JIJICO

自念 真千子さん

産業カウンセラー

「女性の時代」到来を見据えた心構え

2014年5月29日

男女平等の度合いを示す指数、日本は105位の現実

女性活躍の時代へ 将来を見据えた心構え今、女性の働き方が大きく変化しようとしています。安倍晋三首相が、成長戦略の中核にあげているのが「女性の活躍」です。しかし、これは日本が先進国の中で女性活用が遅れていることの裏返しともいえます。世界経済フォーラムがまとめた男女平等の度合いを示す「ジェンダー・ギャップ指数」で日本は105位。2008年の98位より後退しています。

このレポートによると、1位は5年連続のアイスランドで、最も男女が平等に近い国となります。2位フィンランド、3位ノルウェー、4位スウェーデンまでは前年と順位が同じで、欧州が上位を占めています。アジアの中で1位は前年同様フィリピンで、前年の世界8位から順位を上げて5位になりました。その他、中国69位(前年69位)、韓国111位(前年108位)、インド101位(前年105位)となっています。

日本の成長には「女性の活躍」が不可欠な時代に突入

このような状況の中で、政府の成長戦略は、25歳から44歳までの女性の就業率を2020年までに73%に高める計画をしています。日本の女性の就業率は、従来M字型カーブを描き、25歳過ぎから44歳くらいまでが大きく下がる傾向にあります。これは、寿退社を「良し」とし、女性は「出産・子育て・専業主婦」という役割を担うことで、日本社会が大きく成長してきた「高度成長期の産物」を今なお引きずっている様相です。

これからの日本が少子高齢化の中で成長していくには、「女性の活躍を抜きには、ほぼ考えられない」時代に突入したのだと思います。具体的な問題としては、結婚後などに働き始めた女性が直面する「103万円・130万円の壁」が挙げられます。この制度はおそらく縮小に向い、それと同時に働くことで所得を得やすいような制度へと移行する気配です。「配偶者控除の縮小」や「保険料を払う年収基準の引き下げ」などは、これを裏付けています。

世の中が変わる。「どうありたいか」を考え選択する勇気を

若い世代には、結婚しても子どもができても「働き続ける道を探すことが、これからの女性のキャリアデザインのベースになる」と話をしています。一度退職をした女性たちには「できるだけ早く、社会現場へ復帰すること」を提唱しています。世の中の変化のスピードは速いため、社会現場に身を置くことでその状況を体感し、慣れることが大切です。現場を離れて主婦歴が長くなると、再就職は不利になってしまいます。そして、多くの人の再就職時には、パートからのスタートです。そこで抱える問題が「103万円・130万円の壁」となるのです。

前述しましたが、世の中のルールが変わろうとしています。自分自身が、「扶養枠を外れて正社員で働くことが得か損か」と同時に、ルールが変わるであろう5年後・10年後に「自分がどうありたいか」もしっかりと考えて、選択をしていく勇気も必要ではないでしょうか。

専門家に相談してみよう!

自念 真千子さん
産業カウンセラー

この専門家について

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2017年8月21日 成澤 紀美さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
働き方改革でも副業・兼業を推進へ 企業が導入するためには何が必要か?
副業・兼業については「働き方改革」でも推進する方向にありますが、これらを導入するために何が必要なのか考えてみる必要があるようです。
2017年8月21日 中原 崇さん
社会福祉士
解決!アスクミー JIJICO
身内の暴力を隠す傾向にあるのは女性だけか?
身内からの暴力に耐えかねる場合は、その苦しみを声に出すべきですが、手段は警察への通報だけではありません。また、男性に対しての支援も欠かせない課題です。
2017年8月20日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
減らない高齢者を狙う特殊詐欺!被害防止の方法は?
被害の7割を高齢者が占める特殊詐欺。社会弱者を標的にする卑劣な犯罪は、年をを追うごとに増え続けています。私たちにできる防止策はあるのでしょうか?
2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。
2017年8月18日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
18歳成人法案国会提出へ 問題は無いのか?
成人を18歳に引き下げる民法改正案が出される見込み。未成年者として保護される年齢が引き下げられ、若者の負担や危険が大きくなりかねない懸念も。
2017年8月17日 早川 弘太さん
健康コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
健康食品やトクホで健康トラブル!?健康食品の適切な摂取について
「健康のために」摂取していた健康食品で実は自分のカラダが害されていたら…そんなことが現実におこっています。注意したい点をご紹介します。
2017年8月16日 山王 裕之さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
劣悪な労働環境のアニメ業界 どのようにすれば改善できるか?
アニメ業界の劣悪な労働環境が問題になっています。何が問題なのか、改善するにはどうすれば良いのか、労務管理のプロが解説します。
2017年8月16日 影山 正伸さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
政府主導の「休み方改革」は定着するか?
政府が休み方改革に乗り出すと発表しました。キッズウィークなどを創設して有給休暇の取得促進を図っていきたい考えですが、果たして定着するのでしょうか?

テーマ