、子育てや家事への夫の関与について妻が不満を抱き、夫婦の仲が冷えこむことを「産後クライシス」と呼びます。産後の女性には「子育てへの不安からくる産後ブルー」や「ホルモンバランスの変化による性欲減退・攻撃性の増加」など、心身ともに負荷がかかります。そんな時、夫のサポートやねぎらいが妻の助けになることは言うまでもありませんが、「ただ、そのときだけ手伝えば良い」ということではありません。

家族構成が変化することで、夫婦の関係は変わってきます。それまでに保たれていたバランスが崩れるので、新しい状況に適応していくためには努力して、夫婦ともに自分を成長させていくことが必要です。

女性は自己存在重視、男性は社会的役割重視、価値観の違いを理解

女性にとって出産は、「母子一体を感じる幸せなもの」である反面、「自分の思い通りの生活ができなくなる」という不自由さを伴います。自由を失い、社会から取り残された気分になることもあります。自分の思い通りにいかないことだらけでイライラします。夫が育児や家事を手伝ってくれたところで「もう、気が利かないなぁ」とダメ出ししてしまいます。

夫の側も、出産直後は妻の大変さや機嫌の悪さに寄り添うことができますが、いつまでもそんな状態が続くと逃げたい気持ちになったり、「こっちは仕事で大変なんだ」と不満に思ったりするでしょう。しかし、そんなときこそコミュニケーションを取り、言いたいことを言い合える、じっくりと話し合える夫婦になっておくことが大切です。

話し合いのときは、どうしても互いの足りない部分を指摘したくなり、不満をぶつけあうなど「水掛け論」になってしまいがちですが、「子育ては共同作業、どのように協力すればうまくいくのか」という原点を忘れないようにしましょう。「私を一人の女性として扱ってほしい」という自己存在重視の女性と、「家族のために外で一生懸命働いているのに何が不満なんだ」という社会的役割重視の男性。その価値観の違いも理解しておいた方が良いでしょう。

「産後」は、将来の夫婦の危機に備える訓練の場

長い夫婦生活には、出産以外にもさまざまなライフイベントが待っています。中年以降の夫婦間では、「産後クライシス」など、ひとつひとつの問題が未解決のままで、のちに正体不明の大きなしこりとなって表れている場合があります。夫婦のどちらかが「無理な我慢」をして問題を飲み込んだつもりになっていても、いずれは向き合わないといけないときがやってきます。「産後」は、これからやってくる危機に備える訓練の場です。

少々しんどい思いをしても、意見をたたかわせ、個である相手を認め、折り合いをつけていくプロセスにおいて、夫婦の結びつきを深めておくのが良いでしょう。夫婦の冷え込みを防ぐのは「違いを恐れないコミュニケーション」です。

このコラムを書いた専門家に質問できます

北見 由紀さん
心理カウンセラー

「くらし」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ