JIJICO

城戸 景子さん

イメージコンサルタント・マナー講師

「際立つ清潔感」が理想 男の夏の着こなし術

2014年6月5日

「色」「素材」「香り」は、夏の着こなしの強い味方

「際立つ清潔感」が理想 男の夏の着こなし術本格的な夏がやってきます。これからの季節、着こなしの課題は「いかに清潔感を保つか」です。とりわけビジネスマンにとって、清潔感は信頼されるイメージ作りの基本。夏だからこそ「際立つ清潔感」が理想です。そのために、次の3つの力を借りることをオススメします。

■色の力
人が認識する情報の多くは視覚によるものですが、その中でも色の影響は絶大です。誰かを指すときに、「赤い服の人」という言い方をするのは、そのためです。清潔感をイメージさせる「爽やかさ」や「涼しさ」を表現する色は、「青」と「白」。青は沈静色で、温度を低く感じさせます。淡色の水色から濃色の濃紺まで、青の明るさを変えたバリエーションで、スーツとネクタイを合わせましょう。

コーディネートには、白の分量を多くすることを意識してください。例えば、パリッとした真っ白なシャツや、えりとカフ部分のみ白いクレリックシャツ、ネイビーに少し太めのペンシルストライプが入ったスーツ、青地に白のドットのネクタイなどは夏向きのアイテムです。

■素材の力
高温多湿の日本の夏には、素材を変えるのも知恵のひとつです。自分が涼しく過ごせるだけでなく、人の目にも涼しげに映る効果があります。スーツやシャツに、積極的に夏の素材を取り入れましょう。「サマーウール」が一般的ですが、クールビズの範囲内であれば「麻」「綿」「シアサッカー」のスーツやジャケットがオススメ。素材の特徴であるハリ感やシャリ感は、ワンランク上の夏の着こなしを演出します。

■香りの力
五感のひとつ、嗅覚からの情報は、与えたいイメージを「念押し」するのに有効です。清潔感のある着こなしの仕上げに、香りの力を利用しましょう。夏は汗をかくことが多いため、自分では気づかないまま不快な匂いを発していることがあります。すれ違ったときや隣に座ったときに良い香りがすると、好感度がアップします。「爽やかさ」をキーワードに香りを選ぶと良いでしょう。色でいうと「青」や「緑」をイメージする、柑橘系、ウッディ系、アクア系が良いと思います。

「清潔」だから「清潔感がある」わけではない

例えば、毎日お風呂に入り、洗濯したてのものを着ていても「髪が伸び放題」「服がヨレヨレ」「糸が出ている」なら、それは「清潔」であっても「清潔感がある」とは言えません。

清潔感というイメージに必須なのは、身だしなみに手を抜かないこと。「まめにヘアカットする」「折り目をキープする」「アイロンをかける」「靴をピカピカに磨く」など、普段以上の気づかいが夏のビジネスマンの着こなしを支えることを忘れずに、これからの季節を過ごしましょう。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

城戸 景子さん
イメージコンサルタント・マナー講師

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2018年6月21日 折山 旭さん
ライフキャリアカウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
残業代は悪しき制度?残業と労働時間の本質をあらためて考える
政府による働き方改革で「高度プロフェッショナル制度」が議論されています。また昨今のブラック企業問題もふまえ、残業という労働のあり方も見直す必要があるでしょう。
2018年6月13日 岡部 眞明さん
経営コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
企業・組織の「危機管理」とは?日大の事件から学ぶ危機管理
日大の危険なタックル問題、日大の対応が数多くの批判を招き事態は長期化の様相を見せている。この騒動から企業や組織の危機管理とはなんなのか、その本質を考えてみたいと思います。
2018年6月11日 城戸 景子さん
イメージコンサルタント・マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
妊娠の時期はビジネスマナー?入社してすぐの妊娠と職場の対応
女性が働き続ける時に直面する、妊娠、出産というライフイベント。まず考えるのは妊娠の時期です。妊娠の時期は選べない?不意の妊娠、どうすればいい?会社はどう対応する?ビジネスマナーの視点から解説します。
2018年6月8日 大竹 光明さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
会社で結婚や出産を促進するのはセクハラやパワハラ?各種手当も不公平なのか
従業員の結婚・出産を支援する会社が増えています。こういった取り組みが少子化に歯止めをかけられるか注目ですが、配慮を欠くとセクハラやパワハラになるので注意が必要です。

テーマ